Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » アルドノア・ゼロ »アルドノア・ゼロ 第9話感想 「追憶装置」

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アルドノア・ゼロ 第9話感想 「追憶装置」  

今日は2時間遅れで済みました。。。。が


何書けばいいんだよコレ!!!!!!!

とりあえず大人しく見ろ

何かが気になるんだったら今までの話を見返せ

それでも気になるならOPとEDをヘビロテしてたまに公式サイト見よう

まだ我慢できないならとりあえずまどかマギカをTV版と劇場版全部見てガルガンティア見ろ


これだけやればきっと一週間たってます。

ああうん、他の虚淵作品も全部見てみると良いと思います。
まどかとガルガンティアを推してるのは俺がそれしか見てないってだけです。

と言うことで、アルドノアゼロ(ALDNOAH ZERO) 第9話 「追憶装置―Darkness Visible―」感想行きます。ネタバレになるので注意。
見てない人は大人しく本編見ましょう。本編を先に見ることを強く強く強くお勧めします。









とりあえず。。。。



チキン


鳥!!!!食うなよ!!!!!!www

火星人が物を食べるシーンが出てきたのは重要なんだけどね。。。。


希望の象徴が。。。。wwww

Bvu5UW7CIAEl9_a.jpg



あと
ロボ戦えよ!!!もう2週間もロボット戦ってねーぞ!!!!!!
80年代のアニメだったら8話も9話も内容サクサクAパートで終わって後半で敵が攻めてきてたと思います(そしてイナホにやられる)


ああうん、本編の展開はアバン(歌の前の導入部分)から衝撃のラストまで凄まじかったです。
あの様子だと、ザーツバルムさんが丁寧にしてくれた背景説明もきっと本当のことなのでしょう。

しっかし虚淵作品って(俺の知る限り)、みなさん馬鹿正直にクソ真面目で遊びがないですね。
意味もなく他人の足を引っ張るヤツとか、イヤな嘘をつくヤツが出てこない。まどかマギカのキュゥべえも含め。
人間ってもっと生々しくてどうしようもないものだと思うのですが。。。

ひたむきであるが故に自爆したりすれ違う。でも、それだけ。
ただし、そこに美しさや哀しみがある。
まー娯楽だし、こういうモンだなと思って肩の力抜いて見るくらいがちょうどいいんだと思います。

ああうん、俺まどかの映画追いかけて地球一周とかしましたしキュゥマミに人生全張りしてますけど、まどかが教典かっていうと違うし、虚淵さんを尊敬しているかっていうとそんなこともないです。文章からもにじみ出てると思いますが笑

閑話休題。

ザーツバルムさんの今後とかスレイン君の立ち位置とか、とりあえずおいておきます。
ああうん、ここであっさり殺されてたらどうなってたんだろうね?とは思う。ザーツバルムの交渉勝ちでもあるけど。

ここで死んでいれば

漫☆画太郎ならば間違いなくここで殺す。

ザーツバルムがどういう人なのかは今回でかなり明らかになりました。
この人もクソ真面目です。大丈夫かね。

彼の背景が明らかになったことで、前回でクルーテオに向けた一瞥の正体も明らかになりました。
ザーツバルムはクルーテオをよく理解しています。友人だったというのも正しい情報だと思います。
ザーツバルムがクルーテオに下した評は「真の騎士」。クルーテオがいかにも喜びそうです。

そして恐らくは、「“良くも悪くも”真の騎士」というニュアンスなのだと思う。
真の騎士、だからこそ、ザーツバルムからすると侮蔑の対象でもあるし、「忠義を誓う」という一点において、ザーツバルムにかなり評価をされていたのだとも思います。ザーツバルム自身が人から受けた恩を大事にする人だから。
一方、軽蔑されたのは忠義の対象が王権であるから。

逆に言えば、スレインが頑張る理由が「姫への忠誠心から」ではなく「惚れた女のためだから」になれば、ザーツバルムはスレインに更に好意的になるのではないかとも思います。

ともあれ、
“真の騎士”を驚嘆させたスレインはやっぱり真の火星騎士だったんだよ!!!

この点、スレインはザーツバルムにも正しく評価されていたように思います。

逆に言えば、クルーテオがスレインを認めたことや、和平を持ちかけようとしたことは聞こえていなかったように思います。
つまり、ザーツバルムの中では火星人はまだ「頑迷で度し難い連中」なのかもしれない。


また今回、戦争被害者が象徴的に描かれました。
戦争被害者、タイトルと絡めると追憶に縛られてる人達。
つまり、ライエ、鞠戸大尉、そしてザーツバルム、あと姫様。

ほむらちゃんキター なんですが 
※ほむらちゃん=大好きな友達を自分の手にかけたトラウマで神様より強くなって自分とか世界とか色々変えちゃった人。

ああうん、虚淵さん的なトラウマのパターンも大体決まってるのね でもあるのですが、
心が壊れそうな不条理にぶち当たったときの、強い人と弱い人のギャップ(天才と凡人のギャップとも言える)。
その差が作りだす人間ドラマというのも虚淵さんだなあと思いました。

だから鳥喰うなよ。ソレ希望なんだから。

チキン


鳥が何を示していたのかを考えれば、一回希望ぶっ壊れたね、といったところ。
9話といえば、まどかマギカだとオクタヴィアと杏子が死んだ回です。
そういえば杏子とさやかの確執ってああうんライエと姫様だね、とも思う。

ガルガンティアだとイカの巣を皆殺しにする回でしたね。どうも3/4(2か月)きたところで希望を殺すのが定番なのかな?
一回徹底的に落ちるのがこの辺みたいです。
アルドノアゼロでも、次回から一気にラストに向けて強い敵が出てくるのでしょうかね。

公式サイトを見ると宇宙でも戦うらしいので、今回のクールで地球編が終わって次のクールで宇宙戦争になるのかもしれません。てことはザーツバルムもこのクールで死んじゃうのかな?

ああうん、姫様は死ぬわけがないと思います。船も沈むから。


というか、むしろ気になったのはこちらだったりします。

地図5
(クリックで拡大)


アメリカでやられた場所がニューヨークでもロスアンゼルスでもワシントンでもシカゴでもなくニューオーリンズだったのは、ぜんぶヘブンズフォールで消滅していたからなのネ、と。
アメリカの中枢が壊滅していることが、地球連合の本部がロシアにあることの理由その1のようです。

理由のその2はこの地図。

地図
(クリックで拡大)

地図帳を参照していただくと分かりますが、揚陸城は基本、「私たちが知ってる地球」の主要都市を狙って降下してきています。
ロシアに対しては、セオリー通りにモスクワ方面、北洋艦隊方面、中央アジア方面、極東方面に楔を打ってきています。

地図3
連合軍本部


一方、デューカリオンが向っている地球本部はこのあたりです。
湖の位置が正確なので、私たちがグーグルで検索できる地球と同じと考えて問題ないと思われます。

はい、そういうことです。連合本部、何もないところに新しく作られています。


地図4


逆に言えば、火星人の認識している地図は古い可能性が高い。
言い換えれば、私たちの知っている2014年の地球と、劇中の彼らのいる地球は地理データがかなり異なります。

どう考えても戦力差が歴然なのに何で地球側が余裕だったのか?見返した時から疑問だったのですが、一つの答えはこの差異の中にあるのかもしれません。
デューカリオン問題や種子島問題とも、恐らく根っこが同じです。地球軍はこの14年間、何らかの隠し事をしています。
この問題に絡む「世界のウソ」が、ザーツバルムや姫様を含め劇中の全員が振り回されている共通の敵になってくると、私は思います。

ただ、火星でも一基、連合本部の近くに降下してきている揚陸城がいます。
良いカンをしている騎士がいるか、不正確ながらスパイ網があるのかもしれません。

確かなもの、不確かなもの、それに関わる人間の足掻きとすれ違いなんかを見ていくと面白いのかもですね。

※このほか、パリとロンドンを狙ってなかったり、エルサレムが手つかずだったり、見ていくと面白いです。


純真な心に切れるアタマを持つ、翼があるのに飛べないスレインと、
クールさを緩いノリで包み、翼がないのに軽やかに劇中世界を駆け抜けるイナホたち。

さて、世界はどうなるのか?

まー切ない話でした。スレインのお守りが凶器になったり、鳥が食べられてしまったり。
とても印象に残った二人の表情で〆たいと思います。


2225-300x168.jpg
ザーツ

ライエもザーツバルムも切なかった。
裸よりも、首を絞めるライエの方にむしろ色気がありました。
彼女がずっと押し殺していたナマの心がむき出しになっているから。
ニロケラスに一矢報いることにしても伊奈帆と距離を詰めることにしても地球人と仲良くなることにしても、自分を好きになることにしても、ライエは切望するけどできなくて、姫様は当たり前に出来てしまう。

ポイントは、ライエが戦場という状況に相当ハイレベル適応できるように大事に育てられた人間だという事。
身についたスキルは、彼女と父との絆の象徴でもある。
こういう戦場でこそライエが能力発揮できるはずなのに、実際には能力で劣るはずの姫様の方が活躍し、スポットライトを浴びている。血筋とか本人の気質とか、ライエの努力をちゃぶ台返しするような理不尽な力で。
なんなのそれ、ではあります。

ライエ本人の否定もそうだけど、この理不尽な構図、ライエが嫌う火星の身分の弊害そのものですよね。
姫様の活躍で、ライエは二重に殺されている。自分を否定され、自分の拠って立つグループも否定されたわけだから。
姫の命が危ないときは、ライエも心を殺されています。

ライエ9話

まーでも大丈夫。ヒロインが死ぬわけないじゃないか。



てか領民ってナニ?そんなに人口いたっけかこの人達?
そういえば「他者を気にかけている火星人」自体が珍しいんですよね。


公式サイト
過去感想まとめ(私が火星軍を最初から心配している過程が克明に記録されています)
OPについてのメモ(いずれ記事にします)
その後の相楽さんとのお話 (今まで出てきたメタファーの大体の意味が解説されています)







このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

category: アルドノア・ゼロ

thread: ALDNOAH.ZERO アルドノア・ゼロ

janre: アニメ・コミック

tb: 2   cm: 5

コメント

みんなの感想を読んでみると、「テロを起こした罪悪感が無い」。「同じ火星人なのに父の仇と言うのはおかしい」という理由で、ライエを嫌う人が多かったです。私も最初はそうだったのですが、ライエの生まれや立場を考えてみると、火星人を憎むのは当然だと思えてくるのです。なぜなら、ライエは地球生まれの火星人だからです。ライエの父親は15年前に地球に潜り込んだ工作員であるが、その頃のライエは赤ん坊であったはずです。つまりライエは地球の文化の中で育っていったことになる。父親からヴァース帝国について聞かされたと思うが、「パパの生まれた国はこういう所だよ」ぐらいなものだろう。地球の文化に浸透されていったライエには、火星人であるという認識が薄く、地球人としての認識の方が強かったはずだ。そんなライエの立場から考えてみると、自分が火星人と同じ民族である自覚が持てないのは当然だと思う。要するに、ライエは日本生まれの外国人であるのですよ。

ヒロシ #- | URL
2014/08/31 17:00 | edit

はじめまして

アルドノアゼロ面白いですね。
毎回、立てた予想が綺麗に覆される展開に腹立たしくも楽しく視聴しています。
あそこまで追い詰められたライエの精神状態なら自分を消す選択を取った可能性もありますが、それまでの環境で培われた高い戦闘能力が、ストレス対象のアセイラム姫を消す方向に向かわせたのかもしれませんね。
虚淵作品はガルガンティアとブラスレイター位しか視聴してないのですが、マイナーどころの後者も確かに馬鹿正直にクソ真面目で遊びがない主人公が、悲壮感を一身に背負って活躍するアニメでした。

うっしー #- | URL
2014/09/01 13:30 | edit

Re: タイトルなし

>>ヒロシさん
ライエがかわいい女の子じゃなくて、背景も語られないキャラだったらどんな印象になっていたのか、ってちょっと考えてみました。

コメントありがとうございました。

さわK #- | URL
2014/09/04 16:35 | edit

Re: はじめまして

>>うっしー様
コメントありがとうございます。
パターン決まっていて、限界もあるんだけど、やっぱ良く作り込まれてるし面白いと思います。単純に情報量が多い。

さわK #- | URL
2014/09/04 16:56 | edit

あと、地図のコメントありがとうございました。
モノ見つけたのですが書くべきことが多すぎてまだ記事にできてません。

ああいうの、とてもありがたいです。


さわK #- | URL
2014/09/04 17:30 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/441-b4049638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

何故「アルドノア・ゼロ」9話を見て「SHUFFLE!」の空鍋を思い出したのか?

「アルドノア・ゼロ」9話は、ライエによってアセイラム姫が絞殺された展開が衝撃的だった。 ※アセイラム姫が本当に死んだかどうかは今後の展開次第。 私は、アセイラム姫のお風呂シーンはサービスシーンかなと思って見ていたので、 いきなりの展開、しかもこの回の時点では姫が死んだように描かれていて驚いた。 このアセイラム姫を殺そうとするまでに歪んだ想いを抱いたライ...

失われた何か  | 2014/08/31 07:06

(アニメ感想)ALDNOAH.ZERO -アルドノア・ゼロ 第9話 「追憶装置 -Darkness Visible-」

投稿者・フォルテ 【Amazon.co.jp限定】アルドノア・ゼロ 1(オリジナルデカ缶バッチ)(完全生産限定版) [DVD](2014/09/24)花江夏樹、小野賢章 他商品詳細を見る ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!毎週水曜日と金曜日21時半から アニメ系ネットラジオ「ピッコロのらじお♪」を放送!一週間のアニメの感想を語り合っています。 掲示板も設置、アニ...

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2014/08/31 09:51

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。