Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » Zガンダム、ガンダムZZ »メガランチャー運用についてのショートメモ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

メガランチャー運用についてのショートメモ  

Mixiで2012年6月18日に投下したやつを再掲。



・キオはすげー優秀だよね、っつー話(がんだむAGE)
メガランチャー(範囲攻撃兵器)を王手飛車取りと絡めて使ってるから。
振り返ると、ランチャーを「動きの鈍い目標に当てる」や「大軍をなぎ払う」用途に使うって発想自体がゼータ後半になるまで出てきてなくて、「相手の逃げる範囲を広範囲に殺せる」って形で使われてる場合が多い。

いあ、「シャアの帰還」でのジェリド隊の役目が良くわからなかったんですよ。
なんで、よりにもよってあの時代でも一番素早いゼータ相手にランチャーを使うのか。
キオ式に行けばアーガマとゼータが並んだときにアーガマ方向に向けて撃つのが正解だったわけで。
それやるためにはヤザンと連携が必須だったんだけどさ。

まー戦艦はランチャーの火力じゃないと沈まない、ってこと自体が幻想だったんだけどね。
ドゴスギアもラーディッシュもグリプス戦役後期MSの標準火器で沈んでるわけだし。


となるとランチャーなんで出してきたの、って話になって、
ZZ時代の後期エウーゴがランチャーを標準装備するようになったのはハマーンショックの影響だと思う。
ハマーンの「MSを大軍にして面で運用する」ってドクトリンは新鮮だったろうし、実際ランチャー持ち出さないと効率的に撃破もできないわけで。

もうひとつはサイコ級相手の対策なんだと思います。
サイコ系の、よーは敵陣殴りこみ系のMAを一撃で撃退できる火力、っつー役割。

サラとかカミーユはこの辺まるで理解してなくて、実験台としてさんざんランチャーを使わされたシャアがまず気づいたのは当然といえば当然。
逃げそうな範囲を焼く、って形でちゃんと使って見せたのはジュドーが最初なんじゃないかな。

ってことで、AGE-3のしょっぱなであの使い方をしたキオってグリプス戦役分のノウハウ構築過程をすっ飛ばしていきなり直感で使っちゃってるんだよね。


そーゆー意味でもAGEは面白い。








にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: Zガンダム、ガンダムZZ

thread: 機動戦士ガンダムシリーズ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/338-12642f3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。