Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » そのほかガンダム »がんだむ雑記(2011.4.25)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

がんだむ雑記(2011.4.25)  

2011年4月25日にMixiに投下したもの。VガンとZ、ZZについて。
。。。だからこのころまどかマギカなんて知らなかったんだってば!!!wwww


無駄に気づいた点をまとめてみる。


1:リーンホース特攻(V)

ザンスカールは戦闘経験の少なさがアダになってる。特攻してくる戦艦に普通の対艦戦闘しかけてもねぇ。


・リガ=ミリティアは狂信者
・リガ=ミリティアは特攻という手段を使う
・リーンホースJrは老朽艦を改装したオンボロ艦である

この三つの情報までは実はザンスカールは持っている。(認識している描写が劇中で登場する)
初見だったのはビームラムという武装だけである。


ラムを認識した時点でアドラステアの艦長が「突っ込んでくるぞ!かわせ!」って判断をしてるわけだが、上記の3情報がある以上、「リガ=ミリティアがリーンホースで突っ込んでくる」っていう可能性はもっと前に予見できてていいはずなんだよな。

初動で「回避」ではなく通常の対艦戦闘を仕掛けた分、モトラッド艦隊の反応が一挙動遅れてしまう。
で、よけ損なって艦隊壊滅と相成る。

気になって見てみたら、リーンホースの総員退艦とエンジン切り離しまでは艦の影で見えないんだけど、その後ランチの並走とガンイージ登場はあからさまに不自然な動きしており、察知されててもおかしくない。

ただ、リーンホースってあの時代で恐らく唯一の「敵艦に体当たりする」とかいう異常なことを前提にした設計の船なんだよな。
外見は空母とか戦艦に酷似してるんだけど運用法が大きく異なるわけで。
あの用法って歴史をかなりさかのぼらないと出てこないし・・・・・
だから、対空母とか対戦艦のつもりで対処してしまったモトラッド艦隊も仕方ないっちゃ仕方ないんだけど。


描写見てる限り、
「何であの艦前に出てくるの?自分を盾にするつもり・・・
 ・・・って、え!?アレ武器なの!?
 ええええええwwwちょwwwwwww」
とかそんな感じなんだけど、なんつーか・・・


散々煮え湯を飲まされてた敵のフラグシップから目線を切るなよ
っていう根本的な問題があったりする。



2:カツ・コバヤシ(Z)
霊体のときとか、センサーとしてなら、いい仕事してるのなこのヒト。
美少女キャラだったら印象がぜんぜん違ってた気がする。ってまんまプルじゃん。

コヤツをパイロットとか戦士と見るからウザいんであって、萌えキャラとかサポートパイロットとしてだったらかなり評価が変わるように思う。

実はプルと能力特性があんまり変わらないんだよな。NT能力と操縦技量はかなり差があるけど。
でもコクピットに同乗させるときにプルなら許せるけどカツはお断りって人は間違いなく多いよな。
実際うざそうだし。




3:ハマーンのコロニー落とし(ZZ)
なんでわざわざあんな悪手取るのかと思ったけど、ダカールの巨人ジュドーが深刻なトラウマになってて精神おかしくなっても別に不思議ではない。あのシーンだけ「らしくない」し、その割に何の説明もないわけで。



4:ガンダムチーム(Z・ZZ)
グリプス戦のときって教育型コンピュータはどうなってたんだろうね。
百式とかZのブラックボックスに「ハマーン対シャア」とか「シロッコ対カミーユ」の生データとかがあって、それがアーガマのデータベース自体に登録されてたりするのかな。

だとしたら、ZZのガンダムチームが軒並み「同機体でZのエース以上の活躍をしている」ことの多少の説明はつく。
Zのときの名勝負のデータが全部フィードバックされてたことになるわけだから。

んでシャングリラチルドレンのウリは高いバイタリティ・身体能力・学習能力。だから相性も良い。
シャアやカミーユを始め、エウーゴやティターンズのエースが生み出したノウハウが継承され進化していった、ってことならアーガマ隊がネオジオンを圧倒したってのも納得がいく。

(ネオジオンではあの戦役の生き残りはハマーンだけだし、ハマーンがキュベレイのデータをどこまでフィードバックするか、って言うのはすごく疑問が残る)



5:クロノクルのイマイチ感(V)
「それにしてもカテ公の戦闘センスは凄まじいな。」とか書こうとして気づいた。

・・・・・クロノクルが躊躇して引き返してなかったらモトラッド艦隊壊滅してないじゃん!!!!!!

この辺の見極めで間違うからコイツはだめなんだよな。

カテジナが人類最強パイロットだって言うのはちょっと見てればわかるわけで(カテジナをMSパイロットにした時点でクロノクルは役割の9割を終えたと思います)、独立戦線張らせてしばらくウッソとママゴトやらせてさっさとリーンホースを仕留めてても実際は5分と変わらなかったわけです。

※ただし、クロノクルもリガミリティアの最精鋭とずっと戦って生き残ってきているから相当の猛者なのは確か。

見てると、クロノクルを対艦攻撃に専念&格闘戦に秀でたカテジナがMSを相手にするって分担してれば二人でも十分にあの局面を返せてるんだよな。



6:人類最強生物(V)
なお、カテジナの敗因は「絶対に外すはずのない距離」で外して動揺した挙句によりにもよって一番不利な地形でウッソと戦ったから。
こうでもしないといくらウッソでも多分勝ててないんだよな。

・・とか思ってたんだが、カテジナが外したときってウッソもハロも何もしてなくて、カテジナ側の要因で外れてる。
既にこのときから狂ってたのか、あるいは無意識でウッソに思うところがあって外したのかは不明。
どのみち結果として狂気が加速しているんだけど、わざわざああいう描写にしたってことは意味がありそうだなコレ。

ってことで「外れた!?なんで!?」って台詞にカテジナ=ウッソ=クロノクルの関係が集約されてるんじゃないか、とも思ったりするわけです。

※カテジナの命中率
VSフラニー:ランチャーの横なぎ一撃
VSミリエラ:近接戦の後出しでコクピットを点で突き抜いてる
VSコニー:ライフルの射撃で5発5中。

実に百発百中だったりします。
シュラク隊自体がこの時代の最精鋭に近い部隊なわけで・・・・

ただ、カテジナって「動いている目標への命中率が固定目標への命中率より高い」ヒトなんじゃないかな、というのはある。たしか初戦から対動目標での戦闘しかやってないんだよな。

動いているモノに対する命中率のつもりでV2撃ったらダメだったね、っていうのはあってもおかしくない。
最終決戦も「動いていない」状態のV2に挑んで負けてるし。


てか、カテ公にガンダム与えてアイドルとして前面に押し出してればザンスカールの戦闘力が3割くらい上がってたんじゃね?

※アイドルマミさんとか髪の毛金髪にしたほむらを想起したのは内緒です。


ただし、カテジナVSハロだとハロの方が強かったりする。








にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: そのほかガンダム

thread: 機動戦士ガンダムシリーズ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/341-f992b80a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。