Blinking Shadow ホーム » ガルガンティア »ガルガンティア最終話感想

ガルガンティア最終話感想  

いや面白かったです。


チェインバァァァァ!!!!!!
レドォォォーーーーッ!!!!



って、誰もが感じたであろうものはおいておいて、、、

コレだけは、言わねばならない!!!!




人類銀河同盟スゲー!!!!!!!!!!

チェインバースゲー、となると、チェインバー作ったの誰よ、という話になります。

第1話の描写だと、銀河同盟的に正解っぽいのは一見ストライカーなのですが、ストライカーは「パイロットがおかしくなった結果暴走した」、レドは「正しい」「人間らしい」、またレドが「帰る場所がない」とした海の世界は「可能性に満ちている」と断じられました。



じゃあ、断じたチェインバーはどうなの?ということですが、彼は最後まで論理破綻をしませんでした。
最後に生きたいと「願ってしまった」レドに対し、チェインバーは支援啓発プログラムとして「任務が完了した」と判断し、レドを「卒業」、親離れさせています。つまり人間として正しい、啓発が完成したと判断している。
ポイントは、チェインバーは「レドだから」従ったのではなく、「レドが人間として正しいと判断したから」レドに従っているということ。

また、チェインバーはレドの感情の機微を読んでいるし、彼の獲得した「成果」をとても幅広く捉えています。判断もさることながら、コレはそもそも計測できないと判断ができません。
一方、劇中でチェインバーの判断に誰かが手を加えたり、チェインバーがバグッたとされた描写はありません。

地球という環境でチェインバーが感化されたりおかしくなったわけではなく、元々の啓発プログラムに則って状況に適応した結果ああなった、とみるのが妥当なのではないでしょうか。


「この空と海のすべてが あなたに可能性をもたらすだろう
 生存せよ 探求せよ その命に 最大の成果を期待する」


「くたばれ ブリキやろう!」


チェインバーのこの辺りのセリフにぐっときた方は多いと思います。私もでした。
コレ、同盟産のプログラムが「正常に作動した結果」チョイスされています。
第一原則の放棄も含めて。

・・・となると・・・
レドの回想だと、

同盟 ≒ クーゲル(とそのウワゴトを真に受けたストライカー)の作った世界

のように見えます。


でも、チェインバーの判断のよりどころとなっている「良識」やら、「「思考と判断をするもの=人類で、その支援時啓発をするのが自分の役割」、という思想を考えると、ガルガンティア時代の地球、という極めてイレギュラーな状況に置かれた際の同盟的な正解は、実はチェインバーの方なのではないでしょうか?

そうなると

あれ?同盟案外マトモじゃね?

とも思えてきます。

いや下級戦闘員が全力で生きてるクーゲルワールドがあるのは事実で、あそこがマトモだとも思えないのですが。。。





第一話にレドの「”故郷”って何なんだろうな」というセリフがありましたが、同盟の「市民」がアヴァロンで守ってきたものは、案外ガルガンティアに近いものがあったんじゃないかな?とも思いました。
チェインバーのプログラムを作り、普及させている人たちはかなりマトモで、話せる連中だと思えてならないのです。

ガルガンティアは一見、レドが地球で感化されてマトモになった話なのですが、
実は、同盟として望ましい方向に想定されていた「啓発」の中に、レドのあの方向の成長もあったのではないでしょうか?
ヒディアーズを受け入れ共存する、ということも含め。

うん、
人類銀河同盟はやっぱりすごかったんだよ
にんげんのちせいはすごいんだよ!!




後は、もう、言うことがないような。。。
熱かったし、よくまとまってたし、伏線回収されたし、その後も非常に明るい終わり方だったし。。。。

ああ、
虚淵さんってやっぱ
「システムでも卑しい人間でもなく追いつめられた人間が色々おかしくする」のネ、
と、
「死に方、戦い方はわかったけど生き方がわからない」っていかにもだよね、
とは思いましたが。。。



チェインバーはキュゥべえのようなもんじゃない?とは、未だに思っています。
どんなものが最初に組まれていたか?の違いで結果が異なるだけの話で。


でも、あえて言おう

チェインバー最高!!!!!!!!!!!

gargantia13.jpg



面白かったです。13回あっという間だった。



そうそう、あとコレ。
チェインバー=支援啓発インターフェイス
ストライカー=人類支援啓蒙レギュレーション
どちらも「神」ないしは「世界システム」として定義しうるものだと思うのですが、思想モロ出てるなーと思いました。
非常に似た表現だけど、後者の方がやや力の差がある。いわゆるウエメセです。
また、虚淵さん的には神は人類のすぐ近くで支援するものなんだろうな、と。これはまど神にしてもキュゥべえにしても。









にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ガルガンティア

thread: 翠星のガルガンティア

janre: アニメ・コミック

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/303-2dabc45e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

翠星のガルガンティア 第13話「翠の星の伝説」

翠星のガルガンティアの第13話を見ました。 第13話 翠の星の伝説 はストライカーを鉄柱に押し付けることができたレドはチェインバーを降りてストライカーのコックピットを開

MAGI☆の日記 | 2013/07/01 05:29

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop