Blinking Shadow ホーム » 宇宙戦艦ヤマト »宇宙戦艦ヤマト2199劇場版 星巡る方舟感想

宇宙戦艦ヤマト2199劇場版 星巡る方舟感想  

近場でやってたので見てきました。
ネタバレ全開です。

納得の補完が多く、2199ファンも原作ファンも見て損はないんじゃないかな。

unnamed (1)




全体の感想。これ、「救済」の話なんだなと思いました。
まず、本編では旧作通りに壊滅していったドメル艦隊。カッコいいのにあまり活躍できなかった戦闘空母。
本編で最後のふたりが悲劇的な死を迎え、絶滅したかと思われたジレル人たち。
宇宙冒険物なのにあまり登場の機会がなかった宇宙の変な生物、変な星。
もっと知りたいよ活躍させて欲しかったよガトランティス帝国の皆さん。

そういうものがみんなみんな、余すところなく活躍していました。
旧作ファンにとっても、ニヤリな描写やリメイクが多かったと思います。
(とはいえ、私は旧作は2以降ほとんど見ていませんが。。。)

そして、もうひとつ面白かったのが「外から見たヤマト」の描写。
つまり、送る側、迎える側から見た、ヤマト。

今回の劇場版、限られた時間で、ファンの「これが見たかったんだよ!!!」が相当盛り込まれていたと思います。
「魔女はささやく」とか対ドメル艦隊戦の教訓がちゃんと生きてるところとかね。
「この最期なら、納得できる」よ、うん。

2199を劇場で見ていたとき、6章(ドメル艦隊戦の後の収容所)で失望して一気に熱が冷めた経緯があります。
さんざん異文化コミュニケーション描こうとしてきたのに、肝心の収容所後のディッツ&ドメル婦人を交えた会話の部分がナレーションで端折られたから。
これ、今回の劇場版を見て納得しました。
ドメル艦隊の生き残りとの交流は『星巡る方舟』で時間をかけてやるつもりだったから、本編では端折って対デスラーとか波動エネルギーとの付き合い方の方に比重を移したのね、ということだったのかな、と思います。

また、作中いくつか矛盾が出てきますが、これが今回のストーリーの伏線になっている。
視聴者が感じた疑問が実は登場人物が感じた疑問でもある、というのは良かった。
あれ、キャラクターにシンクロしやすくなります。

そういえばエンディングのテロップで宮城県の松島とか広島の廿日市が出てきましたが、どこで使ってたんだろう?
ホテルかな?
ヤマトの11階、4階というのもよくわかりませんでした。
「ヤマトホテル」なり、モデルになったホテルが4階建てで、実際の戦艦大和のエレベーターが11層構造だったのだと思いますが、要検証です。


以下、私の嗜好がモロに出ます。やっぱ戦闘が印象に残るんです笑
戦いへの臨み方で性格とかその人の背景とか色々出てしまうと思うんですよ。孫子も言ってるでしょ?w

まず、見ていておおおおおお!!!っとなったのは、ゴラン・ダガームのガトランティス艦隊を迎え撃つ時の共闘。
もちろん、絵的にも、ドメル艦隊を彷彿とさせるガミラス艦隊とヤマトの共闘に胸が熱くなった人は多いと思う。

でも、それだけじゃない。
それだけじゃないんです!!!!てか、そこじゃないんです!

ポイントは、ガミラス艦隊とヤマトの動きが完全に揃ったこと。ここ重要。決定的に重要。
ヤマトの練度が高いのは当たり前。地球最精鋭のイズモ計画メンバーで構成されてるから(※)。
なのですが、これに一瞬で動きを合わせたガミラスの練度SUGEEEEEEEEE!!!!

※波動エンジンがちゃんと使える状態でヤマトが出港してしまった時点で、ガミラスは勝ち目がなかったと私は思っています

さすがドメル艦隊!!!!ではなくてただの警務艦隊らしいですが

ただ、11話の初登場時にもバーガー艦隊は素晴らしい動きをしていました。
被弾した艦が他の艦を巻き込んで撃沈しそうになっても戦列が全く乱れず、巻き込まれそうになった艦が最小限の動きで被弾艦をかわして戦列に戻り、そのまま砲撃でガトランティス艦を沈めています(11話)。

あのシーンのドメル艦隊の練度に感動した身としては、ヤマトと一糸乱れぬ同航を見せるガミラス艦隊にはぐっとくるものがありました。
文字通り、息が揃っていないとできない動きだから。
あの艦隊機動こそが、バーガーたちと古代たちの交わしたものの深さの証左でもあると思う。
いやほとんど死んじゃったけどさ(涙)


また、面白かったのがラストのヤマトと敵旗艦(メガルーダ)の一騎打ち。
ほぼゼロ距離で主砲を撃ち合う。確実に殺せるけどこっちもやられる!という時に、双方の覚悟の差が出ました。
古代が相原(南部でしたっけ?)に言った「(波動砲がなくても)ヤマトを信じろ」というセリフがあります。
地球を背負うみんなの覚悟を信じろ、でもあるし、沖田戦法で今まで戦ってきた自分たちを信じろ、でもある。
その覚悟が、ガトランティスの尚武を上回る。
だから、砲手が逃げてしまったガトランティス艦の砲撃は虚しく空を切るけど、目線を切らなかったヤマトの砲は敵艦を確実に仕留める。
ヤマトがタマシイで押し勝ったな、という印象。この決着は溜飲が下がりました。
錨ぶつけるわ対空砲火ちゃんと使うわ、ヤマトという道具を活かしきるって意味でも面白かった戦いでした。


もうひとつ面白かったのが因果応報
ガミラスとヤマトの人たちはだいたいハッピーエンドなんだけど、ただひとり、争いの元になりそうなことを考えてたヤツ(メルヒ)は今までの骸骨と同じように自滅をしてしまう。
殺す必要のない相手を殺してしまったことが原因で、本来だったら敵に回さなくて済んだ相手に殺されます。
彼を殺した相手も、直後にヤマトの航空隊に殺される。

こういうのを見てくると、ヤマトの自動操縦は誰のどういう意思の結果だったのか、ジレルの女王が美影に何を伝えたかったのか、など、見返すと面白そうなものが多々あります。
これはこの劇場版のテーマでもあるはずです。


また今回、古代がメインでなかったのも印象的でした。
古代と沖田の冒険ではなく、彼らの脇にいた者、あるいは、彼らが残したものを継いでいく者たちを紹介する橋渡しの話という感が強かったです。

ガトランティスも侮り難い敵として残されたから、続編の余地もありそう。
今後が楽しみです。とはいえ、今後のガミラスは誰が指導していくのでしょうね。
ガトランティスが侵攻したりザルツが反乱起こしたら、あの国持たない気がします。

はてさて、どうなることやら。


もうひとつ面白かったのが、旧作との違い。
旧作のドメルは強かったけどマジキチでした。ガミラスも滅びに瀕していたから、地球を殺すことに切迫感がある。
今回の『星巡る方舟』で囚われの状況になったときに両者の共存が成ったのは、2199でのガミラスが豊かな国だったからなのではないか?
旧作のガミラス人であれば、さて殺し合わずに済んだのか?
これは、ポイントだと思います。


また、物語冒頭のやられ役でゼルグート級(ドメル旗艦と同じ型)を出したのはうまいなと思いました。
ガミラスでトップクラスに硬いのがゼルグートだし、トップクラスに速いのがゼルグートの艦橋ブロックです。
ゼルグートのおっさんが正面からぶち抜かれる(防げない)&逃げても結局消滅(ふりきれない)したことで、ガトランティスの巨大戦艦メガルーダ(メダルーサ級)には通常の戦法じゃ対抗できない!という情報が真っ先に示されています。

さて、今回攻めてきたガトランティス艦隊は、規模としてはドメル(エルク)が辺境にいた頃に攻めてきた連中と大差ありません。
もしドメルが立ち向かっていたらどうなっていたのでしょうか?
今回のガトランティスは強力な大砲(火炎直撃砲)を擁しています。
先に述べたように、アウトレンジからいきなり高速で迫り、当たればどんなガミラス艦も(おそらくはデウスーラ2ですらも)消し飛ばす驚異の武器です。

ほとんど避けようがないから、ドメルが万全な状態だったとしても初見時は結構な犠牲を出していたように思います。
ドメル艦隊のうち、初見時で突っ込みそうなのはバーガーです。
フォムト・バーガーがもしドメル艦隊所属の時に今回の敵と戦っていたら、さて、生き残れたのでしょうか?
彼はヤマトと一緒だったからこそ、生き残れたのではないでしょうか?
そう考えると、今回ドメル艦隊の生き残りとヤマトが共闘でもぎ取った勝利は、ただの局地戦に見えて、人類とガミラスの未来にとってとても大きな第一歩でもあったように思います。

綺麗にまとまったところで、今回は失礼します。

上映館はこちら


DMM動画へのリンク(バンダイチャンネルにリンクします。)
11話 (ドメル艦隊VSガトランティス艦隊) 
20話 (七色星団の戦い。桐生美影初登場回)
TV版全話一括 映画版・第6章 劇場版







このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 宇宙戦艦ヤマト

thread: 宇宙戦艦ヤマト2199

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 2

コメント

> 相原(南部でしたっけ?)
波動砲禁断中毒の南部でした。

#- | URL
2014/12/09 19:04 | edit

通りすがりで失礼します。
昔読んだ大和本の記憶ですと艦橋が11層ということで合っていたと思いますよ。

2199製作陣は今回でポテンシャル発揮と言う感じでブログ主様の言う通り上手くやったなと思います。
作劇の都合で本編で起こしたガミラスのCGを流用出来る案を採用したなんて話を聞くと、尚更ですね。

制服だと単調になりがちなファッションなども上手にアレンジしていてGOODでした。

いわみ #- | URL
2014/12/24 00:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/459-a3515968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop