Blinking Shadow ホーム » まどかマギカ »マギアレコード感想2 神浜の恐るべき挑戦

マギアレコード感想2 神浜の恐るべき挑戦  

スマートフォン用アプリゲーム 『魔法少女まどか☆マギカ 外伝 マギアレコード』の感想です。

前回は「誰もがほぼ確実に見られる」メインストーリーをなぞりました。

マギレコとはなんなのか?
この世界はどのくらい続くのか?
(どこまでマギレコに縛られることを予想しておけばいいのか)

という切迫した危機感でやってみて、結論としてまどマギというブランドを、アニメを超えてもっと普遍的なものにするためのプロジェクトなんだなとなりました。
宗教とかキャラクターブランドみたいなもんかな?スヌーピーとかディズニーみたいな。


その後、今度は魔法少女の個別のストーリーをクリアして回りました。



マギレコはどういう世界なのか、何を目指しているのかを引き続き知るためです。

ああうん、
首都に核ミサイルが突きつけられるわ
異常気象に見舞われまくるわ
国民の賃金が20年前の半分だわ
高齢化が進行してるわ
日本国内でも日本語通じねーわ
インフラぶっ壊れかけてるわ
周辺の3大国がぎりぎりのチキンレースやってるわ
のときにソシャゲにかまってていい時間なんて本来は微塵もないはずなんですけどね。

まどマギなので、そうもいかない。これは仕方がない。

キュゥべえのぬいぐるみとマミさんフィギュアを掲げて意味不明な奇跡に見舞われまくった以上、『まどマギ』は避けて通れないです。

他人の妄想に振り回されるのを「考察」だなんて言いたくもないし、とても気持ち悪いけどw
(どんだけごちゃごちゃ”考察”しようが、作り手の気分一つですべてチャラにされます。
 構図的には実は宗教や独裁者の権力の取り方や詐欺師の手練手管に近い)



ということで。
神浜の風に馴染むくらいまで、とにかくひたすら個別ストーリー開けて回った感想とか発見です。
皆さんドッペルばかり見ていて全然データ落ちてないんだもん。。。話のパートだけ見られればそれでいいのに。。。
いちいち戦闘がめっちゃくちゃめんどくさかったです。

※ネタバレがあります。
 致命的かつ非可逆的大ダメージを受ける可能性があるネタバレです。
 とてつもなく衝撃が強く、場合によってはまどマギを二度と見たくなくなる可能性すらあります。ご注意。 


最初に結論いきます。

好みが分かれる

実はこの一言に尽きる気がします。

もっと言うと、マミさんのテーマがマミさんがいないときにまったく別の人物に対してかかることに耐えられるかどうか。
(人によっては非常にショッキングな内容なので白抜きにしました。反転で表示されます)

もうちょっと細かく言うと
まどマギを名乗るだけあって実によく作りこまれてるな。
コケる可能性が、あるから既存ブランドに傷がつかないように退路は確保されてるな
まどマギを普遍化しようとして一定の成功はしてるんだけど、アニメ版の持っていた全世界的な普遍性は失われてニッチになったな


つまり

新規魔法少女どうよ?
何この「俺らのいる世界と変わらない」教室?


まどマギ世界ってスタイリッシュなんじゃなかったっけ?

でもあります。どっちも気に入られなかったら世界ごと黒歴史にして葬ればいい。
なので、メインのストーリーや人間関係が神浜の”中”で紡がれる一方、既存媒体で人気の魔法少女は”外縁”の世界から点でしか関わってこない。

ただし、まどマギの名を冠する以上、その”中”の神浜での理屈であったり人間関係であったりが、”外”の理屈に矛盾することがないように、相当細かく考えられている形跡があります。
かつ、神浜で新規キャラを今後も投入できるように拡張の余地もあります。

キャラクターの相関表、大まかな所在、時系列表までは作り手は用意してシナリオをコントロールしていると思う。
なお、”外”とは、我々が今まで『まどマギ』として知ってきた世界観、論理などです。

つまり、いろはややちよは魔女システムの中で生きていて、円環や悪魔とは相互に矛盾しない存在のはずです。
シナリオを追うごとに時系列や人間関係の管理の徹底振り、魔法少女個々の行動の整合性や動機付けの強さを強く感じたので
、シナリオに対しては安心感は感じました。


一方、問題がいくつかあります。

1:BGM
2:新キャラ
3:世界観




一言で言うと。。。

(ここから深刻なネタバレがあります。
 ちょっとでも気になって怖い方は、ギャルの女の子とかちび科学者の子のシナリオの音を消してプレイすることを強く強く強く推奨します)















 ちょっとでも気になって怖い方は、ギャルの女の子とかちび科学者の子のシナリオの音を消してプレイすることを強く強く強く推奨します。











































































Magireko_miyako20170827.png

この人が巴マミのポジションであることを許容できるかどうか。
この都ひなのというキャラクターの特徴が、巴マミとほぼ対極。
背が低く子供に見える、独特のちょっと乱暴な口調、だみ声、貧乳。
背のために先輩と見られずかわいい後輩と見られ、性格も一見、気難しくて偏屈。
なのでモテない。「リア充爆発しろ」と日ごろ言ってる。

この人、映像だとイメージがかなり違っていて、けものフレンズのアライさん系のキャラです。
良さも共通、ではあるんだけど、この人が絡む周りの人たちもギャル系で、独特のノリがあります。




この人が出てくるときにマミさんのBGMがかかるんだよ!!!!!!!!!!!!!!



