Blinking Shadow ホーム » まどかマギカショートコラム »まどかマギカ劇場版ショートコラム(11) 2周目時間軸で、ほむらとまどかがお互いに残したもの

まどかマギカ劇場版ショートコラム(11) 2周目時間軸で、ほむらとまどかがお互いに残したもの  

前回で、ほむらは時間遡行してきても肝心の情報を持っていないからあまり役に立たない、と述べました。
敢えて言うとカスです。いないほうがいいくらいの足手まといです、対ワルプルギス戦の戦力としては。

戦力以外の面では、どうだったのでしょうか?
5分で読めるまどマギショートコラム、11回目の今回は、
ほむらが時間遡行をして2周目世界に行ったことには、どんな意味があったのか?


column11C.jpg

※劇場版のコラムなのに画像は既存のものを使っています。DVD出るまでご容赦。


戦い以外として見た場合、まどほむが最も幸せだったのはこの時間軸だったのではないでしょうか。
まだ魔女の秘密もマミの豹変も知りません。不安要素はワルプルギスの夜だけです。
ワルプルギスの夜は強いけど、自分も強くなっている。
爆弾は魔女に効くから、何とかなるかもしれない―。
この時点では、見通しはだいぶ明るいです。



column10.jpg

ところで、本編でほむらがカミングアウトしたのは、まどかに嘘つき呼ばわりされそうになったからでした。
まどかに信じてもらえなくなるかもしれないだけで、ほむらには大ショックだったわけです。
ほむらが追い込まれていたからという理由もありますが、時間遡行が無意味かもしれないと本当の意味で気づくのはもう少し後です。


逆に言えば、「まどかはほむらの言うことを必ず信じてくれる」とほむらが無意識に信じ切れるだけの信頼関係が過去にあったことになります。
どの周回でも関係構築の可能性はありますが、「変なことを言ったのに」不安要素もなく希望にあふれていた2周目の日々は、特にそういうものだったのではないでしょうか?


この周回でも、まどかはほむらに対しては一貫して好意的でした。
これは、ほむらのまどかへの気持ちがこの周回で変化しなかった事実からもわかります。
ほむらも、まどかに応えるように強くなっていきました。
マミにしても、ほむらがいてまんざらでもなかったようです。


ここでまどかが死んだり魔女化したりしていなければ、ほむらは幸せな夢を見続けることができたことでしょう。
鹿目さんとの魔法少女部の日々が末永く続いてほしい、というほむらのその夢は、無残に敗れ去ります。

でも、最後が悲劇でも、一緒にいた幸せな時間があったことは変わりません。


まどかたちにほむらがもたらした最大の好転要素は、ほむら自身という友達が一人増えることだったのではないでしょうか。


一方、この友達関係には限界があります。ほむらはまどかの本質を全く理解していません。
物語冒頭のまどかへのセリフを見ると、ほむらは「家族と友達に囲まれたまどか」と「魔法少女まどか」がトレードオフ(両立できない)関係だと考えています。友達と家族を「捨て」て、「変わる」のが魔法少女。

でも、まどかにとっての魔法少女は、自分の本質を変えないままステップアップすることです。
つまり、「成る」ものが魔法少女。

ほむらはこの点を丸々見落としたまま、以後突っ走り続けることになります。

それでも、まどかとほむらのお互いを思う気持ちはどの周回でもかみ合います。
かみ合い続けたことで、ほむらは絶望への耐性がとんでもなく強くなっていきます。(以前にここで書きました)



まとめると、
ほむらの加入は、まどかたちに戦力としては大きな変化をもたらさなかった。
でも、仲間としてはプライスレスのものをもたらした。
ただし、ほむらがまどかの本質を理解することもなかった。



こうして見てくると、魔法少女ほむらの核になる部分が、この2周目にあったように思います。

一番希望にあふれていた青春時代。
楽しい思い出が一方の原動力になり、それを踏みにじられた怒りが、もう一方の原動力になる。
このふたつはまどかという一点に集約されます。


columun10C.jpg




次回は2周目のワルプルギス戦の推移を見ていきます。
情報量が少なく推測になりますが。

<参考になりそうな過去記事>
暁美ほむらの戦場
まどマギのタイトルはなんで「魔法少女まどか」なのか?
交わした約束に託されたもの
劇場版まどかマギカ徹底解説
27回目の劇場版まどかマギカ
最近振り返ってTogetterでまとめたもの(今回の記事と関連)





 






にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: まどかマギカショートコラム

thread: 魔法少女まどか☆マギカ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/293-12b5073a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop