Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » まどかマギカ »まどかマギカ叛逆の物語感想(バレ注意) 『ルミナス』の真相(オマケ) 劇場版『コネクト』について。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

まどかマギカ叛逆の物語感想(バレ注意) 『ルミナス』の真相(オマケ) 劇場版『コネクト』について。  

前回でルミナスに触れました。
オマケ程度にコネクトに触れておきます。

劇場版、ほむらが編集したんじゃね?という傍証になります。

コネクト001



ルミナスの映像見てるついでになんとなーーーく見てみて、あれ?と思いました。



コネクト001


コレ、指摘してた人いるんですかね。


はい


コネクト002




はい

コネクト004


うん。そういうことです。


誰よコレ?
パッと見、「いろんな時間を飛びまくったほむら」の比喩に見えるシーンでした。
っていうか、そう思ってました。

違う。
こんなほむら、劇中に出てきていない。


メガネをかけているけど、髪がほどけたほむらです。
流れている曲はコネクト。
いろいろな時空をさまよっているのは、ストレートだけどメガネをかけているほむら。


そこを

コネクト005

クーほむになったほむらが通り過ぎていきます。

「髪」「メガネ」「原罪」あたりのキーワードが、この時点ですでに仕込まれています。



『ルミナス』でまどかに頬ずりしてほしかったほむらがクーほむであること、『叛逆』劇中メガネのほむらの扱いを見ると、どうもメガネが弱かった自分、罪を犯した自分の象徴で、解けた髪が決意の象徴のようにも見えます。


前後編がほむらの編集だとするなら、ほむらがどういう認識で自分の過去を位置付けていたかが垣間見えます。


呼応して、エンドカットも変わっている。

コネクト009

ここでまどかと一緒にいるのが、リボほむでもめがほむでもないのがミソ。
ほむらがまどかと一緒にいたがるのは、一貫してクーほむとしてです。
『叛逆』のラストも踏まえると、ほむらの中での「まどかとの対等」とか自立した関係というのはクーほむとしてなんじゃないかな?とも思う。

このように、TV版の「史実」に対して、劇場版でどのような改変が加わったのか?を見ていくと、些細なところで不思議なものが見えてきます。本編に出てこないものが出てきている。
『叛逆』も踏まえて理由を振り返ると、あるべき必然があります。

劇場版のルミナス・コネクトの編者がほむらであるなら、彼女が何にこだわり、自分がどうありたいのか、も、見えてくるものがあります。

ほんの少しの改変ですが、TV版と劇場版で、同じ曲から違うものが伝わってきたり、「ああこういう意味が見いだせるのか」というものがあります。

劇場版の一連の歌を追いかけて行く過程で、私はほむらの強い思いを感じました。あながち錯覚でもないと思う。
初めて劇場版を見たときから1年、ずっと感じて追いかけていた「ルミナスの風」の正体が、暁美ほむらという人間の強い意志、というのは、私にとっては納得のいく答えでした。

『叛逆』を見終わったとき、すんなり、うちのキュゥマミはほむらの肩を持つだろうな、と思えたのです。
「たとえ、世界を滅ぼしてでも」ってキービジュアル見たときは「ぶっとばしたろうかこのクソメンヘラwwww」って思ってたんですけどね^^;
彼らも神兵って名乗っていい程度にはまど神様のご加護受けてましたし。

でも、こうやって見てくると、どうも、ルミナス聞いたときから全部必然だったように感じます。
1年後の未来からほむらに呼ばれていた、というのは、ちょっとかなりすごくうれしい笑。


もうひとつ面白いのが、コネクトのこのカット。

コネクト008
コネクト007

「私が裂けちゃう」は、まさにこの状態の巻き戻しでもある。円環返しとでもいうべきか。


いやーやっぱ叛逆面白いですね。
毎回寝たいんですが寝かせてもらえません。フィルムのために行くっていうのもなんか勿体ない気がします。


上映館の情報はこちら













にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: まどかマギカ

thread: 魔法少女まどか☆マギカ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 2

コメント

ルミナス解説。なるほどなーです。
TV版で終わり微妙だなーって思っていて、叛逆見て何かが目覚めてドはまりしたので、総集編はノーマークだったのでとても参考になりました。1回通しで見ただけではなかなか難しいですね・・・

ルミナスとは違いますが、劇中でまどか母が間違った方法でも~のくだりがありますが、叛逆はこれに対しても答えをだしてるんじゃないかなーと思いました。
まどかは正しすぎるので、その隙間をほむらが埋めてくれて、作品としてはこの上なく仕上がった、良い作品になったと感じます。
続きが出ればうれしいですが、これはこれでいい終わりですね。
コメント失礼しました。

にび色のソウルジェム #- | URL
2013/11/18 16:47 | edit

Re: タイトルなし

>>にび色のソウルジェム さま
ああ、なるほど!
前後編まだ見返してないんですが、「一緒に間違う」ことをやった場所で、『叛逆』ではまどかとほむらが再会してますね。そのあと、まどかとキュゥべえが話していた噴水(キュゥべえが射殺される場所)を通り、花畑に行きます。
『叛逆』はTV版と劇場版を全部見返さないと完全には意味が通らないのかなーと思います。なじみのある場所を、やや違う意味でかけ合わせてくることが多用されているので。まどかの、お母さんお父さんとのやり取りでも、なんであのやりとりだけが残っているのか?は、今見返すと違う意味が見えてくるかもです。




さわK #- | URL
2013/11/18 19:08 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/376-e281824d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。