Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » 艦隊これくしょん »アニメ艦隊これくしょん 第12話感想 提督は吹雪に何を期待したのか?

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アニメ艦隊これくしょん 第12話感想 提督は吹雪に何を期待したのか?  

皆様視聴お疲れ様でした。

内容にネタバレがあります。ご注意。

提督の意図については思うところがあります。ここにまとめました。



祝?続編制作!
不満点とかは敢えて言わないことにします。


なんか冷静に考えるだけバカバカしいっぽいので。。。
歴史のこととかゲームのこととかわかってない人達と一緒に「ウケるーww」とか言いながら見ると楽しそうなアニメだなー、と思って見ていました。

てか飛行場姫!!!!!怖いよ!!!!ホラーだよ!!!

散々勿体付けたヲ級があっさり沈んだ(?)のはともかく、このヒトだけ傷が再生していなかったのがカギ、というのはちょっと面白かったです。
「あらがえない歴史のナントカ」とか、MI作戦の意味とか、提督って何だったの?とかは考えてもあまり意味がない気がします。

うおおお長門がついに来た!
北上ちゃん生きてた!!!よかった!!!
大井のあのウザさも、前回を見た後だとホッとします。やっぱ生きてるって素晴らしい。
みんな無事だった!よかった!!
如月戻ってくるフラグ!?
全砲門一斉射撃かっけ--!!!!

とかで良いのではないでしょうか。
作戦どうなってるの?とか補給どうしたの?とかは、劇中で全部明かされなかったので、今考える意味があるのかがちょっと微妙です。

提督が何をしていたの?という話ですが、
「やられたフリして雲隠れして不穏分子の炙り出し&敵の動静の見極め&切り札(大鳳とか高速修復剤)の手配」
だと思われます。
もし万が一長門以下守備艦隊が鎮守府に残っていた場合、ケツを叩いて出撃させるつもりもあったのかな?

「提督は自分が敵の策を読み切っていたことに確信を持っていた」は、言ってしまって良いと思います。
鎮守府にしても大鳳にしても、少しでも敵の伏兵が残っていた場合に甚大なダメージを受けていたでしょうから。
伏兵はいない、と確信しての一手が、今回の展開なのではないでしょうか?
(それで納得できるか、溜飲が下がるか、は、置いておきます)

どうも、提督だけは「MIの深海棲艦は空母を倒さない限り再生する」ということを知っていたっぽいですね
見ている限り、このルールはMIだけの特別ルールっぽいです。

この無限再生ルールに対して攻撃参加メンバー達の心が折れかけるわけですが、そこで誰が建て直したか?
これ、見ていくと面白いです。

でも解析とかは。。。する価値あるのかなあ?
みんなの士気の盛り上げ方にしても、味方戦力の集結にしても、相当危ない橋を渡っています。
「計画通り」などとは、とてもじゃないけど、言えない。

吹雪を連れてきたことでみんなの空気が変わったり、心が折れにくくなったりした部分は確かにあると思います。
というか、それを言いたい作品なのだとも思います。
どうしてそんなことをしたのか?このMIを抜くためです。
敵の空母を倒すためではなく、敵の空母をMIで倒すため、だと思われます(空母を倒すだけなら7話や9話でやりようがありました)。

しかし、提督がなぜMIにこだわったのか?なぜ敵の空母が特別なのか?などは、今物語で明かされている情報ではわかりません。
提督がどうも知ってたっぽくて対策をしていたっぽいことと、その対策の根幹が吹雪だったことがわかるのみです。
彼が何かを考えていたのは確実ですが、だからと言って「提督の深慮遠謀スゲー!」というには無理があります。

あくまで私の推測ですが、提督はMIで以前に兵を失った経験がある人だと思われます。
その時の敗因は、「運命のくびき」というパニックのために前線メンバーの士気がガタガタになったことなのではないでしょうか?
MI海域で艦娘たちは何度も浮足立ち、自滅しそうになっています。
今回の話でその兆候があったので、自分だったらコレは潰すべき敗因と捉えるなと感じました。

そのたびに吹雪や増援部隊が活を入れたり檄を飛ばしたり、空母を狙えという指示を下したりしています。
活を入れたメンバーは、吹雪、長門、大和、大鳳。
いずれも、あの鎮守府の古参前線組ではないメンバーです。
大和だけが異質で提督の息がかかっていないのですが、そもそも彼女は最初から鎮守府にいたのか?という問題があります。動かすのも一苦労でしょうし。。。。

となると、多少の無理をして大和と吹雪を会わせたのには狙いがあったのかな?とは思います。

大和の気持ちを前向きにさせることができる艦娘。
ポジティブに、鎮守府のみんなの心に風を吹かせることができるような艦娘。
鎮守府の誰もに好かれ、人を繋ぐことができる艦娘。

提督が求めたのは、”MIのさだめ”の黒雲(ジンクス)を吹き飛ばせる空気を持った艦娘だったのではないでしょうか?
よーは金剛の明るさと長門の沈着さを併せ持った、素直な艦娘です。

ぶっ潰したいものが根拠のないパニックである以上、提督も吹雪を「夢のお告げ」を出して説いたのかな、とも思います。
いや…お前それ博打すぎだろ…とは思いますが。


とりあえず、ごちゃごちゃ言うより雰囲気を楽しむアニメだったと思います。
でも、もしかしたらその雰囲気こそが、提督が腐心して作りたかったものなのかもしれない。
そう思ったらちょっと楽しかったので、感想として残しておきます。



艦これアニメ、鳴り物入りで始まって、巷では叩かれていましたが、私はけっこー楽しめました。
ああうん、ノリがうええええええっとなることは何度もありましたが。。。。
でも、前線で雰囲気を作る吹雪も、吹雪をそう仕向けた名伯楽の提督も、鎮守府の仲間たちも、活躍が楽しみで毎回見ていました。30分の娯楽としては十分楽しめました。
次回もまた見ていくと思います。
皆様12話お付き合いありがとうございました。



【関連リンク】
アニメ登場キャラクター一覧
アニメ登場モブ一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 艦隊これくしょん

thread: 艦これ 艦隊これくしょん

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 2

コメント

ブッキーは、空母の護衛艦なんだから、迫りくる敵機、ボロボロになりながら高射砲を撃ちまくる、いよいよ弾も尽きた
赤城が涙ながらに雷撃処分を依頼、そこに味方(騎兵隊)が!くらいは期待してたんですけどね…吹雪が騎兵隊なのかよ!と椅子から転げ落ちましたよ。

ど根性系主人公は少年ジャンプとかのお家芸なんでそこらへん参考にしてほしかったですね

#- | URL
2015/03/26 09:54 | edit

敵が再生とか今までになかったルールを前触れもなしで突然持ってくるのって作劇上アリなんでしょうかね
射程がケタ2つくらい違う駆逐艦と戦艦が同じフィールドにいるとか同距離で撃ってるなんてのはゲーム準拠でいいとしても、
細かい部分がすべて徹底して杜撰なのはフォローの仕様がないというか……
「運命には抗えない~」というセリフも、実際のゲーム内イベントのMI作戦では「運命に抗うつもりの戦意マンマン組」のぶっちぎりトップが赤城さんでしたし。
ゲームを踏襲するならちゃんと設定に従えよとか、シリアスやるならそっち路線でいけよ、仲間が沈んだ次回にギャグ回やるのはメリハリじゃないぞとか、「結局、艦これをアニメ化して何がしたかったんだろう」という意思が成果物から何も見えてこないのが痛いんだと思います。

#- | URL
2015/03/28 09:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/500-fc4eb985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。