Blinking Shadow ホーム » Zガンダム、ガンダムZZ »プルシリーズの幻想

プルシリーズの幻想  

同じく2011年の10月30日に投下したヤツ。
だからこの当時まどかマギカなんて知らなかったんだってば!



いあプルシリーズってガンダム同様にサギ商品じゃね?って思ったんですよ。

というのが
グレミーは明らかにNT部隊の性能を当て込んでいて、喧伝もしてたのに、
鳴り物入りのNT部隊は殆ど何もいいところがないままいつの間にか消えてる。
出てきたと思ったら暴走した挙句にキャラに消されてるし。。。

何なんだよお前ら!

だってグレミー、半年くらい前から宣伝してたわけですよ

プルはパイロットとしてもサポートとしてもめちゃくちゃ優秀でした。性格アレだけど。
プルツーはビビり癖と精神攻撃に弱いって泣き所がありますが、戦闘力はまぁ折り紙つきでした(ただしプルよりは劣る)。



・・・・



あとが続かないんですが。
プルツーに率いられて颯爽と登場したはずのキュベレイ戦隊は何をやっていたんでしょうか??

ていうか
あの役立たずっぷりなのに誰も文句を言っていない

最初にグレミーがアレ繰り出した時、グレミー陣営以外のみんなはビビッてたわけです
じゃあ何にビビッてたのか!?


とか思ったんだけど、ハタと気付く
プルじゃなくてプルツーとかマリーダを先に目覚めさせてたらどうなってたんだろう、って話でもあるんだけど



ズバリ
プルシリーズって、1:1ないしは対少数に特化したコマンドだったんじゃないでしょうか。
Zのカミーユとシャアの違いみたいなもんね。

対エース機みたいな戦闘機的運用をされるMSと、対多数とか対艦とか対固定目標とか面制圧の爆撃機的運用をされるMSが分化している形跡はあるわけで、パイロットとそれに対応する強化人間研究も実は分かれてたんじゃね?と。

プルもプルツーもジュドージュドーいってるし、ロザミィはおにいちゃんだし
クインマンサなんて、あれ性能は対艦隊戦意識してるよね?
逆に言うとキュベレイのウリって何?って話だったり、キュベレイがなんでサイコ2と相性が悪いかって話でもある。
ZZのラストでなんでキュベレイがジュドーの前に出てきたのか、とかね

プルシリーズって「強い敵パイロットをオートで見分けて撃破、ないしは足止めすること」を目的に作られたんじゃないでしょうか。ジオンにはこの需要あったよね
で、ゼータだとカミーユが結果的にコレやってるよね。

逆に言うと、戦爆として機能していたのは4とサイコガンダム。あとキャラのゲーマルクもそんな感じかなぁ。
マシュマーは動きを見る限り一騎打ち型の調整。
てか4っていうのはかなりの成功例なんだよな。逆に言うと4の成功があるからみんな錯覚しちゃったんだろうけど。

イリアとかグレミーは、このあたりの知識がなかったんじゃないでしょうかね
逆に言うと、なんでゼダンの門なんて「ここでNT使わないでどうする!」ってときにバスクがNT部隊を投入しなかったのかの理由も見えてくる。

ハマーンはイリアを右腕にしようとしてたフシはあるんだけど、この辺のことは秘中の秘だったっていうのは納得のいく話です。NTを守りに使う場合はSPとか直属の忍びとか、そういう用法になるわけで。

これでいくと、シロッコの周りの人らはあんまり優秀じゃないのね。
シロッコが生き延びてエルとかルーを見たらどういう反応をしてたんでしょうね。

グレミーは宣戦布告と同時にプルツーに率いさせたNT部隊でハマーンを強襲してれば勝てた・・・のかなぁ。
でもNT部隊って精神プレッシャーで最大限に混乱させられそうだし・・・

つかアレか。ラカンの砲撃一本に絞ってNT部隊はラカンの護衛させればいいのか。
ってほど通常戦力の数がいなさそうだけど。

てことで
歩のない将棋は負け将棋、ってベタな落ちになりました。

以下、当時のコメントのやり取り。
この仮説でいくと、フルのマリーダ運用こそが「正しいプルの使い方」になる。
で、ハマーンのシャアとジュドーへの「私と来い」はこの役割分担的にも整合するわけか。

>>>いただいたコメント
そもそも実戦経験皆無の十歳のロリ少女集団をあてにするどころか
謀反の切り札として運用するのがオワコン。
初代プルにしても戦闘力はあっても、使い物にならないのは明らかだったろうに。

NTなんて所詮オカルトの範疇です。頼るのが間違ってる。
ガンダムの世界の偉い人はララァ・スンの亡霊(正しくはエルメス初陣の戦果)に囚われ過ぎ。

マリーダさんに関してはUC本編始まる前に相応の実戦経験(戦力不足のゲリラ戦)を得ることができたからこそ
UC本編時にジンネマン虎の子のエースになれたのであって
素の素養より努力の強さはあってのマリーダさんです。
ファンネルに極端には頼らず、エース部隊のロンド・ベル隊を一機一機各個撃破し、時には接近戦で応対するとか
NT能力と言うより場数の違いでしょうよ。



>>>私の返信
常識的にはそうなるけど・・・
「通常戦力に劣る」→MSなるものを作って挽回したジオン
「そもそも実戦経験がない」→ガザの集中運用で一大勢力を築いたハマーン
っていうのが彼らのいた世界なので、グレミーの勘違いはわからなくもない・・・

あとグレミーはNT部隊の実態ってより、イメージを売っていたフシはありますね。
プルシリーズはカタログスペックは高かったんじゃないかな。
引き出そうと調整してる最中にジュドーについていってしまっただけで。

初代プルは使い物になることはなる。ジュドー(=場で一番強い思念体)たちと一緒の場合限定だけどw

あと昨日気付いたんだが、あの話の登場人物はプルクローンズを「十歳のロリ少女集団」とは見てないっぽい。
全部「プル」として見なしてる。プルツーが表情豊か過ぎるのがZZの演出の失敗っちゃ失敗なんだよね。

マリーダはアレどうなんだろうね。
プルVSプルツー見てると、プルシリーズってある程度の戦術教育は刷り込まれてるようにも見える。
努力はあるんだけど、伸びやすい方面に伸ばしたっていうのはありそう(たとえばカミーユは面制圧より一騎打ち特化に向いている)







にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: Zガンダム、ガンダムZZ

thread: 機動戦士ガンダムシリーズ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/332-9cd910b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop