Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » Zガンダム、ガンダムZZ »本田知恵子のインタビューからZZ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

本田知恵子のインタビューからZZ  

同じくmixiより。2011年10月30日の日記の再掲。
本多千恵子さんはまだご存命でした。



この辺みて考えたコト。※リンク切れ。本多知恵子さんの記事でした。
てか写真の女性の年齢、四捨五入すると50らしいYO!


まーなんつーかZZって話はホント「わかって」ますね。
80年代のアニメの傾向?だかしらんが、作り手の呼吸レベルでしみこんでたスメルでもあるんじゃないですかね。

ZZって、Zの続編としても、ファーストからの三部作のエンドとしても、逆シャアへのつなぎとしてもちゃんとできてるんだな、とつくづく思います。

この連中の冒険をもっと見たい、と思って見始めた当初でしたが、見返すと味わいがまた違ってきますね。
ホント見応えがある。
まー作ってる側も狙って作ったわけじゃなくて、こういうのって「体が知ってる」から「できちゃう」類のものだと思います。

最終回の一連の流れとかもー、Z見返して戻ってきただけでもゾクゾクですね。
1stの光る空とか見たあとだと、また変わるんだと思います。
で、恐らく逆シャア見ると更に変わる。

ホンダチエコさんのインタビューだかから#35、#36、#44、と来ると見えてくるものがあります
たとえば#43ってものすごく重要なシーンがあるんだけど、その伏線が#35でもちゃんとでてくる。
これが物語のテーマで、ガンダムシリーズに通底する問いの答えの重要なキーでもあるんだが。

36は36で、見返したら『ロザミアの中』の謎が解けました。
でもって、百式ってガンダム系だと思ってたけどランチャー運用機のハシリって考えた方がいいのネ、と。


44のエマリーVSプルツーにしても
「こどものあそびじゃないんだよ!そこのでかいの!」ってなんつーか・・・・
世間的に評価されている意味以上に、凄みがあってぞくぞくするセリフですね。

いや、美少女(美幼女?)がS的な言葉を言うことに何かを感じる人がいるのかもですが
新世代のほぼ完全な攻撃陣形を、更に若い世代が完全に返した上でのセリフってとると

えっと・・わかりにくいたとえだと
ザマの戦いで、包囲が完成した瞬間にスキピオが言うようなもんなんですよ

エマリーあっさり落とされてるけど、実は戦術的には「今までの相手」だったら100点満点の対処してます。
当時のエウーゴ水準ではなく、ネェルチーム水準で。
通用する対処はしてると思ってたけど、思った以上に完璧だった。
相手がプルツーでクインマンサだったから結果が逆だった、ってだけで。

よーするに
エマリーはかませではなく、弱くもないし格も落ちてない(むしろ今まででベストのレベルで仕掛けてるし当ててる)。
ていうかむしろ強い。プルツーがもっと強かったってだけで。


てかZとつなげると、36と44でプルツーの最強の敵としての「格」が実はちゃんと描かれている。
・・・それだけにキャラが描かれず精神攻撃でガタガタにされて「強化人間の悲劇(はぁと)」とかされるのが勿体無いっちゃ勿体無いんだけど。
あ、「最も激しいところだけのプル」だからいいのか。いやよくねーけど。
ていうか、戦闘技術だけだとプル>プルツーだったりする。
NT能力って問題でまた変わるんだろうけど。


とかく不遇なZZだけど、このシリーズがあるから逆シャアも1stもZも締まっているんだな、とは強く感じる。
作った人たちすらそう狙ってやったかはわからないけど、そんなことをわざわざ意識もしないでできるからこそ、プロであるわけで・・・

ダブリン防衛の緊迫感とかね、もうね。
なんで分離したままでZZにならなかったのか、って理由もちゃんと描かれてるし。



・・・・

改めて見ると「サイレント・ヴォイス」の映像情報のまとまり方も素晴らしいのネ



ついでに
ネオジオンのいくつかの敗因の一つは、ルールカを味方にできなかったことだよな。
シャングリラチルドレンはともかく、この女も実は「カミーユの戦闘力を持ったクワトロ」レベルの強さは持ってるんだよな。ジュドーが破格過ぎるってだけでルーも十分に超一流。シロッコがなりふり構わず口説きに言っちゃいそうなレベルで。
キョチョはリョフには劣るけど十二分に強いよね、とかそういう話。ビーチャたちがカコウエンとかガクシンあたりね。ネオジオン連中が牛金とかカクワイあたりか。

いあ最終回でブライト殴られてるけど、あのときの月からの艦隊だって、他のシリーズだったら「やるなブライト!!!」とか「まるで疾風!!」とか言うレベルのスピードで展開してるわけだし(パラオとか息つく暇もなく制圧できてるレベルじゃね?)

てかあれか、プルツーって美少女でも人間でもキャラでもなく「プルのコピー人形でしかない存在」って位置づけで描かれてるのか。だから違和感バリバリだったのか。







にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: Zガンダム、ガンダムZZ

thread: 機動戦士ガンダムシリーズ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/330-5e19590e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。