Blinking Shadow ホーム » ガルガンティア »ガルガンティア感想 12:決断のとき

ガルガンティア感想 12:決断のとき  

普通によくまとまってるし面白いし泣けるんですが。。。
まどかほどのテンションでは押せないです、あしからず。
まとまりすぎてて、逆に書くことがないwww


ロボあついねー!とか伏線回収とかはおいておきます。


・女海賊ラケージ
前回から丁寧語の端々に叛意を匂わせていたけど、キマシタナー
見た感じ彼女の懸案はストライカーだけで、他はどうとでもなる、と思っていた模様。

・少佐(ストライカー)の演説
ガルガンティア相手にはやけに鼓舞している。
そのガルガンティア、規模こそ大きいけど戦闘力はラケージ以下。
本来なら一方的な殺戮になるはず。

なんでこんなに警戒するの?毎回こうだったのだろうか?
それとも、ガルガンティアの「カギ」の情報をストライカー側も持っているのだろうか?

・すでに死んでいた少佐
「チェインバーのコクピットから出ていなかったら?」というレドへの一つの答えでもある。

また、ストライカーはレドや地球原住民の意思よりも同盟式ルールの布教による天下取りを優先した。
レドは人間だから無視されたのか?市民じゃないから無視されたのか?階級がストライカーよりも下だから無視されたのか?

しかしまー見事に組織創ったよね。コレ同盟のノウハウとかであるのかな。
こうなると、同盟ってそもそも何なの?という話になってくるけど。
アヴァロンがもう墓地みたいな場所でもおかしくない。

・虚淵世界に足りない?もの
人間の「選別」はあっても「老い」は前提にされていない。
これはまどマギに欠落している要素でもある。人間は突然に死ぬけど、能力や外見が劣化して惨めに老いさらばえることはない。

また、人間は基本的にひたむきに生きていて、人間同士がイヤな策で足を引っ張り合うことがない。
キュゥべえにしてもルールの中で誠実に生きており、生き方が卑しい屑は出てこない。

今回少佐の暴走だったら「人間 対 人間」の対決が曲がりなりにも実現したが、今回もシステムやらルールが敵になった。最後に少し安直な方に舵を切ったね、という印象。


音楽の盛り上げ方、カメラワーク、展開は毎回素晴らしいと思います。
前の話だけどヒディアーズの幼体を握り潰すところは切なかったし、今回のチェインバーへの問いかけはぐっときました。




しっかし、エイミーはやっぱりまどかですね。
ここぞの時の動きや出足の速さにまどか臭を感じます。


魔女システムよろしく、残酷なルールを突き付けてくる最強の敵、ストライカー。
対峙するほむレドとピニさやに、まどエイミーとリジマミとベロ杏がどうかかわるのか。
そして、キュゥべえチェインバーは水の星でどう生きていくのか(バーベキューのときみたいになりそうだけどw)


公式サイト旅するチェインバー君も微笑ましく、なんだかんだであっという間の12話でした。早かった。









にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ガルガンティア

thread: 翠星のガルガンティア

janre: アニメ・コミック

tb: 2   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/295-65f8b85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

翠星のガルガンティア 第12話「決断のとき」

翠星のガルガンティアの第12話を見ました。 第12話 決断のとき サルベージされた品々を修復するよう命じられたピニオンは武装品以外は好きにしていいと言われ喜んでいると、

MAGI☆の日記 | 2013/06/24 12:57

翠星のガルガンティア 第12話「決断のとき」

俺は本当に何かを選ぶ事を一度もした事が無いのかもしれない。 ガルガンティアを啓蒙活動の標的にすることに反対するレド。 しかし、クーゲルの理想に逆らうことが出来ないでいた

空 と 夏 の 間 ... | 2013/06/24 20:49

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop