Blinking Shadow ホーム » 鉄血のオルフェンズ »機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ感想 23話 終末への、最後の分岐。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ感想 23話 終末への、最後の分岐。  

カルタが出て来てから思うことは多々あれど、

リアルがばたついているうちにアレヨアレヨと言う間に

ビスケット死にーの
カルタ隊ゼン滅ーの
カルタ式部死亡ーの

展開が急でそれぞれ思うことがあったんですが、ふと思うと
「ああうんリアルでこういうのいっぱいあるし…何でみんなこういうのでわざわざ騒ぐんだよ…」
としか思えなかったりもして微妙でした。


とりあえず、この物語のラストシーンがほぼ予想できたので、記事にしておきます。
当たってたら褒め称えて拍手喝采して大いに喧伝してくださると非常に嬉しいです。


ということで、機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ23話「最後の嘘」感想、いきます。



結論から先に行きます。
オルフェンズ(1期)のラスト、もうセリフ決まりきってると思うんですよ。
っていうと、読まれているあなたも「ははーん」となるように思います。

ズバリ。


orphans01_001.jpg


ねえ。次はどうすればいい?オルガ。


これしかないと思うんですよね。
状況、ポーズもかぶせてくるはず。
鉄華団がどうなってるかはわからない。オルガが話をできるほど機能している状態なのかもわからない。

年末のブルワーズと戦っていた頃にインクエッジ(@02Curry)さんが「オルフェンズは西遊記ベースで、オルフェンズの物語そのものがブルワーズ戦の途中で折り返している」と述べておられたことがあって、ご指摘されていたポイントを見てみると確かに対ブルワーズ戦は前半と後半で戦闘が合わせ鏡のようになっている、という事実がありました。

そこから派生して、ならば折り返し点から見てすぐのコロニー編で起きることはタービンズ義兄弟編の合わせ鏡、つまり「敵だったはずの者が味方になって家族が増える」ことの逆だから、「味方だったはずの者の裏切り」だったり「家族の喪失」だろう、との予想をされてました。
彼のこの予想が当たっていたことは言うまでもありませんが、さらに大気圏編(第1クールでの合流に対し第2クールでは離脱)、今回の決闘編と、ああなるほど対になっているねえと改めて思います。

この記事で興味を持たれた方は、3話の決闘と今回の決闘を比べてみると面白いと思います。
ざっと思い出したのは決闘の条件と「ありがとう」のセリフの対比。
決まり手とか推移にも「3話とかぶせてある」構造、ありそうだけど。

と、なると…
ラストは第1話との対比となるはずです。
大人に騙されて囮にされる作戦まで被る…かどうかはわからないけど、
暴走しつつある鉄華団の今の状況を考えると、オルガが指揮官として機能しなくなって冒頭のあのセリフになって、2期へのヒキになるんじゃないかなぁ…
新しい戦闘用マシンはあからさまに死亡フラグビンビンでしたし、マカナイはマカナイで無能な上にわざわざ鉄華団を弄んでいるフシがあるし、マトモなのは敵と無力なおねーさんだけだし、

なんか、もう。


状況を利用しようとする大人の寝技に純粋な子供たちが「小狡く立ち回ろうとして」失敗する、というまーよくある話なのですが、



とりあえずマクギリスの評価が結構微妙です。
いやグリムゲルデが「ああ、コレモロに”シャア系の機体"のテンプレ(赤い、主人公機と兄弟系列の高性能機)じゃん!」とか遅まきながらに気づいたり、じゃあカルタもガエリオもガルマポジだよね、んでリアルにやっちゃうとカルタ隊がもうあまりにも悲惨だから彼らコミカルなんだよね、とか、それなりに何かに気付くんですが。

んでマッキーはシャアっぽく散々色々やってるんですが
お前これだけのことしてハードル上げまくって、その先ちゃんと考えてるんだろうな?
というところに不安を禁じ得ません。マッキーわっるー(怒)とかいう、人格面への嫌悪感ではないです。
コイツ責任取れんの?そこまで優秀なの?っていう、能力への疑問です。

ただこの人、おっそろしいのは嘘を一切付いていないこと。
ガエリオ気づいてなかったけど、目の前でいけしゃあしゃあと「彼(アイン)がギヤラルホルンに残す」とか言ってます。
マッキーは一人の時はガエリオやカルタのことを過去形で言っていたわけで、アインについても「どうせ彼はここで死ぬだろうがな」ということを前提に話している。これを未来形とも取れる形で話すのがミソ。

では、彼の狙いは何なのでしょうか?

41ww3ktp-IL.jpg


「こんな回りくどい罠を張って、いったい!何が!目的なの!?」



この回答の前に、反響が大きかった今回の感想ツイートを置いておきます。ほむらちゃんまっててね。



なんかまとめサイトに載ったらしいです。
反応は賛否両論あって、否の方が大きかったように思います。

今回で鉄華団が平和的に「今の世界」の中で居場所を見つけるルートへの分岐が完全に消えたな、と思いました。




採られなかった、分岐

現時点で、実力がバルバトスと拮抗しそうなギヤラルホルンの機体は2機だけです。
1機がガエリオのキマリス。もう1機がマクギリスのグリムゲルデ。
マッキーがグリムゲルデでカルタの決闘に出てくるわけがないので、現状ではガエリオのキマリスのみ。このキマリス、初陣の時はガンダム2機がかりで立ち向かった強敵でした。
一方、乗り手のガエリオはセブンスターのボードウィン家の嫡子にしてカルタとマクギリスの幼馴染です。
その気になればカルタ相手のゴリ押しも一応できるし、事態を穏便にもみ消すことも一応可能そうな立場。

つまり、機体も乗り手も、格と実力が決闘の立会人の資格充分なのです。

もちろん、ガエリオが来たところで三日月は三日月でしょうし、カルタもムキー!となって暴走するだろうし、ガエリオも思うところはいろいろあると思います。

ただ、名前を出して公人として振舞うと、違ってくるんじゃないかなあ。
鉄華団には何もない。でも、セブンスターには面子がある。
これ、オルガがわかるとは思えない。クーデリアも微妙。でも、マカナイならわかると思うんです。
無能だし性格が邪悪ぽいから重要なことを鉄華団には隠すかもしれないけど、彼自身の為には利用をすると思う。

してみると、名瀬もアミダもフミタンもビスケットも不在なのが本当に惜しまれますね。
タービンズから参謀級の人間が送り込まれてればなあ…

で、カルタも引くと思います。言を違えるのは「かっこ悪い」から。
今回はみんな死んじゃったんで最後まで戦ってたけど、ガエリオに見られている=マクギリスに伝わる、なので、立会人がいれば無様なことはできないはず。
そして、ガエリオも自分よりも仲間や友人を大事にする性格。

今回、ちゃんと決闘をやって勝っていればうまく収められたように思うんですよねえ…
カルタの面子を立てる代わりに鉄華団の安全を保障する、あたりの政治取引まではいけた目があったように思います。

※なお、実際には「ちゃんと決闘をやる」目はありえないです。
 あのときの当直がミカだった以上、真っ先に動くのはミカでしょうし、彼の行動より早く頭を回して止められる人が誰もいません。



もう一つが、カルタの性格。



カルタ・イシュー


大気圏突入時で、私はカルタ隊が大好きになっていました。
わざわざ「カルタ様の空のため」に突っ込んできた人がいたから(ミカに踏み台にされた人です)。
兵は精鋭だし、あのレベルまでの死兵を育てられる人間は良将です。

なんでそんなに忠誠高いのかなー、と思ったら、今回のマクギリスとの幼少時のエピソードで納得。
同時に、カルタ隊がなんで過剰にネタっぽい演出で描かれたのかがわかった気がします。


CamgLP8UcAE8Z6M.jpeg

この人の本質は、ある意味、コレ。

ceba0b79a733f6d43a4531761cc1cf3c1.jpg

体制の内側から変えるという意味で、カルタは革命の乙女になりえた可能性がある。

ガエリオにしてもカルタにしても、生来の正義感のまま何不自由なく育ってきた人です。
故に火星人に対しても分け隔てなく接しています。もちろん主人公たち相手には感情をモロ出しにして敵対をしているけど。
ただ、彼らの味方サイドの”下層”との接し方を見る限り、差別や不正、そして社会の歪みとは全身全霊で戦いそうです。
自分の民であれば、という限定条件がつきそうですが。
で、それを実行する能力もそれなりに高い(命を賭して慕われています)。

そういう人が干されて飛ばされているからこそ「ギヤラルホルンの腐敗」ではあるのですが。
でも、その状況は今後いくらでも変えうる。

振り返ってみると、カルタ隊は相当悲惨な目に遭っています。
コミカルにネタキャラとして描かなかった場合、彼らを主人公にしても物語が十二分に成立するくらいです。
たとえばカルタをまどマギキャラとかにすると、鉄華団への視聴者のヘイトってもう修復不可能になると思うんですよ。
クーデリアに肩入れとか絶対無理、とかそういうレベル。大気圏突入で特攻してきた彼とか、左から二番目の彼とか、今回で死んだ二人とか。ネームドキャラにしてネタ要素を排すると、やばいです。


そんな人たちが、なぜ死なねばならなかったのか?
マクギリスは、なぜ彼らを切ったのか?




彼らを殺してまで成したいようなもの、オマエ、あんのかよwwww

orphans23_002.jpeg




カルタは死んだ!なぜだ?


orphans23_001.jpg



カルタもガエリオも、疑問符付きとはいえ地位も能力も清廉さも志もありました。
彼らと共に為しえたであろうものを切ってまで行いたい、マクギリスの変革とは?





ほむらっこ2_convert_20131225061748

答えなさい!




マクギリスの目的?

ということで、回答です。おまたせしました。


なんとなーーーくなんですけど、これ、厄災戦の再現なんじゃないかと思います。
つまり、阿頼耶識とガンダムを世界に解き放って、世界をもう一度シャッフルする。
新しい世界なり秩序の再生のために大破壊が必要、って理屈。
現行の秩序を利用しての再構築だと、ガエリオとカルタと自分自身の信用と立場を利用すればマクギリスはどうとでもできると思うのです。
だって彼、「中からなら」、支配者として最上級の手が打ちうる立場ですもの。

それ以上をなせる可能性があって、劇中で彼が言及していたものとなると、厄災戦くらいしか思いつきません。
わざわざ相当頑張って金かけて調べないと知らないことばかり知ってたりやってたりましたよね、彼。

ただし、もともとは別プランだったのだと思います。
鉄華団と出会ってガンダムと阿頼耶識の戦闘力を実見してしまったことで、空論が一気に形になってしまった。

そういう、「必然的な偶然」だったのではないでしょうか。運命の皮肉ともいう。

乱世を望むのであれば、確かにカルタとかガエリオは邪魔なように思います。
なまじ有能で人望があり、マクギリスの感情に作用しうる存在だから。
彼らは、生かしておくには強く、正しすぎます。



なので、

orphans23_001.jpg


「彼らは死んだ!なぜだ!?」の答えは、



ほむら舞妓バストアップ


「正しかったからよ。」とでも言えば良いのかと思います。
善人だからよ、でも良いかもです。坊やではないと思う。

ないからこそ、消さなくちゃいけない。




しっかし、今回の戦闘はえげつない。
エグい殺され方をしているのに、地面に血を流させてもらえない(流すと「血が混じる」から?)。





まず真っ先に「左手」を落とされ、手を差し伸べる選択肢すら残してもらえない。
※ビスケットが死んだときも、オルガと「左手」同士を繋げてました。
カルタの哲学はミカたちを受け入れうるものだった気がするのですが、左手は落とされます。
「敵」だから。


1d73c8f7.jpg


この先2話、どうなることやら。

ギヤラルホルンが本気だしーの
鉄華団がバタバタ死にーの
地下からガンダム出てくるーの
厄災戦再現ーの、で

「ねえ。次はどうすればいい?オルガ」

かな?









このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 鉄血のオルフェンズ

thread: 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ

janre: アニメ・コミック

tb: 1   cm: 2

コメント

感想が細部に渡っていていつも感心します。
23話はある意味視聴者に対してこの物語はこう進行するよ、と再度意思表示をしている風にも私には見えました。

擬似人格 #- | URL
2016/03/18 12:35 | edit

Re: タイトルなし

> 擬似人格 さま
あたたかいコメントありがとうございます。いろいろ気になったので見返し始めちゃいました。
元から実は明示されていたのか、暗示にとどまるのか、また見てみたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。

K.Akemi (旧:さわK) #- | URL
2016/03/23 14:33 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/528-1569cab4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第23話 『最後の嘘』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 4 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.02.22バンダイビジュアル (2016-03-25)売り上げランキング: 189Amazon.co.jpで詳細を見る  色んな真実があって、色んな嘘があった。  中でも際立った嘘は、やはり。    最早、ここで多くを語ることもないでしょう。  全ては以下...

新・00をひとりごつ | 2016/03/14 18:07

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop