Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » ガンダムAGE »ガンダムAGE感想 1:救世主ガンダム

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ガンダムAGE感想 1:救世主ガンダム  

一応見ました
最初の2分でやめようと思いました
結局ぜんぶ見ちゃったんですが


とりあえず


ワクワクしない



この一言に尽きる。



もうちょい細かく言うと
「今のモノにしちゃ」コンパクトにまとまってるのかもだが
・ワクワクしない
・もどかしい
・おそい


が、どうにも目に付いた。
設定ぜんぜん生かされてねーじゃんって感が否めない否めないもどかしい。


OOでも種でも
無駄に呼吸とか驚きのシーンが多くて気持ち悪くて、
いちいちお前ら過呼吸かよアホかよとか思うんですが

AGEももっとテンポ早くやれっつーのはあるよね。密度が薄い。

で、この話の場合だと、舞台の見せ方はうまかったと思う
んだけど、ガンダム乗るところと敵倒すところが盛り上がらないんだよな
作ったヒトが人生経験こなれてねーよな、ってかんじ


ガンダム乗ってからガショーンガショーンがうざかったしおそいんだよな

あれって、
乗るときにじじーが止めようとする
止めようとするじじーをエミリーが止める



ちょっと間をおいて
カメラをフリットとエミリーとじじーと交互の目線に回した上で

エミリーたちが
「生きて帰って来い」「勝って来い」の言葉かける
フリットうなずく

でいいと思うんだよね
ソレできる程度のコミュニケーションの蓄積が前提になってる背景設定だし
じじーとエミリーの二人にはその資格があるわけで

で艦長とかパイロットも「フリットが?無茶な・・・・」になりかけるんだけど、思い直す

というのが「その場にあるものの情報を全部取り込んで吟味する」っていうAGEシステムの特性知ってれば「フリットが乗る」は最適解になりうるから。


あとさー
戦うシーンと敵見たシーンがなんか淡々としてるんだよな
ガチで殺されかけて親族も殺されかけてるのに生々しさがないんだよ
で長年の夢でもあったわけじゃん?あんな淡々と済むか?
たとえば甲子園に出場した高校生あんなに他人事で動くかねって話



なんかなーそのへんがどうも燃えませんでした 移入できないっつーか
宇宙人の怖さもワケわからないし

主人公の権限的に、ガッコのヒラ教師ごときを相手にしないでコロニー市長とかに掛け合うとかも余裕でできるわけだし


アムロ気持ち悪いし大キライなわけで
フリットの方がよほど好感持てるキャラだとは思うんですが
そのへんがねー

ファーストは正直燃えたんだよな

AGEってば、叩きつける熱さを感じませんでした



なのでやっぱり



「ワクワクしない」



ってことになっちまいます
ワクワクしうる要素がいくらでもあるのに勿体無い、って一文はつけときますわ




ZZは続きが気になってこの連中の冒険もっと見たいって思ってガンガンに見まくったし
「バイブレーション」のセリフは音だけ聞いてても揺さぶられるものはあったわけで
決して俺が年を取ったから、とか、ガンダム卒業したから、ってことでもないと思うのね
ターンAもよくできてたしさ


関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 2

コメント

この頃はやはりこんな感じだったんですね(笑)まぁ、あの1話じゃそうなるのは当たり前かwけど、結果的にAGE見続けて良かったですね。

あ #- | URL
2012/10/09 19:37 | edit

>>あ様
ですねぇ。。。
こればっかりは「最後まで見ないとわからない」モノだったかな、と思います。
コメントのおかげで一本記事を書くことになりました。今だとこう見えてます。
http://chiqfudoki.blog.fc2.com/blog-entry-213.html

コメントありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。

さわK #- | URL
2012/10/10 11:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/7-f3b815dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。