Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » ガンダムAGE »初見の時のAGE6話7話感想

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

初見の時のAGE6話7話感想  

mixiで探してて発見。
『激戦の日』で評価したのは覚えてるんだけど、思ったより早期からちゃんと見ていたみたいです。




6話元記事


コレめちゃめちゃアタリじゃね?

テンポかなりいいし毎回ちゃんと戦闘やるし
こういうアレンジとか膨らませ方を認められるか、とか、これをアリって思えるかって問題になるだろうけど。ガンダムの皮かぶった勇者モノってかんじ。勇者モノのノリを認められるかどうか。
あと登場人物がリア充側。つか作品自体がオタクに媚びてないで割かしちゃんと子供の方を見てる。

この物語を仕掛けてる側はすっげー面白いんだろうな。
とりあえずフツーに頭空っぽにして楽しめました。
てか思ったんだけどMS戦の動きもいいですね。
超合金でMSが出たら、思わず手に持って戦わせたくなるような気がします。
キャラもいい感じに変人だったりアレンジされてたり野望持ってたりで、優秀で小気味いいヤツ多いんで尖り方が面白いです。


ファーデーンの上の町ってNYだよね、モデル。
ハロをぞんざいに扱いすぎだよな。アレなくなったら最後なのに。



7話元記事

やっぱ面白いねコレ

細かいこと言い出すと色々あるんだろうけど
・キャラのよさがうまく伝えられてる
フリットがいちいち、男の色気があるように思います。
でまーAGEシステムっつー仕掛けがうまくできてて、コレって戦えば戦うほど学習して強くなるよね、ってシステムなんだけど、成長がサイヤ人型。で
もって敵は「今までの人類じゃぜんぜん歯が立たない&ものすごいスピードで進化していく敵」なわけで、一回一回が実は決死の戦いだったりする。だから、毎回覚悟決めてきっちり戦い抜いて成長しないと、実はガンダム成長しないんだよね。

逆に言えば、マシンの成長が主人公の心の成長と密接にリンクしていることになる。

あと、ひそかに登場人物バカスカ死んでるし、強さのヒエラルキーはちゃんとあるわけで。


で、フリットの場合は明確な動機があって覚悟を決めて戦っている人間。
その思いの強さの描写のコンセンサスがスタッフ間で出来てて、細かいところでもきっちり描かれてる。
だから見ていて「この子は強い子なんだな」とか「しっかりした子なんだな」というのが伝わってくる。
ホラあるじゃん?ピンチになったときに逃げそうなやつか、とか、ホントに頼りになるかって、結構細かいところで出るよね。そういう機微わかってる人が描いてるなーっつーのは伝わってくる。

なので、この話の場合イケメンキャラがかっこいいMSに乗る、っていう最近多いキモチワリー薄っぺらい構図ではなく、救世主のマシンと勇者がボロボロになりながら一回一回勝ちを重ねていく、って形になってます。フリットの目力とか、その元になってるタマシイの力とかは割かしうまく描けてるんじゃないでしょうか。


あと、
・MS戦がカコイイ
敵の吹っ飛び方とか、ガンダムの動き方とかね。
で敵が宇宙人で悪カッコイイやつだって割り切られてるから

超合金遊びとかしやすそうだねー、とか、見てて思います。

自分の子供相手とか、俺が子守をすることになったときとかにやりやすそうなんですよ。
うだうだ細かい説明とか余計な過去がなく、すんなり楽しめる。


てことで、この話って子供と一緒に楽しくお金使って見られそうなんですね。
だから、作品としても商業的にも成功、と思うわけです。


まーまだ7話なんでなんともいえないけど。

ソレって特撮とか戦隊モノのジャンルで、ガンダムじゃないよね?って議論はあるけど。

あとUE人?は顔の特徴の違いが明確に描き分けられてるのネ








にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/335-d59a1f97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。