現状、私が観測した範囲でのマギレコの最大の挑戦はここです。

このほか、(これも刺激が強い のでご注意)


引っ込み思案の子を応援するだけのシーンにマミさんのテーマのティロデュエットアレンジがかかるとか
デザインセンスがない女の子がちょっと「気づき」を得ただけでコネクトのゲーセンアレンジがかかるとか
金持ちに取り入ろうという下心を持ってお嬢様学校の入学試験を受けるときのBGMが叛逆の”We are here for you”だとか


人によっては怒りに我を忘れて発狂すると思います。
(こんなやすっちいポイントで荘厳なBGM使いやがって!とか。)





これらは「拡張」の文脈で考えると納得ができます。

巴マミのテーマ、は、頼れる無二の先輩のテーマ、へ。
ティロデュエットのテーマ、は、強い信頼で結ばれた仲間たちの連携のテーマ、へ。
ゲーセンアレンジは、魔法少女が未来を夢見ているときのテーマ、へ。
We are here for youは、かけがえのない人を命をかけて助けにいくときのテーマ、へ。

意味が拡張されていて、曲がかかっているときの当事者の気持ちにスポットを当てる と、符合が見られます。

「特定のキャラクターに特定の曲、ではなく、同様の状況同じ気持ちのときに同じ曲がかかる」
この理屈で納得ができるかどうか。



私は結構納得ができました。
状況を条件や記号で見る、というのは結構あって、

たとえば、杏子とさやかの神浜版アレンジみたいな赤青コンビが出てきたり、
仲良くなる者たちの名前に記号的なつながりがあったり
対置される存在にもやっぱり記号的な反転があったり


うまいことパズルみたいにちりばめてるなー、という印象です。

決定的に大きいのが、少女たちの動機が納得できることと、少女たちが前向きなこと。
結構「あるある。でもどうしようもない」ことに悩み、最善手を打とうとして、自分の「たった一つの大事なもの」のために決断をします。
彼女たちは文字通りに一所懸命で、現実に対して意志を強く持って前に進もうとする。一人ひとりの動機付けはそれぞれに素敵です。



シナリオを書いた人たちはまどマギが相当好きで、非常に強い思い入れをもって話を練ったように感じました。
でもいちいちキャラに最後に一言しゃべらせるなよ、とは思う。

一方、彼らの暮らす世界だったり、彼らの発想だったり、口調だったりが作り手の影響を受けているように思います。
それらは、虚淵玄さんの書いた魔法少女とは違うものです。


外観と雰囲気が違うけど、底流の思想が共通するもの を、同じ『まどマギ』として受け入れられるかどうか?
そういうことなのかなーと思います。

この外観と雰囲気が2017年の日本向けにかなり特化してしまったように思うので、世代が違ったり文化が違ったりする人に対してどこまで通じるんだろうな、とか、寒いネタあるよな、とかは思います。
また、やはり2011年以前の作品のまどマギとはテイストが違っていて、日本は貧乏になったんだなというのは感じました。




学校の教室の貧乏くささは。。。。

OP見直してみるといいよ?

だと思います。明確な意味がある。
なんでほむらがあそこで呼ばれたのか、も含めて。



このように、新規要素は理屈で考える分には面白いと思います。
メインストーリーはよくできてるし、今後もクオリティを保っていくと思う。
一方、これだけ無茶な挑戦をしつつも、実は既存キャラは新規に手を入れた部分にほとんど関わってなかったりします。
既存キャラのストーリーはアナザーストーリーとしてキャラごとに章が立っていて、現在は巴マミのみストーリーが開放されています。
今後既存キャラを一人ないしは二人ずつ解放していくことで、ユーザーの流れをコントロールしていくのではないでしょうか。

一方、対戦システムのミラーズはランキングの実装が予定されています。
メインストーリーを追うだけでもやたらプレイ時間がかかるのでやりこみたいユーザーはミラーズで吸収、ライトユーザーの本編とアナザーの進み具合、新規魔法少女への人気の度合いが、今後のリリース速度を決めていくように思います。



独断と偏見と直感で言うと


ななかとおりこがどこでメインストーリーに絡んでくるか


かな?彼らが中ボス相当のはずなので。





最後に、プレイ時間について。
このゲームはオートバトルが優秀なので一度クリアしたステージは次から放置でOKです。
ただし端末が丸々封じられるので、マギレコ専用のスマホかiPadがあるとよさげです。
初見のステージは手動操作で突破しないといけなくて、これが大体1つ5分かかりました。
現状はキャラ1人でステージが3章あり、その下にステージがさらに3つあるので、合計9つ。
ひとつ5分+ストーリーを見る時間で、キャラ一人につき1時間は見ておいた方がいいかなあ。。。
おっそろしく時間を食われて戦慄しました。


私のペースだと、ゲームに専念してやっても、手持ちを全部クリアするのに2日。
私が持っている魔法少女はまだ18人なので、


全員網羅した場合は今のリリース分だけで更に1日、
予定されている魔法少女が全部登場しきった場合更に1日、合計4日ほどかかると思われます。
マギレコにはりついてひたすら手動操作をやっての、4日です。

仕事をがっつりしているとスマホどころではないはずなので、ストーリー見るだけで2ヶ月弱かかるかなあ。。。
杏子とさやかにいつ会えるか、は、その計算でいけるように思います。

ドッペル?アレやりこみ用でしょw
キャラのストーリーを全部見るとかはガチャの運も絡んでくるので


うん、


映画200回くらい見れるんじゃね?


と思います。


ひとつの街を歩き倒して人と会いまくったようなものなので、走り続けたこの4日に悔いはないけど。


このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

category: まどかマギカ

thread: 魔法少女まどか☆マギカ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/556-b967df3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop