Blinking Shadow ホーム » まどかマギカ »まどかマギカ叛逆の物語感想(バレ注意) 『ルミナス』の真相(2) 

まどかマギカ叛逆の物語感想(バレ注意) 『ルミナス』の真相(2)   

前回で前フリ散々ひっぱりました。
今回は『ルミナス』の徹底解析?解説?解釈?です。
叛逆の物語が出てきた今だからこそ意味を持つ、ルミナス。

僕自身のルーツでもあるんで、シンガポール行くヒコーキの中でワクワクしながら見てました。

ルミナス020


まーーー情報てんこ盛りですね。
画像と対応する歌詞ざっと流していきます。
CDのカバー画像はコレです。


61D-VJVJj5L.jpg
表がまどか、裏がほむら。

ということで、歌詞行きます。
歌詞→対応する画像→ポイント、の順番でいきます。



『ルミナス』

(イントロ)

ルミナス001
ルミナス002
ルミナス003

円環の理発現時とも、インキュベーター結界の中ともとれる模様が出てくる。
円の先にあるものは青。『叛逆』では青空の青は現実世界(まどかの摂理)の象徴として使われている。





伝え合った心の温度を そっと

ルミナス012
ルミナス013
ルミナス014
ルミナス015 

手がつながりかける1回目。まどかの方から包もうとしている。
この時の二人の位置関係。

ルミナス010

背中合わせになっており、実は互いが見えていない



大事そうに 抱え歩いていた

ルミナス017
ルミナス018
ルミナス016
ルミナス019


今度はほむらが手をつなぎに行くが、これも泡となって消える。
この時の二人の位置関係。

ルミナス015手

二人の眼は合っておらず、お互いの顔も見れていない(はず)。
前後編の段階だとまどほむイチャコラに見えるはずだが、明確なすれ違いが描かれている。





答えのない願いの中で

ルミナス020

一見まど神様に見えるが、赤いリボンをつけている。
※まど神様のリボンは白。
本編には出てきていない存在。彼女はまどかだが、どの状態のまどかなのか?
この姿でまどかを想像できるのは、ほむらだけなのでは?と私は思う。


また、ここまで背景の水の色がピンク
まど神様も水に象徴されるが、彼女の水の色は青。
ピンク・紫系の水はほむらと共に出てくる記号。




言葉は未来変えて

ルミナス021
ルミナス022
ルミナス023
ルミナス024

以上の光景がオーロラのようなものに収束する。オーロラの出口はほむらの瞳。
このため、ほむらの回想なり想像という解釈は可能。
なお、このときのほむらは時計の歯車の因果の糸に囚われており、髪がなびいている。

※ほむらのなびく髪はほむらの決意の象徴として使われている。
あの姿のまどかを回想しているのに、ほむらが依然囚われているのがポイント。




幼いころずっと夢に見ていた

ルミナス026
ルミナス027
ルミナス028
ルミナス029



私にはまだ遠いけど君がいれば


ルミナス030
ルミナス031
ルミナス032
ルミナス033
ルミナス034


少しは強くなれる気がして

ルミナス035
ルミナス036
ルミナス037


まどかの成長物語。ツインテだけどリボンをつけていない。
また、「母体」「兄弟」「家族」「友達」はいずれもほむらが本来持っていなかったものでもある。
前後編で描かれなかったまどかのバックグラウンド。
『叛逆』のほむらはまどかのこうしたバックグラウンドへの思い入れを理解できるまでに成長したようにも見えるが、さて?





明日の色を 重ね塗った
  
ルミナス041
ルミナス043
ルミナス044
ルミナス045
ルミナス046
ルミナス047

まどかの世界の「外」から加わってくる3人の紹介。
本編でキャラ背景が紹介される順番で登場する。
ほむらから見て信用できる戦友2人&自分の初心の紹介、ともとれる映像。

なお、ここでの歌詞は「色を重ね塗る」。
カラフルでうたわれる「透明だからどんな色にも染められる」と対照的な関係にある。




呼んだ希望辿って 止めた世界を超えた

ルミナス048_A
ルミナス048_B
ルミナス049

桜がツボミから花開く。
満開の桜の下での出会いは、ほむらが『叛逆』して理を変える(ほむらが希望を呼んで止めた世界を超える)まで実現していない。
また、このときのまどかは遠景。顔が見えない。




あきらめない思いいつしか心つなげた

ルミナス050
ルミナス051
ルミナス052
ルミナス053
ルミナス054
ルミナス055
ルミナス056
ルミナス058
ルミナス059
ルミナス060

魔法少女たちが順に紹介される。
この順番で少女たちが登場し、出会うのはほむらの改変後の世界のみ。
(本編のいかなる周回でもMagiaでも、この順番ではない)




泣いていたって笑って 明日迎えに行こう

ルミナス061
ルミナス062
ルミナス063
ルミナス063B
ルミナス064

超有名なシーン。
ほむらがクーほむであること、ここでも冒頭同様にまどか→ほむらの順でお互いに働きかけていること、今度はちゃんと仲良しになれているのがポイント。
『叛逆』でもほむらは泣いた後で笑って見せ、この景色に辿りつく(ただし失敗して魔女化)。

まどかが先にほむらに働きかけ、遅れてほむらがまどかに働きかけるのは、本編での二人の関係そのもの。




決めた誓い辛くて倒れても

ルミナス065
ルミナス066
ルミナス067
ルミナス068
ルミナス069
ルミナス070

気づいて鳥肌が立って絶叫したのがココ。
元々「まどかの冒険」として大好きなシーンだったが、なぜこの4場面なのか?でハッとなった。

元の場所は以下の通り。
この全ての場所でまどかと重要な思い出を共有したであろう人物は、劇中でただ一人。

ルミナスもと01
ルミナスもと02
ルミナスもと03
ルミナスもと04

これが「ルミナスってほむらの決起宣言曲じゃね?」と私が思った根拠。





君のココロを 

ルミナス071
ルミナス073


まもるため 

ルミナス074


ここで青空と青い水を伴った、つまり現実世界のまどかがこちらを向いた形で登場する。
リボンをといた段階では後ろ姿だが、最後に正面から顔が見える。
なお、このときのまどかの服と『カラフル』でのほむらの服はよく似ている。




君のそばにいよう 

ルミナス079
ルミナス080


青空が映り、最後は泡へ。同じ泡が『叛逆』で世界が偽りだと分かったときにも出てくる。





ということで、この『ルミナス』、今から振り返ると、もう『叛逆』の中身を踏まえたうえでの曲だったんじゃないか?と思えてならないのです。歌詞と映像の呼応具合がかなりヤバいです。
『叛逆』開始直前くらいですかね。
ないしは、プエラマギ・ホーリー・クインテットの茶番の頃のほむらの潜在意識。

このまどかがクセモノで、初見だとまど神様にみえるけど、『叛逆』を踏まえると、ほむらから見た、囚われの眠り姫としてのまどかにも見えます。


『叛逆』まで含めたまどかマギカの全部のストーリーの展開を踏まえたうえで振り返ると、ほむらの気持ちがかなり見えてくるように思います。

取り戻したい人は、リボンを託してきた時のまどか。
目指したい関係は、ちゃんと気持ちがつながり合う関係。
たとえあなたが神になっていたとしても、やっぱりもう一度会ってやり直したい。
今の私なら、あなたのことがわかるから。
今の私は、もうあなただけに頼らなくていいから。
もう一度、対等のふたりとして出会いをやり直したい。


といったところかな?
2013年のほむらから、2012年の僕らに送られていたメッセージの意訳です。


ダメ押しで残りの歌詞を紹介します。
『叛逆』の展開にかなり綺麗に符合します。



記憶のない時の流れに きっと
求めていた暖かさはあって
包まれた瞬間全ての想いは君へ巡る
空に向かって走り手にした
いくつもの尊い光胸にしまって
私の中の輝きに変え
迷いを全部払って飛ぼう

正解の見えない入り組んだ迷路を抜け
君が流した涙で心目覚めた
そして知った世界はこんなにもまだ綺麗で
新しい可能性を生むだろう
時のカケラの願いから
救い信じて割れた思い
私が始まりに立って
君の笑顔取り戻すよ
真実の奇跡になって

呼んだ希望辿って止めた世界を超えた
あきらめない思いいつしか心つなげた
泣いていたって笑って明日迎えに行こう
決めた誓い辛くて倒れても
君の心を守るため
君のそばにいよう







上映館の情報はこちら













にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: まどかマギカ

thread: 魔法少女まどか☆マギカ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/543-314cb08f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop