Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » 鉄血のオルフェンズ »オルフェンズ感想 コロニー編

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

オルフェンズ感想 コロニー編  

今回はオルフェンズの感想ではないです。
とか書きかけたんですが、それなりの分量になったんで一応書いておきます。

ああうん、見てるけどなんか。。。MS戦もドキドキしたし今までのタメ効いててスカッともしたんだけど。。。
ガンダムAGEやらアルドノアゼロやら、イノチをぶつけて見た作品を経た後だと、あんまピンときませんでした。


重要なのはここかな。クーデリアが左手をアトラに預けてるの。

thumb_IMG_8898_1024.jpg




ホンネをぶつけ合ってる同士のシノとアインは左手同士で交戦するんだね、とか

thumb_IMG_8901_1024.jpg

このオルフェンズって物語での左手と右手の意味ってこの絵に凝縮されてるよな、とか

thumb_IMG_8899_1024.jpg

thumb_IMG_8900_1024.jpg


あとはフミタンが撃たれた場所がみなさん阿頼耶識埋め込まれてる場所に近い、とか
メリビットもフミタンもクーデリアも、なんらかの形で「血を浴びる(浴びせる)」ことで「血が混じって」仲間になる通過儀礼は済ませてるんだな、とか


なんかそれなりには感じたんですが、肝心の演説がなあ。。。。
聞いてて「やっぱフリット(ガンダムAGE)は凄かったんだな」としか思えなくなったんでそういうことなんだと思います。
フリットの演説についてはこちら


クーデリア演説についてはなんか、コメントするのがかわいそうだったんであんま突っ込まないほうがいい気がします。
とりあえず「アンタ誰?」「何が言いたいの?」ってつかみのところで失敗してる上に切り札の映像のインパクトが微妙なんで、フリットのと並べるとプレゼンのお手本にはなるのかなーとかちょっと思いました。

あとガエリオなんか好漢ですね。愛すべきイイヤツです。
だからこそ、敵側から見たときの無理解と相まって「一昔前の典型的な敵」ともなりうるのだろうけど。


thumb_IMG_9067_1024.jpg


とりあえず
ごちゃごちゃ御託はいいから拳で語り合えよ。戦えば分かるから。
でいいと思うんですよね。戦場って極限状況だと人間性モロにでるから。







このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 鉄血のオルフェンズ

thread: 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ

janre: アニメ・コミック

tb: 1   cm: 4

コメント

これまでに視聴した分から思ったことが三つあります。

三日月は敵に対し一貫して冷酷な殺人者であること。クダルに真顔で「死んでもいいヤツ」と言い放ったり、
クーデリアがギャラルホルンの部隊を退かせたことに驚いた際の発言内に「(敵を)プチプチ潰す」とあったり、
ガエリオやラフタなどに殺意をあらわにした「目」の描写でそれが強く印象付けられました。
まるでAGEのキオのような人間に対する強烈な皮肉だと僕は受け取っています。
彼の過去はまだ断片的な描写ですが、生きるための手段を選びようがなかっただろうなと想像しています。

クーデリアが生き残った描写。
フミタンを探している最中にデモ隊に足止めされ、そのデモ隊がギャラルホルンの銃撃で一掃された際に
彼女だけ生き残りましたが、「煙幕が晴れて彼女だけ立っていた」より「死体の山の下から彼女がはい出てきた」
の方が自然だったかなと。

鉄華団は本当に枯れないのかということ。
オルガは鉄華団を立ち上げた際に「鉄の華(花)は枯れない」という趣旨の発言をしました。
しかし鉄は適切に手入れしないと錆びてしまいます。
昭弘が昌弘と、そしてクーデリアがフミタンと死別、ビスケットとサヴァランの顛末といった
これまであった錆びつきそうな出来事は今後もあるでしょうね。

ペン打ゴン #nJgWjNM2 | URL
2016/02/15 20:07 | edit

Re: タイトルなし

>> ペン打ゴン さま
いつもお世話になります。
三日月に関してはインクエッジさんの解説を読まれることをお勧めします。
一つのヒントとしては、「接触しているか周波数が同じでない限り、彼我の会話は成立しない」ことがあります。
これはクダルとミカだったり、コーラル大尉の死に際だったり。
成立しているように見せて、似て非なるものを巧妙に仕込んであったりします。


クーデリアのあたりは描写が全般に甘いと思ったので、オルフェンズの制作陣の限界なのかもですね。


花のメンテについては、「根」と「上に咲く花」の双方を考えてあげる必要があるかなと思います。

K.Akemi (旧:さわK) #- | URL
2016/02/23 23:35 | edit

返信ありがとうございます。
実はツイッターを使ったことがなく、Kさんの言うインクエッジさんのツイートを探そうとしましたが
膨大なツイートから検索機能で「このユーザーのこういう内容」といった絞り込みがうまくできず
該当する内容の抽出をあきらめました。申し訳ありません。

ただ「接触しているか周波数が同じでない限り、彼我の会話は成立しない」というヒントに関しては、
「カオスの縁-無節操日記」の「ガンダムAGE各話解説」にあるキオとイゼルカントや
ディーンとの「溝」が正にそうですね。

ペン打ゴン #nJgWjNM2 | URL
2016/03/06 20:15 | edit

Re: タイトルなし

> >  ペン打ゴン  さま
いつもありがとうございます。
本当は言語や認識の問題もあるはずなので、その辺も見ていくと面白いのかも。同時に劇中描写の限界も出ますが。
ツイートについては過去ログをまとめた「ついろぐ」で閲覧できる場合があります。去年の12月ごろ(ガルパンの映画を見出す)までは、インクエッジさんのオルフェンズツイートは質量ともに充実していました。

K.Akemi (旧:さわK) #- | URL
2016/03/23 14:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/525-7c381ae7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第18話 『声』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 3 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 16.01.31バンダイビジュアル (2016-02-24)売り上げランキング: 66Amazon.co.jpで詳細を見る  今日は一言。  荒れました。すみません(ノД`)・゜・。  というわけで以下、鉄血のオルフェンズ第18話『声』の荒ぶる感想です!...

新・00をひとりごつ | 2016/02/10 12:43

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。