Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » 鉄血のオルフェンズ »機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ感想 第7話 「いさなとり」

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ感想 第7話 「いさなとり」  

マミさんのドリルロールが大変なことになって大変なんですが


1drill.jpg


今回のオルフェンズ

うん

やばい

これ、面白いです。第7話、「あること」に気づくと感想を書かずにいられない。さらーっと見て流すつもりだったのに。クソウ。

ポイントはアトラ、そしてコレ。

orphans07_011.jpg


ツイッターですでに書いたので、お気づきの方もいらっしゃると思います。
これは、ずるいよ。。。。書かずにはいられないもの。


ということで、第7話感想いきます。第6話の感想もちょっとだけ入っています。


まず、「あること」の答え。

orphans07_009.jpg
orphans07_010.jpg
orphans07_011.jpg

ラフタに翻弄されミカピーンチ!のところからの一連の流れです。
アトラがミカを心配し、思わずおまもり(ミカとの絆の象徴です)を握りしめる。
呼応するかのように、ミカがラフタの動きを見切り、死中に踏み込んで活を得る。

その時に突き出すものがコレ。


そうです。
ガエリオ機から奪ったワイヤーアンカー。
もちろん、「敵から奪えるものは奪って引き出しを増やしておきたい」事情はあるし、鉄華団の戦い方、経済状況、人となりの描写でもあるし、ガエリオとの因縁を重ねる目的もあるのだけど。
で、武装増えるたびにOPでも追加されるとかいう粋な働きもあるのだけど。

で、「機械を身体の一部のように扱うようにする」阿頼耶識。
もちろん、このシステムとの付き合い方がこの物語の一つのテーマなのだけど。

ああ、アトラとの絆がちゃんと実体を持った武器として組み込まれてるのか
ということに非常に感動しました。
装着位置が左手首、ヒモ状のもので相手と「つながる」という使い方…
※この世界では、交戦中の敵味方MSは通常はつながることでしか会話ができません。


ワイヤーアンカー=アトラのミサンガ、と見ると、アツいものがあります。
でも、話はここで終わらない。ああうん俺は終わらせたいのですが

それで考えると、今回のタイトルの「いさなとり」というのも面白いですね。
クジラ(大物)を捕る、という意味。クジラは「縄のついた銛(モリ)を打ち込んで仕留める」もの。
では、誰が何にどんなことをしたのか?釣り上げたのは誰なのか?
前の話と構図を被せたりしていて、そういう観点で見ていっても発見があるようです。




この作品にはヒロイン格が現時点で2人います。これから増えるかもですが。
※もちろん、オルガとかミカはカウントしません。

そのもう一人、クーデリアはどうしたのか?対になってはいないのか?


と思ったら、ありました。ここ。

orphans07_001A.jpg
orphans07_003.jpg
orphans07_004.jpg
orphans07_005.jpg

でも、この人も変なことをやっています。
アトラの手を左手で掴んでいるのです。
アトラは右手を掴まれていて、姫の左手→アトラの左手→(阿頼耶識を通じて)ミカの左手、という「ねがい」のリレーになっているようにも見えます。

手、といえばアルドノアゼロでも「スレインの被弾ルール」というものがあったりします。
伊奈帆との交戦時と、それ以外の交戦で損傷する翼が必ず異なる。
これが最初に「伊奈帆が掴めなかった手(オコジョ)」で誰を助けるか、の伏線になっています。

似たようなことは、このオルフェンズでもあるのではないか?
そういうギミックがある作品ではあります。

で、気になって見返したら、なるほど、でした。
今回、敵に仕掛けに行く人たちがみんな「左手」を使っています。

orphans07_001.jpg
orphans07_006.jpg
orphans07_007.jpg
orphans07_008.jpg


orphans07_014.jpg
orphans07_015.jpg
orphans07_016.jpg
orphans07_017.jpg
orphans07_018.jpg


もちろん、それぞれにそうなる必然があって、各シーンでは別の意味合いを持たされてはいるのですが。

なんで左なのか?
これは「(今回の戦闘が)本気の殺し合いじゃないよ」という意味合いかもしれないし、
「右手で何をするのか?」という問いの答えが、これまでの話や、これからの話にあるのかもしれません。
めんどくさいから検証はしません。気にしては見るから、気づいたら書くかも。

後、紛らわしかったのがユージン。
姫が入ってきたときの動作がよくわからなかったんですが、これはインクエッジさんのツイートを引用しておきます。







ああなるほどね。

で、阿頼耶識のどこがどうすごいのかは、前回でさりげなーく描かれていたように思います。
ミカ、字の「左右が違う」ことに気づいていませんでした。
彼は胆力がある人間でパイロットとして恐るべき技術も持っているけど、後者は阿頼耶識の力。先天的なものではない。


ユージンのいっくぜええええの本当に楽しそうな顔も大好きなのですが、

今回のシメはこの人。

orphans07_013.jpg

これまた前回の感想と絡めます。
前回の教育シーンで、クーデリアの好感度ダダ上がりに上がったんです。
「子供にまず何を教えるか?」には教師の力量が問われる。
これは、「その人が指導者になったら権力をどう、どこまで使える人か?」にも通じる。

クーデリアが前回教えたものは、まず名前。
次いで「私は○○が好きです(好きなものは○○)」という表現でした。
地味ーーーに入っていた描写でしたが、クーデリアの本質はここに出ていると思う。









このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 鉄血のオルフェンズ

thread: 機動戦士ガンダム 熱血のオルフェンズ

janre: アニメ・コミック

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/513-d667935d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ 第7話 『いさなとり』感想

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 1 (特装限定版) [Blu-ray]posted with amazlet at 15.11.15バンダイビジュアル (2015-12-24)売り上げランキング: 85Amazon.co.jpで詳細を見る  今週印象的だったのは、スピード感満載の戦闘シーンと、  突如として前面に押し出されてきた女性人のお色気シーンです(笑)  というわけで、...

新・00をひとりごつ | 2015/11/17 18:25

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。