Blinking Shadow ホーム » アルドノア・ゼロ »アルドノア・ゼロ最速感想 第22話「邂逅と決別」 

アルドノア・ゼロ最速感想 第22話「邂逅と決別」   

見ました。。。
何かもう考察とかメタファーとかぐちぐち言うのめんどくさいですね笑

なんすかこの手に汗握る超・超・超展開大シャッフル!!!!!
そう思わないか?ハークライト卿?


なお、今回地球軍が集結した「パルナッソス」に付いてはこちら(wiki)。
舌の根が乾かないうちにメタファーの解説です。



とりあえず状況整理。
・伊奈帆
 オーバーヒート。伊奈帆チェインバー(※)出現
 ※ガルガンティアという虚淵アニメに出てくる、ドラえもんみたいな戦闘ロボットです

・レムリナ
 アセイラムを逃がす途上、囮?で残る。その際にペンダントが落ちる。
 →レムリナが光学迷彩を使ってアセイラムとして死んだ場合、スレインはその死体を誰と認識するか?
 なお、「アセイラムとして死ぬ」はレムリナ的にも復讐にはなりうる。
 最後になんかホンネっぽい笑顔で笑ってたんでこの人も楽になったんだと思います。
 ずっとむかついてた相手に気持ちをまるっとぶつけたわけだし

・アセイラム
なぜかレムリナのペンダントをつけている。紛らわしいんだよあなた達!
つーことで、「事情を良く知る」火星メンバーが見た場合、この姫様が今まで彼らが崇拝していたアセイラムになる。
で、レムリナは「影武者として死んだ人」になる。だから紛らわしいよ!

結局レムリナの(死)体がどういう状態で、それを誰がどう使うか、で誰があぼんするかが決まりそうです。
「アセイラム確保」でも「アセイラム殺ったどー」でも「コイツ誰よ?今までいたの誰よ?」でも、お気に召すまま。

で続き。
・インコ
死亡フラグ!?と思ったけど、この人は大丈夫そう。
伊奈帆が共犯者で選ぶのがライエ、気心知れた身内なのがインコ、ってところかな?

・エデルリッゾ
レムリナのときにはアセイラムに先を越されたけど、本当に必要なときにちゃんと盾になってる。さすが。

・スレイン
イヤお前直接行っちゃダメだろ!誰か止めろよ!w
と言いたいけど、火星ワールドだと、家中で戦闘力が一番なのは御当主様のはずなので仕方ない。
実際強かった。伊奈帆と話し合うシーンが楽しみだったけど、話し合うことはなかった
2人のやり取りは後で検討すると面白そう。惚れた女が同じだったのがこの人達の不幸。

・スレインと伊奈帆
インクエッジ(@02Curry)さんが、画面上の配置で伊奈帆(側)とスレイン(側)が対峙するときは伊奈帆が左でスレインが右、と指摘していたけど、今回かなり顕著に出ていた。

・バルークルス
「来てくれたのか!」とかスレインに言われてたけど、この人ホントに味方になるのかなあ。。。
クランカイン一行と合流したら即敵になってスレインが大ピンチになりそうなんだよなあ。。。

・クランカイン
スレインの勧めた紅茶を飲んでないんじゃないか、この人?
わざわざスレインの紅茶と対比されてたし。結構微妙な言い回ししてたけど、ホンネは「お前の水は飲まねーよ」という方なのかな、とも思う。要注目。

で、スレインもこの人に対しては「仮面」で応じていた印象。
最初から表情が顔に張り付いている。

てか
色々衝撃的で大混戦で何かを言うだけ野暮だと思います。

スレインピンチ!どうなる!?
なのですが、なんていうか。。。。相手の手がわかってて、対策も講じてるんだけど、人数が絶対的に足りない、って言う火星の一番の泣き所を衝かれてピンチになるって言うのが、なあ。。。。
人数増やす能力持ってて友誼に篤い人材、仲間にいたのにね。


一方、隕石に紛れて接近、は早期に読まれる。
これは仕方ないと思います。隕石に見慣れ、隕石のある世界になじんでいたのは火星人。
地球軍が火星のホームで挑む不利が、早速出た格好。

勝利の女神はやはり、誰もに一度は微笑むものなのだと思います。

女神と言えば。
「お前が起きなければ」とか今回も言われるわ(前期のライエと被せてますよね)、またしても暗殺されかかるわ、ホント、アセイラムのあるところ、乱、ありですね。



てことで二周めいってきます。



【内容を見返したい方向け】
※バンダイチャンネルにリンクします。(DMM経由)
第一話 第二話 第三話 第四話 第五話 第六話 第七話 第八話 第九話 第十話
六話までの詰め合わせパック


インクエッジ(@02Curry)さんのツイート
相楽さんによる、2期感想まとめ 
15話感想まとめ
14話感想まとめ 
13話感想まとめ 


アルドノアゼロ感想 12話
アルノドノアゼロ感想まとめ 11話


公式サイト
アルドノアゼロ世界における通信の意味


過去感想まとめ(私が火星軍を最初から心配している過程が克明に記録されています)
10話感想まとめ
OPについてのメモ(いずれ記事にします)
その後の相楽さんとのお話 (今まで出てきたメタファーの大体の意味が解説されています)
名称の由来
7話までのおさらい
スレイン対伊奈帆のやりとりについて



このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: アルドノア・ゼロ

thread: ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 2

コメント

尺が残り少ないのか、前回の侵攻作戦の失敗にまったく触れられないあたりoh…
火星も地球も余裕がないのか作戦がgdgd感が

主人公二人が自軍中に敵が出来つつあるので、アセイラム姫の安全という短期的な目標にむけて一時共闘って流れが出来つつあるなと感じています(まぁお約束といえばお約束)

葉月 #- | URL
2015/03/16 08:30 | edit

Re: タイトルなし

>>葉月様
こちらでもコメントありがとうございます。
火星側は侵攻作戦の失敗には触れていたように思います。
「支配地域は増えたけど伊奈帆を討てなかったブツブツ」とか言っていた覚えが。
ただ、動機がそもそも「忠誠の証を見せろ」というものだったので、あの3人自体が生きていても死んでいても良い、ということだったように思います。
今回の白兵戦とあわせ、スレイン、彼のために身命を賭してくれる人を殆ど失ってしまった印象。

振り返ると姫暴走→クランカイン来訪→地球軍の奇襲、と突発的なことが起きすぎているので、人員の少ないスレイン派はキャパ超えていたのではないでしょうか?バルークルスが来たときに本当に嬉しそうでしたし。

地球側の方は、主人公達が反省会に参加できる立場ではない、ということが大きいように思います。
(火星側に比べて記述が少ないのですが、地球側はベストを尽くし切っていて今更言うことがないのです。。。)

K.Akemi (旧:さわK) #- | URL
2015/03/17 11:07 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/497-c16b2ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop