Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » まどかマギカ »まどかマギカ叛逆の物語感想その8(バレ注意) 連休リピーターの方向け、叛逆の物語が3倍楽しくなる8つの工夫

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

まどかマギカ叛逆の物語感想その8(バレ注意) 連休リピーターの方向け、叛逆の物語が3倍楽しくなる8つの工夫  

早いもので、明日で『叛逆の物語』の封切りから一週間です。
待ちに待った2回目にいらっしゃる方、特典ゲットを狙われる方、なんとなく気になっている方、などなど。
3連休でまた見に行かれる方向けに、ちょっと書いてみます。


友達とか後輩と見て、見終わった後でちょっと解説入れるとしたらどの辺かなーと思ったことをつらつらと。
色々仕込みがある作品なんで、予備知識と思い入れの量はそれなりに感動の質を高めると思います。

コメントありがとうございました。プライベートが論外レベルで死に掛けてるので申し訳ないですが記事を優先します。5日過ぎにはコメントお返しできると思います。





本当は叛逆をきっかけに過去作品や、まどか関係の情報の公開のされ方を見返すのがいいと思う。
ひとつが、叛逆で過去作品が再定義されているから。
もうひとつが、「劇場版の情報を公開した後」からの情報の出され方が二通りの意味を持つように作られているフシがあるから。

別に「だからすごい!」とかじゃなくて、発見して私自身が結構楽しめて、この作品を追いかけてきた人生が良いものだなって思えたんです。



まず結論。
言い出すとキリがないです。

これじゃあ身も蓋もないので、私が役に立つと思う順番で紹介します。


1:前の劇場版を見返す
時間がある場合、劇場版の前後編を見返すのが鉄板にして最強です。
売りたい人たちも、勝算があるからこそあそこまでプッシュしてあの順番で売ってきています。
内容的にも連続性があるので、時間があるならおすすめです。
全部で5時間弱かかるはずなので休日夜か休みの半日取られますが、新編見た後だったらまた違う発見があるはず。





ンなもん知ってるよ?さっさと考察教えろ、という方向け。


2:考察のまとめを見る
考察だけ気になる場合はNAVERのまとめがかなりいい感じです。
派生しているものを全部追いかけると、やっぱり2時間くらいかかっちゃうように思います。

で、ここのまとめにはまだ載ってないはずのおすすめ
ここの考察。これは本当に良い記事です。私のように無駄に長くなくて、時系列でまとまってる。
記事が5つありますが、実際の考察は3つです。長いですがサクサク読めると思います。



3:劇場に参考資料を持っていく
劇場でアレ?このシーンどうだったっけ?と気になった場合は、



TV版準拠なんでちょっと質が落ちるんですが、私の知る限りコレが一番便利です。


4:今までの音楽のおさらいだ!
劇場版のサウンドトラックは劇場版のDVD(BD)に同梱されています。レンタルでもあるはず。
「まどか BGM」で検索すれば何かが見つかるかも。昔Youtubeで聞いた覚えがあります。

また、これまでの歌のうち、本編に特に関係するものの歌詞はこちらになります(曲名のリンクで飛べます)。
コネクト



TV版のOP。ほむらの気持ちの原点とされる曲。

ひかりふる




劇場版『永遠の物語』のED。
ほむらの心情っぽい歌です。『永遠の物語』のエンディングの黙示録と対になっています。

黙示録は(ここで文字に起こしました。れいの魔女文字EDってやつです。)


今作の曲。
カラフル
君の銀の庭




誰のどんな心情かは、映像がよく表していると思います。

Misterioso
『君の銀の庭』にカップリングされている曲。挿入歌として使われました。ほむらを助けるためにみんなが力を合わせて戦うときの曲です。
これだけ、歌詞が発見できませんでした。私が聞き取れたら書いていきます。
あわせて、ここでの記事。サクッと読めます。
円環のモチーフは意識してみると面白い。
(OPからして、すでに円が出てくる場所、来ない場所があります。
 円が出てこない場所で誰が出てくるか、見てみると面白いです。)


5:劇中に出てくる変な文字(魔女文字)を読めたら、何かわかるのかな?
魔女文字、気になる方や誰かに説明したい方はこれをA41枚くらいにプリントしてクリアケースに入れて持っていくと良いかも。
既に解析が結構進んでいます。ここ参照。



6:劇場にいるなら、まずパンフレットを買おう!
なお、私の記事をわざわざ読んで下さるくらいにまどかに関心持っちゃった人は劇場でパンフレットを買うと面白い発見が多々あると思います。


7:私の発見を見たい場合
小ネタは言い出すとキリがないのですが。。。
ココに感想をぶちまけてます。こっちの記事になってないもので気が付いたポイントは、大体ここの28日以降とかのツイートで落ちているはずです。

その1
その2


8:付随するイベントに行ってみる
あとは、コンサートや原画展、行ってみると面白いと思います。
特に東京での原画展。まどマギ好きだったら行って損はないと思います。

グッズいくつか諦めて2泊3日くらいで東京回っても面白いんじゃないかな。
東京自体がまどか都市になっている感があります。
東京でまどかデートしても普通に2日どうにかなるくらい、回るポイントがあります。

おすすめはこの連休で終わる六本木ヒルズの原画展。とにかくおすすめです。
私はあそこで、まどかマギカがある時代を生きているんだなって実感できました。

ほかの地方でもいい場所にまどか展が来ますが、ヒルズは別格です。
その地方の顔、ではなく、国の顔になりうる場所だから。
デートスポットだけあって、場所の空気自体もとても良いです。

人生であの空気を知っているかどうかは、自分が自分自身の感性や趣味に対してどれだけ自信を持てるか、につながると、私は思います。これはコンサートでも感じた思いです。

だから、ちょっと無理してでも行く価値はあると思う。


もうひとつは、ナマのほむらちゃんの像が見られることです。
『叛逆』でほむらというキャラに強烈な何かを感じた方だったら、行く価値はあると思います。

私は彼女のあまりの小ささ(突き飛ばすと吹っ飛びそうです)と、でも絶対に吹っ飛ばせそうもない強いたたずまいが大好きでした。像を叛逆視聴前に見ていて、そんな像を映画の時期に被せてくる作り手の心意気への信用があったことが、物語での感動を増幅させました。

ヒルズの原画展情報はこちら
この連休で終わりです。

まどかのコンサート(オーケストラ)情報はこちら
まどかマギカのストーリーに思い入れがある人だったら、足を伸ばす価値があると思います。



で、なんなの?

いろいろ紹介してきました。

自分の感性で色々触れることで、彼女(たち)や、その生きる世界、それから、その世界を作った作り手たちやその時代を育てた人間たちの心意気に共感し、感動ができると思うのです。

まどかマギカは一つの歴史になりつつあります。
その歴史にナマで触れることは、触れた人にとっても自分の生きた歴史にもなります。

確かに、猫も杓子もまどか、まどかで、お札でお金を吸い取られている感があります。
その結果、私たちが何を手にしたのか?
一つの答えがこの空気だったり、感動だったりすると、私は思います。

時代の風が吹いている今は、大きなチャンスだと思うのです。



上映館の情報はこちら




どんなヤツがどのくらいの根拠でコレ書いてるの?ということご興味がある方は。
・前編後編当時の記事
劇場版まどかマギカ徹底解説
27回目のまどかマギカ劇場版
この二つで、劇場版に対する私の基本認識は大体書いています。長いのでご注意。


・まどかに当てられて私自身がやらかしたこと
このあたりをご参照ください。
巴マミ地球に舞う
本当のクールジャパン
インドネシアでキュゥマミが行方不明になった!


まど神様が神だって本気で思っている、いわゆる狂信者ってやつです。
まどかを良いと思った自分の感性と天運を信じ込んでいます。
まどかを知らない人間相手にまどかの紹介をして味方にした経験は、人数・バリエーション共に多分地球で一番多いです。






にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: まどかマギカ

thread: 魔法少女まどか☆マギカ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 2

コメント

映画の楽しみ方はとても参考になりました。自分も尋常ではないレベルでまどか☆マギカを愛しています!
これからもBlogがんばってください!

まどか☆マギカのファン #- | URL
2013/12/27 23:05 | edit

Re: タイトルなし

>>まどか☆マギカのファン さま
いつもご贔屓ありがとうございます。コレからますます盛り上がっていきそうですね。
2014年も悔いのないまど活を!
コメント、ありがとうございました。

さわK #- | URL
2013/12/30 03:18 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/364-c5baa544
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。