Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » ガルガンティア »ガルガンティア考察

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ガルガンティア考察  

虚淵さんだし、語るときりがない&予想なんぞしてもムダなんでメモ程度に。

折角なんで今季の他のアニメで見てるヤツのことも書いておきます。

今のところ
・ヴァルヴレイヴ
・マジェスティックプリンス
・進撃の巨人
・宇宙戦艦ヤマト

までは全部チェックしてます。人生で一番アニメ追いかけてるんじゃないかなw






【今後絶対出てくる問題】
・レドのアイデンティティ―戻る場所はどこか?―
・ガルガンティアとアヴァロンの関係。
 ※第一話で、レドは「故郷ってなんなんだろうな」という旨の発言をしている。

ポイントは、「アヴァロン市民」として得られたであろう権利をレドがガルガンティアで行使していること。

あと海外感想見て思ったこと。 
「ヒディアーズ」にどういうスペルを当てるかで、海外だと感想の意味が大きく変わるのではないか?

字幕で「Hydiers」みたいなのを見た覚えがあったが、英語での正式スペルはHideauze。
これがhideousになると「醜い、見るも恐ろしい」になる。
なお、Hidiaasのように紹介されることもある。この場合は意味がない。ただ音を当てただけ。

これ、「Hydiers」みたいになると面白い。そういう接頭語はないけど、Hydがつくと「水の―」という意味になる。
造語で、「水の者たち」みたいな意味合いの呼称になる。これだと、なるほど、ねぇと。

20世紀初頭くらいのSFで「実はイカたちが知性を有していて、海底の電線を"サンプルとして"切り取っていく。連中が重機?として使っているのがクラーケン」、みたいなのがあった(コナンドイルだっけか?)
それをヒントにしているのかな?この話。

てかこんなwikiあるのね。


【ほかアニメざっくり感想】
ガルガンティア:
第一話の外に出る直前あたりからおおおおおおおおお!ってなった。

マジェスティックプリンス:
日常パートの掛け合いが面白い。視聴者が思うツッコミを大体潰してくれてる印象。
本来見せ場になるところを敢えて淡々と描いているのが良い。

進撃の巨人:
原作読んでるんでラストどーすんの?が気になる。原作の雰囲気をよく出していると思う。

ヴァルヴレイヴ:
ゴチャゴチャ考えるより雰囲気とノリを楽しむものだと思う。やりたいことを全部やってる感じ。
地味にうちのマミさんチームと縁がある。



QVrave.jpg

秋葉原駅に来ていた火人のハネを借りて、アルティメットキュゥべえ!


ヤマト:
ド本命大本命。ガルパン来てヤマトが来てまどかが一気に遠い過去になった。
伏線が入念に張ってあるから、もう少し行ったあたりで見返すと面白さが倍加する。


ヤマトは何本か考察を書いていきます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

 

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ガルガンティア

thread: 翠星のガルガンティア

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 2

コメント

まどかが終わって
もう二年たってるんですよね
時が過ぎるのは早いものです
ほかのアニメも見ていますが
熱はまだかろうじて冷めてないですね 新作映画もありますし

今期は結構豊作揃いですね
見るものがたくさんありますw

rkmt #- | URL
2013/05/23 05:02 | edit

>>rkmtさま
ですね。コメントする余地がないくらい完成度の高いものが多いです。
まどかはこの先どうなるのでしょう。。。まだ、考えるほど心が落ち着いていません。

コメントありがとうございました。

さわK #- | URL
2013/06/23 15:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/282-7a9c4b79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。