Blinking Shadow ホーム » ガンダムAGE »ガンダムAGE感想 14:悲しみの閃光

ガンダムAGE感想 14:悲しみの閃光  

アンバット要塞攻略戦・第二ラウンド。
デシル+ユリン 対 フリット の対決です。
秘密兵器ファルシア with Xラウンダー(ユリン)をひっさげて挑んできたデシル。
前回ぼろ負けしたスパロー相手に雪辱なるか?

伏線はまだ回収されていません。ユリンが何で戦っているのかも、説明は少な目です。
でも、その不足分は凄みのある演出と人間ドラマが補って余りあります。これぞ神回
勢いと熱さで一気に押し切った、名場面が目白押しの回でした。


4f596a17638b2e8ded617da58e225bee_convert_20120116031230.png




今回から、人間対人間の殺し合いの構図が前面にクローズアップされ、いわゆる「ガンダムらしさ」が出てきます。
一方、今回のユリン散華でAGEの方向性がはっきりしました。


まず、今回でフリットとデシルから「余裕」が消えます。
二人とも、「負ければ死ぬ」と言いつつ、何故か余裕がありました。
「自分が死ぬかもしれない」とは全く考えていないのです。

フリットはガンダムの性能に対する信頼と、相手が人間だとは思っていないことが原因だと思われます。
「救世主」も、自分が絶対安全で他人より優越していることが前提の概念です。

一方のデシルは、Xラウンダーとしての自分に選民意識があるようです。
Xラウンダーの中でも自分に勝てるものはいない、とも思っているようです。

でも、冷静に考えれば今回のデシルは勝てる要素が絶無です。機体でもパイロットでも負けている。
デシルとしては「能力者同士の共鳴で力が何倍にもなる」ことが切り札だったのでしょうが、フリットとユリンがデシルと同格以上の能力者の場合、この条件はそのままデシルの墓穴になります(実際になりました)。
ただ、ゼダスの装甲と機動性はスパローにも引けを取らない程度に改良はされていたようです。

デシルというキャラクターを考えるとき、彼の驕慢な性格はとても重要です。
彼がAGEシステムを見落としたのも、フリットがXラウンダーであることに気づけなかったのも、ユリンを洗脳しなかったのも、この驕慢さが原因です。
ユリンがどんなヤツで何を考えようと、Xラウンダーとしてより優れた能力を持っている者が支配できれば、問題はない、ということだったのでしょう。
※フリットがXラウンダーであることに気づくチャンスも2回ありました。

ここで、AGEのテーマが絡んできます。
AGEのテーマは進化です。人間が知恵と勇気をふりしぼり、人間同士もつながって「困難」を解決できるようになることです。その体現者がフリットでありガンダムである。
このフリットたちの対極の存在がデシルです。最初から能力に恵まれ、でも、人の気持ちは理解しようとしない。
だから、デシルはAGE式の進化ができない。

結果、デシルが言っていた「能力者同士」云々という場の特性をフリットたちがそのまま活用し、今回でデシルは一敗地にまみれています。
フリット編での「進化」の決着がここで一回ついたことになります。

同時に、次の、そしてAGEがガンダムの名を冠するゆえんである命題が出てきます。
「困難」が人対人の殺し合いの場合でも、果たして進化による克服が出来るのか?という問題。

今回、「命はおもちゃじゃないんだぞ!」といってフリットはキレました。命が大事だからこそ、フリットはデシルを殺しませんでした。
しかし、フリットはまだ、UE=人間、だとは完全には認識していません。
一方、UE=討つべきモンスター、と自分に言い聞かせて良心を押し殺したグルーデックがいます。
この二人の決着はフリット編のヤマとなるはずです。
ここにユリンとデシルを持ってくると思ったのですが、外れました。


ですが、この二人の決着は次回、もっとはっきりした形で出てくることになりそうです。
なぜなら、二人が次回で殺そうとする相手は、アラベルという10歳の男の子の「おとうさん」だから。

ff993177904c05a840fd71a169920ac0_convert_20120116021201.png7ee5ea46403708aa755f596d37d9d0bc_convert_20120116021035.png

