Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » EVA »エヴァンゲリヲン破 Ver2009おまけ シーン起こし 

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エヴァンゲリヲン破 Ver2009おまけ シーン起こし   

2009年時点のもの。
先の感想を書く過程でシーンをメモりました。2012年の今だと参考になるのかどうか。
まどマギ?当然同じことをやっています。大体のタイムラインが頭に入ってます。





1:ユーロ支部アーケロン マリVS第3使徒
山寺宏一はやっぱり英語だと演技ちょっと落ちますね。

【以下、第三新東京市】
2:墓地 ゲンドウVSシンジ
「写真は残っていない」で目をそらすゲンドウ。
墓の数数えて墓地の規模推定しても面白いかも。

3:郊外 帰路 ミサト&シンジ
そのまま弐号機顔見せへ。
二人の間合い、空、カーナビの描きこみ。
カーナビ見てるとかなり色々見えてきます。

4:弐号機顔見せ
弐号機のプロポーションがエロい。
背後で走っている軍用車。

5:弐号機搬入 アスカ顔見せ
色気強調されてるけど不自然な嫌らしさがない。
「弐号機パイロット」と出会うシーンは後でもう一回出てくるけど、どっちも「見下ろされてる」構図。
カジがいないのでアスカのカジとの接点が今作ではそもそも存在しない。

6:シンジの帰路
ネルフのトラックと犬を散歩させる人。

7:ミサトの家(レイの家)
「同じ釜の飯」発言。
初日?の飯、風呂、就寝の光景。レイとシンジ一家の夕食の光景のコントラスト。
ミサトとアスカがここでもさりげないサービスシーン。
けっこー出してるんだけどいやらしさがない。
「つながる」ツールとしてのケータイに注目。ちなみに全部ドコモのはず。

8:朝の通勤風景
生活描写。てかUCC多過ぎ。教室の光景。
シンジの登校風景。トウジとケンスケを認めた瞬間に表情が緩むのが印象的。

9:ミサトの家
さりげなく乳揺れ(これが後何回かある)
社会化見学の提案

10:水族館
世界観説明。交流描写。

11:【月面】
6号機&カヲル顔見せ

12:水族館
カジ&シンジ セカンドインパクトの説明

13:大気圏外
セカンドインパクトの「外からの」紹介とゲンドウ&冬月の野望の紹介
※冬月の「ヒトの混沌とした世界の方が良い」みたいなセリフが象徴的。

14:第八使徒登場(13の一日後くらい?)
※ちゃんと狙撃対策済み

15:大気圏外での迎撃戦闘

16:ミサトの決定&ブリーフィング

17:作戦実行(奇跡の価値は)
三者三様の待ち方。「ニオイ」云々のセリフ。
富士山バックに走るとか、ねぇ。
※実際の地図上でエヴァ各機がどこをどう走ったかがプロットできるはず。
※このときの初号機は音速超えて?るはず。
「よくやったなシンジ」。

18:ミサトの家
アスカとシンジが急接近。この掛け合いと最後の「バカ」がレイとの掛け合いにつながる。

19:日常風景(学校)
少なくとも2日分。レイの「ありがとう」1回目。
ヒカリ登場。トウジとの絡みなし。

20:ネルフ食堂
ローソンあるし(笑)
PCはパナソニックです。
※このときのカジとミサトが「ずるいくらい・・」「まじめ」の対比につながる。
※シンジ周り世界の住人はまじめで不器用でずるくない。

21:レイの家
2回目の「ありがとう」。これは独白。

22:学校
レイ欠席。弁当にあたった?と思ったのは内緒。
この段階で「ここでしか生きられない」を思い出して反復するシンジ。
※決定的に重要。

23:ネルフ本部 レイとゲンドウ
レイの食事描写は3回目。
自宅薬→水族館味噌汁に続いて3回目(シンジ弁当は完食してるけど食う描写なし)。

24:エヴァ修復?シーン
巨大間っつかカメラアングルがむぉーぅたまんぬゎーぃ
バチカン条約と保有台数規制の説明。

25:学校屋上
マリとシンジが出会う。マリの色気もさりげなく主張されてる。

26:ネルフ本部UCCコーヒー(笑)前 カジとシンジ
手が重なっている。
チャリ通している職員がいる。

27:スイカ畑
「大人はずるいくらいが丁度いい」
シンジが土を感じる。
カジの目線ってシンジは受け止めてたっけか?
でもちゃんとコミュニケーションできてたよなここ(うろ覚え)
※カジとシンジの「ふたり」描写のヒキはいつも秀逸。
※ここで蛇口がことさらに強調されるのは後で登場するから。

28:レイの家
ナイフとレイ。怖いです。

29:団地的日常
いつも軍隊がいる光景。

30:学校
レイの「おはよう」「ひみつ」
※レイの手にすぐにちゃんと気がついているシンジ。
この目配りはTV版との相違点のように思うが要検証。

31:どこかの道路 ミサトとリツコ 
新しい車の顔見せ
キーワード「愛」登場。
ありえないわ!のリツコの断定の仕方はニヤリとするべきポイントか。

32:ミサトの家
料理するアスカ。さりげなくサービスカットが多い。

(Aパートここまで)


********************************************

アイキャッチ
You can (not) advance

********************************************
なお、序のアイキャッチが「You are (not) alone」
()内が新訳での変化分って考えていいのかな?
「ヒトの混沌とした世界の方が良い」みたいなことを冬月が言ってたし、今作で強調されるのは「人の粘り」でもあるわけだから。


このアイキャッチ前後で1週間程度?の時間経過が考えられる。
で、Bパートもまた怒涛の展開。劇中時間短いんだよねこの話。



33:どっか(北米?)での爆発

34:ミサトの家
入浴シーン。このへんの「かゆい所への手の届き方」と本編への溶け込ませ方が尋常じゃない。

35:ネルフ内
33の真相についてミサトたち幹部→ゲンドウ&冬月→盗聴するカジのリレーで状況と人間関係説明。

36:下校風景
トウジが「はずれ」を引く。
このシーンのバスケットボールの音は秀逸。

37:夕焼けの空を見上げるマリ

38:ネルフ本部
ゲンドウとゼーレ7人の掛け合い。実は臨席(盗聴)している冬月。
※ここで6号機VS初号機の対決が暗示される。

39:ネルフ本部地下
2号機封印

40:本部エレベーター内
レイとアスカの掛け合い。心のドアを「閉じさせない」アスカ。
レイの手の傷の方がアスカのそれより数が多い。
アスカはミサトから話を聞いているから、レイの傷の意味を「瞬時に理解できた」。

41:ダミープラグ顔見せ
「子供を利用する大人」へのミサトの逡巡。作中キャラがコレに言及するのは冒頭のアーケロン爆発に次いで二回目(だったはず)。

42:沖縄料理屋にて
カジとミサト。情報を抜こうとしつつミサトの尻にも目がいくカジ。
ていうか乳揺れ。
んで「子供を利用する大人」とかミサトのシンジへの視点がここで出てくる。

43:アスカの部屋
参号機パイロット決定。アスカのサービスシーンと運動神経強調シーン。

44:松代
搬入される参号機。雲海を抜けるシーンはなし。
※ナンバリングとあわせ、使徒の設定はかなり異なる?

45:ネルフラボ
リツコの診断を受けるレイ。リツコの電話の相手はマリ。
レイにとってアスカは「2番目の子」。
※アスカにとってのレイは「えこひいき」

46:松代への車中
レイからの電話を受けるアスカ。レイ3回目の「ありがとう」。
アスカの表情が緩む。

47:学校
欠席者は二名。トウジの妹顔見せ。

48:松代実験場
アスカとミサトの掛け合い。ミサトの「ありがとう」。
何も言わずじっと聞いているミサト。この辺「できている」よねこの人
さりげなくテストプラグスーツの色気も強調。
エントリープラグ内の描写。※この描写は完結していないため、Q以降で補足の説明があるはず。

49:第三新東京市・各人の反応
食事会へ車で参加する気満々だったゲンドウ。このとき、人の足が見えたのは気のせいか??
鍋でやる気満々だったレイ。吹き零れる様子と表情が秀逸。

50:第9使徒との交戦。
怪獣接近のオソロシサが良く出ている。
アスカがぶちきれそうなセリフを平気で言うシンジ。
この人はやりあったときに自分が負ける可能性は考えてないのネ。
※シンジって基本的に「自分がエヴァに乗れば何とかできる」って自信は持ってるんだよな。
で結局、自分で解決するとか自分で助けるとかからは逃げちゃったシンジ。
※このときのヒュウガの机の上にあったのって携帯?
※虹をバックにエヴァ屹立。
BGMは「今日の日はさようなら」





※ここから男の戦いパート
破は19話見返してから見た方がいいのかもね。


51:松代?
救出されたミサト。目覚める前に真っ先にカジが駆けつけてるあたり、さすがです。

52:本部
駄々をこねるシンジ。
「お前も人殺しになる」とは止めない3バカ。
「父さんがアスカを殺した」とは言わないシンジ。
なお、残時間はTV版で3分05秒(185秒)、劇場版で4分45秒。
つまり15秒足らずでピラミッドの上まで上がったことになる。

53:電車内での対話
シンジの内面、レイの内面?
背景の色は夕焼けのようにも、「かあさんと綾波の匂いがする」LCLにも見える。
「父さんが守ってくれる(と思っていた)」と父親をどう見ていたかを明言しているシンジ

54:ネルフ本部
アスカ回収。見下ろすリツコ。こえええよ。

55:ネルフ本部
拘束され父と対面するシンジ。
「願望は自分で実現するもの。他人から与えられるものじゃない。」

56:ミサトの家
シンジ去る。
このときの距離感とかドアが閉まるタイミングに注目。
アスカが家に来るとき、エレベーターのシーンとあわせ、「ドア」「ふすま」といったものが心の敷居の象徴として使われるのは3回目。
ミサトが最後に伝えたのは「レイはお父さんも招いていたのよ」

去ろうとするシンジに「誰がどんな対応をしたか」をTV19話と比べると人の絆が顕著になる。

57:モノレール内
「使徒だ」のセリフは顔を下げたまま(トーンも違う)。

58マリ&カヲル出撃
マリのおっぱい強調は以下ry。
この二人の動き出すタイミングが同じで、日本ネルフ側よりワンテンポ速いのもポイントかも。

59:第三新東京市
ゼルエル侵攻
形質への説明が冬月により追加。
ゼルエルの攻撃力はUP。TV版では一撃で18層だったのが今回は24層。
残時間とあわせ「3:4」の比はちょっと注目かも。
トウジがヒカリをかばうシーンあり。ここがこの二人最初の接点?

ジオフロントへ降りるミサト、シンジ。

60:ジオフロント
弐号機VSゼルエル
前半の戦い方、戦いの推移、やカメラアングルはアスカもマリもほぼ同じ。
※マリの方が戦い方に余裕がある。
ビーストモード発動。(直後のシンジ覚醒の伏線にもなっている)
レイとマリの連携。「にげて!ありがとう!!!」レイの4回目の「ありがとう」。
※エヴァの戦闘チームは連携するもの、という暗黙の了解が出来上がってるんだよな。

61:シェルター
マリの弐号機の「手」がシンジをいざなう。
「死んじゃうとこだったにゃ~」
「EVAに乗るかどうかなんて、【そんなこと】で悩むんだ」

62:駆けるシンジ
弐号機(≒マリ&アスカ)の手→零号機の首→スイカ畑の順
このときの負傷者の負傷部位が左目で共通するのは意味アリ?

63:ネルフ本部
「父さん!」で一瞬ハッとなるゲンドウ。

64:ゼルエルVSシンジ
シンジの行動は綾波を助けるで一貫している。

弐号機とマリによってEVAに「後一歩の粘り」を受け入れるキャパシティが示される

シンジ自身にも後一歩をやる動機がある

ミサトもその背景を理解している

のコンボ成立。

天使の輪っかつきエヴァ登場。
んなことよりも「つっこめ!!」って人のエネルギーの方に焦点当てられてるわけだけど。
だからミサトも「いきなさい」となる。

天使エヴァによるレイ救出。(BGM:「翼をください」)
「人に戻れなくなる!」
「いきなさいシンジ君!」
「綾波は絶対助ける!」
「ちがう!綾波は綾波しかいない!」
「来い!」
手がつながる。

(本編ここまで)



Cパート
65:カヲル&6号機参戦

次回予告









にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: EVA

thread: エヴァンゲリヲン

janre: アニメ・コミック

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/232-53eed2a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【エヴァンゲリヲン破 】

2009年時点のもの。先の感想を書く過程でシーンをメモりました。2012年の今だと参考になるのかどうか。ま

まっとめBLOG速報 | 2012/11/19 15:04

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。