Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » Zガンダム、ガンダムZZ »「恋人たち」感想

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「恋人たち」感想  

2011年10月15日にMixiに投下したものを再掲。




灼熱の脱出と"ハマーンの賭け"の部分を見た。
ハマーンの賭けはこの辺の日記で言及したヤツね
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1761442882&owner_id=2281256



カメラワークとか対比の構図だと劇場版>>TV版
なんだけど

やっぱTV版はキますね。間の持たせ方がうまい。すげーうまい。無駄がない。
危機感も緊迫感もちゃんと出てる。絵になる構図は劇場版のほうが圧倒的に多いんだけどね。

てことで
止まった画としては劇場版>>TV版
でもドラマとしては劇場版<<TV版 といったところ。

んで劇場版のヤザンってなんだか「まろやか」ですね。
怖そうに見せようとしてるんだけどぜんぜん怖くない。
あのヤマイヌのようないやらしさとか凄みがない。
やっぱ平成の作品なんだよなぁ劇場版って。
さいきんのガンダムじゃ相当マシな方なんだろうけど。


てか「対空砲火(対空破火)」のBGMって劇場版のイメージ(ハマーン登場直前のヤザンVSカミーユの戦闘で流れる)で認識する人の方が多いんだろうね、きっと。

本来は地球上空戦(大気圏突入戦闘とはあえて言わない)のときに一回だけ使われた曲で、この戦闘も見返すと面白いのな。当時から凄く印象に残ってる回だったけど。
ガンダムってあの設定であんなにシリーズがあるくせに「地球と宇宙の戦力が同時に戦闘に参加した戦場」って、俺が知ってる限りZのこのときだけなんだよね。



ついでに永遠のフォウの最後らへんだけ見たけど、今見返すと空恐ろしいねコレ。
いやさー当時は感動してたけど・・・確かに泣けるんだけど


「いつでもあなたの中にいてあなたに会えるから」って言ったヤツが、実際にはいつ出てきて何をして、「あなた」に何をもたらしたか?

「戦士は生きている限り戦い続ける運命なのだ」と評されたヤツが、どういう状態になったときに戦いから解放されたか?

「同じか・・・・」と反芻したヤツの表情に一瞬微妙なものが浮かんだわけで、ソイツが後に、その反芻の元になった経験にどれだけ苛まれ、反芻した元の台詞を言った人間相手に何をしたか?


こういう「作ったヤツも仕組んでなかったであろう悲劇」はゾクゾクしますね、ええ全く。




蛇足。
「重力圏に落ちた味方をZで救出」のシチュエーションはZZの方が緊迫感があります。
てかZZっていうのは冒険物語なんだよねやっぱり。見せ方が。
ギレンの野望の仮面かぶったドラクエなんだよなコレ。

んで、ジュドーのプルツーへの「お前はグレミーの人形だ」発言はこの回でグレミーがプルをあっさり見殺しにしたのを目の当たりにしたから、ってのが決定打っぽいね。グレミーに何をされたか、っていうプル自身からの情報はあくまで傍証なんだろうな。






にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: Zガンダム、ガンダムZZ

thread: 機動戦士ガンダムシリーズ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/346-3adb0b2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。