今回のラスト近くで、出撃するギーラを心配そうに見送るアラベルと、息子の方に一度振り向き、微笑んでみせるギーラのシーンがありました。
このアイコンタクトをわざわざ入れてきた以上、制作スタッフはグルーデック問題の決着を正面からがっちり描くつもりでしょう。
憎いカタキは他の誰かの大事なカゾク、という戦争の基本構図が次回出てくるはずです。


がっちり、といえばユリンが何で敵なのかの理由は肩透かしされました。
デシルの血縁でもUEの脱走者というわけでもなさそうです。「断ることは許されない」とデシルが言っているので、Xラウンダー自体がとても希少で、UEはXラウンダーの回収を積極的に行っており、連邦が黙認していると言ったところでしょうか。


それにユリン、助けられたよね・・・・・・・
コクピット頭部だし、ノーマルスーツ着てたし、手足は拘束されてなかったっぽいし・・・

とかいおうとしたのですが


彼女には別の、もっと素晴らしい答えが用意されていました。

ユリン、この戦いで死ぬつもりだったようです。
「こうするしかなかった、フリットと会いたかったから」「わかっていたのに」「会ったら気が済むと思ってた」「でも、もっと生きたかった」と言っています。今回の彼女のセリフ、過去形と諦めに満ちています。
これらのセリフとあわせると、彼女の今回登場時の安堵したような表情(「やっと会えた・・・」)の意味がわかります。
ほんの数日会っていないだけなのに、なんで「やっと」なのか。死ぬ間際だからです。
死ぬことを決めてからの長い長い数日の果ての、文字通り命に代えても絶対に叶えたかった一瞬だから、です。

36d752ebf01846d64985fe503a74ca25_convert_20120116045125.png

死は覚悟していた。その前に一目会いたかった。会ったら死ぬつもりだった。
自分が止める間もなくフリットを殺す手伝いをしてしまうことになったのが、計算外だった。
こんなところでしょうか。

最初からチャンスを見て死ぬつもりだったから、彼女はフリットにごめんなさいを言いません。助けも乞いません。
でも、いざとなったらフリットともっといたいと思ってしまった。
だから、「生きるのって難しいね」と言って死んでいきます。

ユリンが覚悟していたから、ユリンのXラウンダー能力が「(フリットと)共鳴して何倍にもなり」、ごく短時間でデシルの束縛を越えました。そして、「Xラウンダーによって能力が大きく引き出される」ファルシアが、土壇場でデシルとフリットの間に割って入ることが出来ました。ぜんぶ当然の帰結です。

※ユリンが「ダメ!」を言うたびに、ファルシアのガンダムへの攻撃がどんどん緩和されていっています。
 1回目:5機のファンネルでの集中攻撃。ただしフリットがよける余裕がある程度に微妙に狙いが外されてる
 2回目:3機のファンネルにより、狙いが散漫な波状攻撃
 3回目:ファンネルは発動せず、ファルシア自身がゼダス以上のスピードでフリットを守るために割って入る
 ファルシアのファンネルは6機。ユリンの意思で戦いをやめたファンネルが増えていっていることがわかります。

でも、デシルはこの現象がなぜ起きたのかを理解できないでしょう。
今回の彼自身がユリン登場直後に理由を解説しているにも拘らず。

デシルの認識には、こうした人間の気持ちの強さとか、人間の成長とかの概念がまるまる欠落しています。
ただし、現時点のフリットもユリンの覚悟には気がついていないと思われます。

そして、ユリンがこの選択をしたことが、フリットの今後と「討つべき敵」に大きく影響してくるはずです。
私はフリットが復讐鬼になるとは思えず、世界の構造を正す方向にいくと見ています。
(「生きるのって難しい」「何でユリンは死なねばならなかったのか」を真面目に考えていくと、単純にUE憎しとはできなくなります。ユリンの末期のセリフが「ありがとう」でも「さようなら」でも「好きだった」でもないのは重要なポイントです)

ユリンについては、よくララァやフォウが引き合いに出されています。
でも、私は今回の彼女のシーンはまったく別物だと考えています。強制も洗脳も強化も、される必要がありません。
生臭い感情をむき出しにして出てきたからこそ、覚悟が光ります。
覚悟があったから奇跡が起きて、命が生かされています。
そして、この生臭さでユリンというキャラの魅力も倍増しました。
人工的な手を入れず、人間の意志と感情だけで勝負してきたこのシーンとセリフには、十二分に説得力がありました。
とても美しいものだったと思います。


これは、「命はおもちゃじゃない」発言や、フリットがデシルを殺さなかったこと、それから救世主の概念にもつながってくるポイントです。AGEは後半で、人の「心の救済」とか「赦し」の概念を入れてくるかもですね。
やっぱりコレ、深く深くガンダムです。
そして、ユリンのシーンはララァとかフォウとか、強化人間の悲劇とかとは全く別の文脈で語られるべきシーンだと思います。


そのガンダム、今回タイタス突入時にフリットの気持ちに反応したとも取れる描写がありました。
演出なのか、それともガンダム自体が何らかの可能性を秘めているのか。


一方、グルーデックの作戦と言動で、UEの正体について新たなヒントが出ました。
まず彼は「ディーヴァは要塞に取り付くまで沈まなければいい」と言っており、要塞に対しては破壊ではなく突入を優先させています。「最奥部に到達して何かをする」ことが全てのゴールになっている模様。それも彼らを取り巻く状況自体をひっくり返せるレベルで。
マッドーナの移動工房が後詰に来ていることもあるのでしょうが、やはり告発が目的、かな?
また、もし長期戦になった場合はマッドーナ工房を移動基地にして車掛りで攻めていたものと思われます。

もうひとつのポイントは、前回に続き今回もUEを「コウモリ」呼ばわりしていること。
闇にコソコソ隠れていることの比喩なのか、それともUEの人たちの何らかの立場や過去の行いの比喩なのか。

次回でUEが人間だと言うことと、連邦との関係が明らかになるはずです。
それはフリットにとって、救世主=手を汚す覚悟もしなければならないもの、という現実に直面することでもあります。

フリットたちは、ギーラ・ゾイとアラベル・ゾイにどう接するのか?
締めに向け、フリット編も盛り上がってきました。



そのほか小ネタ。
今回のユリン登場直前のデシルの「キャハ」という笑いは5話の鬼ごっこのときと同じもの。
つまり、デシルにとっての「いのちのやりとり」は鬼ごっこと同じ程度のもの。

また、デシルはこの命のやり取り遊びを前にもやっていたフシがあります。
連邦が過去ずっとUEに勝てなかったのは、勝てそうなエースがデシルにタイマンで落とされていたから、という可能性があります。


今回、ラーガンとウルフの能力の差別化が描かれました。
パイロット個人として能力が傑出しているウルフと、隊長としての能力が傑出しているラーガン、という対比です。
なお、ジェノアスの描写に力が入っているのは今回からではないです。最初から地味に見せ場は結構ありました。


それにしてもユリンの死の描写はきれいですね。
景色が初夏から落葉を経て雪のモノクロに変わっていき、徐々にユリンとの距離が遠ざかっていきます。


最後に、今週印象に残ったシーンを入れていきます。
心のキャッチボールの描写という点では、AGEは相当頑張ってると思います。

e250d78639d3fc3a83a64c4c135eff66_convert_20120116023954.png

85998f5c4de8d5ee2d7f1d196ba5c25f_convert_20120116004409.png

9575e354c408b1fdcdf1ced104644765_convert_20120116032753.png

01e5f8f4974f93dd6a8e6b29bd5cb0dc_convert_20120116024226.png



役割を終えてタイタスが壊れ、退場していくところも美しい演出でした。


b08d3bc1ecd16d7dad3c3142a1ffde78_convert_20120116031707.png


2f9677e5b11fef15038434d8d6b9427f_convert_20120116031631.png


d140a67b42fddaed7fbefe17c8642e59_convert_20120116031058.png



綺麗な弧を描いて流れ、命の灯の終わりを象徴するかのようにディーヴァの誘導灯が消えます。
全体に、とても美しい回だったと思います。
次回も目が離せません。


60b2cf5711842b136afd095dd44e40df_convert_20120116032420.png

d2bf05a1b071e0956e49f9a81fa8ce39_convert_20120116032447.png






【皆様へお願い】
最後までお読み下さってありがとうございました。
この記事を読まれて少しでも共感するところがあったら、お手数ですがイイネやランキングへの投票などのフィードバックをお願いします。
皆様のご支援が、次回以降にご提供できる記事の質の向上に直結します。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tag: AGE  再評価  ユリン  デシル  死ぬつもり  コウモリ 
tb: 2   cm: 2

コメント

ミクシィにコメントありがとうございます


電帥さんの日記も興味深く見させていただきました
ほとんどの部分で同感ですね
かなり良い話だったと思います

>フリットもガンダムへの絶大なる信頼から死がリアルに感じられかなったでしょうけどデシルという強敵が現れた事で変わりました
私はフリットは自分も死ぬ存在だとは思ってると思います
母から受け継いだガンダムという神が自分の味方になり「救世主」になれると子供らしい純粋な心で思っていたんでしょう。神にも悪魔にもなれる魔人のように
ただ現実はそこまで甘くは無く初恋の相手であろうユリンも失った(自分を救う為なのはまだ救いですね)

デシルは自分は周りとは違うエリートって意識が強いですね
能力は振り向き撃ちをいきなりできた時点で半端ではないでしょう
問題は今まで格下ばかり相手にした事でフリットに押されまくっている事ですかね

そしてユリンについてですが
助けられたとは思います
ただ神の視点でなければ頭にコクピットはわからないでしょう
ユリンも気を失ったまま乗せられたっぽいのでわからなさそうです
それに乗る時に手足はガッチリ拘束されてました
さすがにユリンも逃げられるなら逃げるでしょう

私はユリンは死を覚悟してはいたと思いますが死ぬつもりは無かったと思います自分が死ぬことになってもそれでもフリットに会いたかった
親兄弟は既に亡く義理の親は信頼できない
天涯孤独の身のユリンにとってフリットの存在はかなり大きいと思います
しかも2人はほとんど恋人同士のような感じでしたしね
どうせUEに奪われる命なら命を懸けてフリットに会おうと決めたんでしょう
諦めの気持ちを精一杯プラスに向けた結果だと思います

ただフリットの場合と同じく現実は厳しかった

それとビットって5機じゃなかったでしたっけ?
5角形の形でファルシアの周りを飛んでたような
勘違いだったらすみません

レッドホーン #- | URL
2012/01/17 23:45 | edit

熱いコメントありがとうございます。
Mixiの方で返信いたしました。

こうしてみると剣士対ニンジャの構図にもなってるんですね。
ホント目が離せない。多忙時には毒です笑
音として流してるだけでも十分聞き応えがあります。
登場人物たちが無駄に息を呑んだりしないのも、すごくイイ!

ビットの数問題について。
ファルシアの背後でビット5機が円を描くシーンは、6角形より5角形の方がしっくりくる気がします。桜の暗喩なのかもですね。

さわK #- | URL
2012/01/18 09:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/45-4bdf79f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE第14話『悲しみの閃光』の感想レビュー

まさかの!…というよりは案の定ユリンが…回でした。 だいぶ前から噂にはなっていましたが、やはりララァオマージュになってしまってカナシスですね。 仲良くなる過程自体は描写が

gurimoeの内輪ネタ日記(準備中) | 2012/01/16 17:58

機動戦士ガンダムAGE #14『悲しみの閃光』

ユリン(´;ω;`) と言いつつ、正直ユリンがフリットを庇って戦死するまでの展開はちょっと強引なんじゃないかと感じました。もう一つ二つ裏が無いと、なんだかよくわからんかっ

ゼノタのブログMk-II | 2012/01/16 20:38

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop