Blinking Shadow ホーム » 鉄血のオルフェンズ »鉄血のオルフェンズ感想 50話 バエルと彼らの、敗因。

鉄血のオルフェンズ感想 50話 バエルと彼らの、敗因。  

終わっちゃいましたね。
近場だったので最終回記念イベントのThe Last Flag、展示だけ見てきました。
本編の内容への検討とか考察とか、どうなんでしょ。
(コメント返せてなくて申し訳ないです。)

本編は余韻も楽しむものなのかなと見ていて思ったので、今の感想を書いておきます。
鉄は、熱いうちに。血も鉄も冷めると固まっちゃいます。



表題の答えを先に言っておきます。
「伝説のガンダムを手にしていたから」。
感想書いてるうちに気づいてしまったので急遽ねじ込んだ表題。
ガンダム持ってたから負けた?なにそれ?
の答えは、ひとまずおきます。まず感想。


なんていうか。。。。
終わり良ければすべて良し、なんでしょうかね。

まー熱い最終回でした。
話を流しながらBGMとしてかかるOPEDには燃えに燃えに燃えて、見終わった時に思わず万札引っ掴んでサンプラザのThe Last Flagイベントに行きたくなりました。(すぐ近くの場所で書いてます)
※券を物理的に買えなかったので断念しています。外の展示は見てきたけど。

C8aMazwUwAATLdE.jpg


オルガもミカもガンダムも全部散ったわけですが、彼らの死まで、まあうまいこと活用されたなって感じでした、

オルガは一番輝いた状態で綺麗なまま死んで、この先のみんなに役割を残しました。
ミカとバルバトスは火星の暴王として、まさにラスボス的に討たれました。
他のガンダムも程よく活躍して程よく一矢を報いて、程よく特性を殺されて散っています。

死んじゃうから悲しい、のだけれど。
一番輝いてるタイミングでかっこよく死んでるから、生き恥の晒しようがない。


マッキー?
ほら言ったじゃん。バエルは強かったんだよ!!!!

活躍しなかったって?
これ、今回見てていいなって思ったんですが、活躍させてもらえなかっただけです。
脚本に、ではなくて、ラスタルに。
前回で「こうすればラスタル危ないだろ」って色々書いたんですが、今回を見ているとラスタルはちゃんと対策をしています。
49話でバエルが散った時も、ラスタルは動じず「対決の邪魔をさせるな」とまで言い放ちます。
実際、旗艦に突っ込まれてもビビる描写が出てこない(ビビってたのかもしれませんが描写がない)。

…って書いててふと思ったんですが、シノのフラウロス、劇中で唯一ラスタルをビビらせていたように思います。
最終話の展開を見ていると、ダーインスレイヴ奪いに行ったりバエルとバルバトスの2機がかりで突っ込んでも、ラスタルにはそれなりに対処をされて返されてた気がするんですよね。
ラスタルが唯一「やべえ想定外だよ」という顔をしたのは、シノが突っ込んだ時のみ、だったと、思う。

これはうまいなーと思いました。
劇中で子供達が生きようとして懸命にあがいて、持ち前の戦闘力と途中で手に入れた超兵器で頑張る。
んだけど、ノリと勢いでは絶対に勝てない最強の相手だったのがラスタル。
鉄華団もマッキーも負けるべくして負けるし、ラスタルの強さには、仮にモビルアーマーが出てきたとしても同じ結果だったろうと思わせるだけの説得力がある。

ラスタルが憎たらしいのは、鉄華団やらマッキーやらの孤児たちの死をちゃんと意味のあるものにしたこと。
うん、まあ、結果オーライなんだけど。ちゃんと大人が大人の準備をして勝って俺なんかは安心はしたんですが。
「生贄だよ」とか言葉に出して言ってしまってたので、彼には随分ヘイトがたまっていきそう。

一方、今回を見てると、あの生贄発言を録音してオルガが反撃に使ってたら…などとは考えてしまいます。
そしたら、ラスタルそこで笑うと思うんですよ。「フッ」って。
あのおっさん、気概があって頑張る子どもの足掻きとか頑張りをちゃんと見ている。

なので、オルガのその賢さを正当に評価していたように思います。
オルガが計画通りに脱出していたら、案外全員見逃してもらえていた可能性すらあります。
アカツキの手にミサンガが戻っているので、ジュリエッタは恐らくミカにとどめを刺していません。
ミカに止めを刺さない代わりの措置が、あの晒し首だったようにも思います。
※アトラが腕にミサンガをしているのが確認できたので、アカツキのものは「新たに作られた」もののようです。
 クーデリアのものは劇中で確認できず。

だから、マッキーがバエルと阿頼耶識なんて安易な方向に行っちゃって彼は実はとても残念だったのではないでしょうかね。

そういう大人の下で役割を与えられ、2期冒頭、蝶を食うような野人として登場したジュリエッタがクーデリアのような「革命の女騎士」として育っていく…


うん、教育とか環境って大事。
逆側から見た話だったからイラつくってだけで笑


世界自体も孤児たちが望んだように変わっていて、鉄華団を苦しめていた要素はだいたい消えています。
飯のタネも教育の機会も不公平な制度の撤廃も、なにかの時に発言する正当な政治手段の確保も、全部出来ている。
ギヤラルホルン改革されたし。
「圧倒的な英雄の力でギヤラルホルンが変わる」、もジュリエッタが成してましたね。

ジュリエッタ、といえば。
ここで、やっと表題です。

最終回まで見て、2期のテーマがわかったように思います。
ってか多分、1期から鉄華団の悲劇はある程度予定されていたのでしょうが。

終わってこうやって書いてきて振り返ると、どうも、2期のすべてはジュリエッタ伝説のための最初からの布石だったように思います。
マッキーはバエルとガンダムとアグニカの伝説のことをひたすら言っていて、実際それらは伝説の名に恥じない強さも持っていたのですが、

ジュリエッタ伝説から見ると、かすむ。

ジュリエッタが何をしたのかなー、というと
伝説の禁忌の力を使ったパイロットが操る、MAをも凌ぐ力で暴れまわる悪魔のような伝説のMSを、量産機のカスタム機に乗った個人が倒しています。
乗り手は、あの世界では珍しく、女のパイロットです。
女の人のパイロットはともすれば蔑まれる地位であることは、タービンズがゆる〜く示していましたね。
ジュリエッタは阿頼耶識を埋め込まれているわけでもなく、門閥に連なるものでもありません。

つまり、
素性も定かでない孤児の女の子が、阿頼耶識に頼らず努力して量産機で伝説のガンダムを倒した

わけです。

ジュリエッタ伝説に比べてしまうと、マクギリスは昔のアグニカの真似をしたにすぎない人になります。
もちろん、マッキーも十二分に頑張ったのだけど。
300年後の世界でアグニカ伝説を上書きしたのは、マッキーではなくジュリエッタです。

こうして見ると、あの話でのガンダムの位置付けや、MAが出てきた意味とかが、見えてきます。
ガンダムは伝説の機体なんだけど、伝説であるがゆえに、最後に打ち倒される対象になってしまったわけです。
つまり、孤児たちが変えたかったあの歪んだ世界のラスボスは、皮肉にも彼ら自身が手にした力そのもの。

バルバトスが「レクス」の名を与えられてティラノサウルスを彷彿とさせる姿になったり(※)、最後の戦いで尾を使うたびにMAのような鳴き声を発したり、最後にバルバトスの悪魔のような本性を解放して「人ではない」戦い方で討たれたりしたこと、この辺りは象徴的なのかなーと思います。


※なお、バルバトスの最終形態についてはこの解釈の方が正しいように思います。


滅びゆく恐竜じゃないや狼でもあるのだけど(※)。
「尾をどう使ってたかな?」とか見返すと、ジュリエッタにはより重要な役割があったことに気づきます。


これ。バルバトスの最後の突撃から、首を取られるまで。
両手飛ばされて尾が最後に残ったのかな?と思ったけど、違う。

tekketsu50_1.jpg
tekketsu50_2.jpg
tekketsu50_3.jpg
tekketsu50_4.jpg
tekketsu50_5.jpg



お気づきでしょうか?


tekketsu50_6.jpg

首を取られてうわぁ。。。なんだけど、
ジュリエッタ、首を刎ねていないんです。
首描写にも、実は不自然なものが付いている。
やけに生々しくておどろおどろしいですよね。

tekketsu50_7.jpg
tekketsu50_8.jpg

これ、血の効果もあるんだけど


ここ。

tekketsu50_6b.jpg


コレ。

tekketsu50_7b.jpg


で、突撃のコレ。

tekketsu50_4b.jpg


ピンと来た方、大正解だと思います。

つまりコレ。

CdbDz9RUYAAjySz.jpg
出典:https://pbs.twimg.com/media/CdbDz9RUYAAjySz.jpg

そうです。尾が途中から阿頼耶識コネクターの形になる。
ジュリエッタは確かに、MA殺しの機体も、ガンダム伝説も、火星の暴王も、恐竜みたいな古い種も殺してるんだけど、

一言で言うと、

ジュリエッタ=阿頼耶識を終わらせるための人


だったと思うんです。

ということで、表題の答えというか結論。
2期は阿頼耶識を殺す(=ガンダム伝説を終わらせる)ための物語だったと思うのです。

ガンダム伝説は全て阿頼耶識を前提としているから、そりゃ無理です。ジュリエッタに勝てるはずがない。
阿頼耶識を使ってないやつが阿頼耶識を超えない限り、伝説のリメイクでしかない。



もう少し振り返ると、


があります。


つまり、鉄華団に立ちはだかったのは
・革命の乙女の性質 と
・孤児たち(鉄華団&マクギリス)自身によく似た性質
を持ち
・アグニカ伝説を超える伝説を超える物語を打ち立てる
ためのキャラだったわけです。主要キャラの全員を食ってるw

だからこそ、「戦場で命の糧を得た」、マッキーを含めた孤児たちの物語の幕を引くのに相応しかったことになります。


鉄華団にしても、阿頼耶識を最大限に利用していたけど、彼らが望んでいたのは阿頼耶識がなくて済むような世界です。
世界は彼らにとって望ましい方向に変わり、各地に散った彼らの残党は少なからぬ政治的影響力を持って育ちつつあります。
流された血は地面に染み込んで、礎として固まりました。文字通りに鉄のように。
まずはハッピーエンドなのではないでしょうか。

死んでしまった人たちも多いのだけど、彼らは一番熱かった姿を美しいまま記憶していてもらえる。
人がいつか死ぬ以上、それはそれで幸福なことだと思います。

では、彼らの死に意味がないのか?彼らは幸せではなかったのか?


その答えは、彼らの物語を見届けてきたあなたにはもう、「言うまでもない」ことだと思います。

tekketsu50_9.jpg





ということで、私のオルフェンズ感想もひとまず終わりとします。
また気づいたら何か書くかもですが。
いきなり出てきて書きたいことだけ書いていくヤツに、ここまでお付き合いありがとうございました。







   



このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 鉄血のオルフェンズ

thread: 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 8

コメント

ジュリエッタなー

声優演技へただし・・・
言動深みないし・・・

もっとなんとかならなかったのかね

#- | URL
2017/04/03 20:16 | edit

はじめましてギラガ改です。 少しコメントを書かせてもらいます。

>ジュリエッタ=阿頼耶識を終わらせるための人
私もそう感じました。ただそうするなら明確に三日月のライバルとして位置付けて欲しかったですね。
あとジュリエッタは、(アイン・カルタ・マクギリス)の要素をつぎ込み、さらにクーデリアが捨てた「革命の乙女」(最終回で火星の議長になっていたけど..)を足したキャラクターだと最終的に思いました。

ギラガ改 #- | URL
2017/04/03 20:38 | edit

キャラの掘り下げ含めそこに至る過程が描ききれていない気がして、もやっとしています……。ロボットアニメとしては悪くないのですが、ガンダムとしてみると微妙といいますか。ラスボス?枠だったラスタルやジュリエッタももう少し描けていれば、魅力的になったかもしれません。

雨令 #- | URL
2017/04/05 00:50 | edit

お久しぶりです。ダーインスレイヴではなくダインスレイヴですよ。

三日月や鉄華団が敵対者を容赦なく殺したり、第2期最終話で組織としては壊滅する(鉄の華が錆び朽ち果てる)
描写は制作陣が意図したかはわかりませんが、 結果としてSEED後半以降のキラ達に対する強烈な皮肉になったと受け止めています。
ガンダムゲーム攻略サイトなどでキラの行動への批判の一端を何度か見たので、そう思わずにいられませんでした。

ガエリオは第1期の時点で明確な死亡の瞬間が描かれず、
第2期で同じ方が演じるマクギリスとの因縁などをほのめかすヴィダールが登場したので、
その後の展開を見守るとやはり生きていましたね。

ペン打ゴン #nJgWjNM2 | URL
2017/04/05 17:34 | edit

無駄死にかどうかは視聴者の判断で、というけれどどうみても無駄死にでしょう。
宇宙戦艦ヤマトやスターダストメモリーの特攻の美学批判で何度も言われてますが
それを今度は任侠もので再現したに過ぎない。
圧倒的な兵力(国力)を持った者たちに対して非力な者たちが反抗するという話をやりたかったのはわかりますけど
結局それがベトナムの内戦のような最終的な勝利にならず敗北に至っては実るものが無いという事。
今のISISと同じで思想がいかに高潔でも集まった人間たちは粗野で粗暴な集団と来ては残るものなど無く
最終的にはテロや虐殺しか出来ていなかったのと同じくね。オルフェンズを通して真の犠牲者というならばこういう無駄死にの集団により殺された人間たちこそ犠牲者ですよ。彼らの妻や子たちの事を考えられずにバカなままつっぱしっただけですよ。

考察人 #- | URL
2017/04/10 01:48 | edit

Re: タイトルなし

> ジュリエッタなー
>
> 声優演技へただし・・・
> 言動深みないし・・・
>
> もっとなんとかならなかったのかね

ツイッターでもそういう反応多かったです。
今回の一連の製作者の情報を見ていて、複数の”神”がいる世界だと色々グダグダになるのかなーと思いました。
神話でもそういうのありましたよね。船頭が多いと船が変なところに行ってしまう。

K.Akemi (旧:さわK) #- | URL
2017/04/11 00:34 | edit

Re: タイトルなし

>> ギラガ改 様
コメントありがとうございます。

> ただそうするなら明確に三日月のライバルとして位置付けて欲しかったですね。
で、
>最終的に思いました。
まさにそこが問題だと思います。やりたいことはわかるんだけど、
最後まで見て、振り返って考えないとわからない、っていうのは、エンターテイメントとしてはどうなのでしょうね。。。
この記事をかなり早いタイミングで投下した結果、皆様のモヤモヤの解消に役立っていれば良いのですが。

人に伝えることというのは難しいのだなと、改めて思います。
作り手も相当頑張ってたとは思うんですけどね。。。私もきばります。


K.Akemi (旧:さわK) #- | URL
2017/04/11 00:39 | edit

>>考察人さん
>オルフェンズを通して真の犠牲者というならばこういう無駄死にの集団により殺された人間たちこそ犠牲者ですよ。
その点では第1期のアインは最大の犠牲者のひとりでしょうね。
そのアインにとどめを刺した三日月が第2期で阿頼耶識システムなしだと、
寝たきり同然となり最終回で死ぬという同じような道をたどったのは皮肉です。

ペン打ゴン #nJgWjNM2 | URL
2017/04/22 18:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/551-527f524a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop