Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » まどかマギカ »まどかマギカ劇場版 最速?解析メモ 劇中四日目時点まで

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

まどかマギカ劇場版 最速?解析メモ 劇中四日目時点まで  

まどかマギカの映画の初日を札幌で見た結果です。感想じゃなくて解析。メモ書きとかのご紹介。
19時段階で一回投稿しようとしたんですが飛びやがりました。
その時点なら色紙がまだあって、夜の部でもしかしたら入手できた方がいたかもしれません。
FC2シネヨって感じです。

とりあえず、札幌だったら明日の朝一はまだ色紙の入手可能性があるかも。

P1520127.jpg
※10月8日追記。札幌での色紙は翌日に品切れした模様。枚数は1400~1600程度が入っていたっぽいです。(画像


今日の混み具合は前回の記事でちょっと紹介しました。
私は9:50、15:10、17:50の3回一応立ち会ってます。
6日の18時時点でグッズはほとんど残ってました。朝だけ並んでましたが昼以降はそのまま買えました。
プロダクションノートが売り切れ、KANは全部在庫あり、クリアファイル、イヤホンジャックも全部在庫ありでした。マフラー不明。あと雑誌系は全部OKだったはず。
また、パンフレットはネタバレあんまりないです。ただし注意して見ると結構わかっちゃいます。

北海道では上映館が札幌のシネマフロンティア一館だけで、そこの最大のシアター5(541人収容)を開放しています。

ただし満席は見た覚えがなく、9:50の段階で9割強、15:10で6割弱、17:50で150人程度でした。


以下、今日映画館でメモったものをそのまま書きます。モロバレなので注意。

既に本編を見た方用。確かバレスレとかまとめでもそれなりに情報出てます。
質もクソもないです。データ収集に使いたい方用。


【追記】
劇中時間の三日目までを10月7日8時40分更新。
劇中時間の四日目までを10月9日20時00分更新。




注意:スクロールした下から直撃でネタバレきます。
















劇中時間1日目

【導入】
夢落ちなし。鹿目家の朝から始まる。自然のシーンがかなり増強。朝のシーンは同じ?ママのパジャマって赤かったっけ?
化粧道具の番号は10番まで。

ママの出勤後、まどかがパンをくわえたまま登校する。そのままカメラが引いて、まどかの下る坂からなめ上げるように見滝原の都心を映していく。ここでルミナス。



まどかたちがどういう町にいるのか、どういうところで暮らしているのかの描写がかなり増強。
まどかやさやかの「守りたい日常」の美しさが相当補強されてるってことでもある。
全体にスクリーン栄えするように保管がなされた印象。背景「だけ」のテコ入れはかなりある。




【ルミナス】
・まどかとほむら(テレビでも紹介されたやつ)
まどか→つないだ手→ほむら→まど神→因果の糸に囚われたほむら

・まどかの成長
鹿目夫婦と赤子まどか→ハイハイするまどか→高い高いされるまどか→入学式→運動会でのかけっこ→草むらに寝転ぶまどか、さやか、仁美(3人が小学校時代からの付き合いだという描写?)→学校(「学校」とだけメモ。上条とさやかだっけ?ここ記憶曖昧)→鹿目親子3人→たっくんとまどか

・魔法少女紹介
自室のマミ
教会(劇中時点よりやや崩壊が少ない)の杏子
病室のほむら(ループ直後っぽい)
まどかを中心に他の4人が回り舞台の上にいるかのように順繰りに紹介されていく。

・まどかとほむら
草原の中、白い椅子に隣あって座る二人。仲がとてもよさそう。

・走るまどか
シーンが学校から結界×3でパタパタ切り替わっていく。

・髪をといたまどか
背景が青空→ただの青空→黒い泡に切り替わる


ここでタイトル。「まどかマギカ 始まりの物語」 


まどかと家族の関係、仁美・さやか・上条の関係がここである程度説明される。
その分本編で幾分描写が省かれ(とくに鹿目家がらみ)、魔法少女たちにより重心が移っている。



【見滝原中学校】
7分30くらいでほむら登場。なめるように下から全身を映す。これ新規カット?
冒頭の夢落ちがないので、ほむらを見たまどかのリアクションがかなりゆるくなる(ただし知っているっぽい反応をする)

ほむらに話しかける女子たちのシーン、たぶん新規?
ほむらが具合が悪い顔をしてみせるシーンってTV版にあったっけ?
保健室に行く際、ほむらの美貌にみんなが注目するシーンがかなり増強。

ほむらの人気度が地味にUPしている笑


【ショッピングセンター 邂逅】
ファミレスのデザインが変更。まどかたちの座っているのがソファ→椅子になる。
まどかが「ほむらが昨日の夢に出てきた」とは明言する。
お稽古事の話の際、仁美が「もうすぐ受験」と言う。

さやかがCDを選ぶのは上条のため、というのもここで紹介。
まどかが聞いているCDがルミナスになる。画面はクラリス。

12:40手前 キュゥべえの「助けて」。
魔法少女ほむらは左足を階段のようなものにかけた、ヤクザの姉御のような形で初登場。こんなポーズだっけ?

魔女の結界描写、見滝原市の描写は全体にスケールアップ。シーンも追加されている。

17分ごろ マミ登場。ソウルジェムは卵大。浮いている。
17:30 マミの変身シーン。各パーツごとの動きがかなり詳細かつダイナミックに紹介される。
これは他の魔法少女も同じ。
マミは変身イメージが「花」。さやかは「水」。杏子は例のごとく「赤」(炎ではない)。

使い魔撃退後、間髪入れずにほむら登場。ほむらの後ろからマミを見下ろすカットはTV版にあったっけか?
マミが最初から縄張り意識むき出し(?)でほむらを敵視しているのが決裂の遠因。ここはTV版と同じ。


19:10ごろ 「僕と契約して魔法少女になってよ」


【マミの部屋】
シーン切り替わる。夕暮れの見滝原の様子でシーン4つ。木々→町並み→見滝原の三角州→川を隔てたビル街。
(マミの家がこのビル街の近く。)

マミの部屋も一回カメラがじっくり回る。かなりの高層階。

なお、このあと魔法少女のいる場所は段階的に上がっていく。
マミの部屋<さやかが契約した病院の屋上<杏子が見下ろす展望台 の順に高い。
なお、上条の病院の屋上が130階とかそういうレベル。見滝原は第三新東京市の比じゃない近未来的要塞(?)都市wwww人口7桁後半とかいるんじゃね?


マミが説明する際には営業のBGMがかかる。
なお、マミは基本ガラスのテーブル越しに映される。これはマミが「半分死人」であることの暗喩か?
また、「魔女」「死と隣り合わせ」と言ったキーワードのときに、まどかの顔が不自然にUPになる。


なお、このあとの鹿目家の描写はない。まどかが晩御飯に間に合ったのかは不明。


【病院】
病院の上条とさやか。さやか幼少時の上条の演奏の思い出が二人で曲を聴くシーンで挿入される。
さやかの座る椅子の背もたれはやたら高い。5mくらいある。

BGMはバイオリン。唐突に途切れる。


ここで一日目が終わる。 
無数の鳩が飛び立ち、朝。



劇中時間2日目
校内のシーンカット、朝の鹿目家の描写カット。それに伴ってほむらの愛想笑いの描写カット。
【屋上】
弁当を食べながらさやかとまどか。「幸せ馬鹿」であることに強迫観念を持つさやか。
これはTV版でも確か同じ。さやかは基本、言うことがぬるい。
さやかとまどかの弁当の包みの色は両者のイメージカラーと同じ。

ほむら登場。ここで新規BGM。中東っぽい。


【魔法少女になる準備】
いつものフードコート(2回目)。変わったのは背景っぽい。
さやかがバットを取り出した際のQBの顔芸は同じ。
まどかのノートの中身も同じ。この時点で既にほむらがノート上にいるが、スルーされるのも同じ笑


「ここでノートにほむらの絵がある」のが俺がまどマギで一番感動したシーン。
コレ見たら全ての悲劇ごっこはもうギャグになる。ほむらは最初からゴールのすぐ手前で手足をばたつかせているだけ。



【バラの魔女戦】
28分 町の遠景→ドーム球場?→列車庫→探して歩く3人。折々にOLの飛び降りへの描写が挟まれる。
「病院にこられると最悪」と言うことがマミにより明言される。
飛び降りに真っ先に気づくのはさやか。コレは確かTV版も同じ。
魔女の口付けの描写強化。
マミの頭のジェムが光る描写。
結界に入るときに一呼吸ためらうまどか。これはシャルロッテの結界のときも同じ。 
結界は例のごとく、TV版に比べて雄大なものに。

マミの戦いを見て「こわいけど・・・でも・・・」と思いを吐露するまどか。このときに画面暗転、黄色い光。

この「光」は後で2回登場する。ひとつがさやかと杏子が出会う直前。もうひとつがさやかと杏子が教会で話した後。
してみると、光は心が通じ合うことや出会いの象徴?
逆に言えば、マミ登場前にもこの光があった可能性が十分にある。要検証。


マミ対薔薇の魔女。BGMはMagiaのアレンジ。
魔女戦は全体に強化された印象。 

ここまでで32分。

意識を取り戻したあとのOLが取り乱す描写が増える。必然的にあやすマミの仕事が増える。

このあと、まどかと父親とのやり取りの描写が削られる。
「頑張ることじたいを目的にしてもいい」と言うアドバイスがなくなるので、「マミのかっこよさ」のみがまどかの決意に影響した形になる。


「それはとっても嬉しいなって」のあと、カメラが上空に引き。

まどかの強さのことってここで言われてたっけ?


【マミとほむら、対峙3回目】
噴水のところで対峙するシーン。「いじめられっこの発想」云々のやつ。ここも新BGM。
顔のアップで悔しそうとも怒っているとも取れる表情で唇をかみ締めるほむら。目は映らない。


マミとさやか、まどかが夜の街を歩くシーンなし。
「上条を助けたいのか恩人になりたいのかはっきりしろ」なし。
「女の子をせかすものじゃないよキュゥべえ」もなし。
マミがしっかりした考えの人、という描写が減っている。



【まどかの寝室】
まどかとキュゥべえ。
力がほしいのか?というキュゥべえの問いに対し、「何もとりえのなかった自分が役に立てればいい」とまどか。
パパとの会話がないので、まどかの「魔法少女になることについていろいろ考えました」はここのシーンだけが根拠になる。



劇中時間3日目
※3日目ではなく、2日目のあと日数が開いている可能性は無きにしも非ず。

【病院】
上条の病室の花が比ゆ的に映される(退院時だけなぜか見れてない。なかったはず)
BGMはTV版での杏子対さやかの初対決時のもの。
「マミならテレパシーでボクの位置がわかる」とキュゥべえが明言。これは新規追加?
→まどかがほむらの危機に間に合うために必要になる条件

朝のパパとの会話がないので別の展開があるのか?と思いきや・・・



【結界内】
シャルロッテの結界。ここでも一歩遅れて入るまどか。
40分 ほむらがマミとまどかを呼び止める。ここで新規BGM。
ここはこの先の展開を知っている人はぐっとくるはず。
曲調とタイミングがこの後の悲劇を明示する。展開はTV版と変わらず。


まどか、「魔法少女になりたい」とマミに告白。ここも新規BGM。


そして・・・

挿入歌の『未来』がくる。『巴マミのテーマ』に日本語の歌詞がついたもの。これでマミの悲劇が確定。
巨大な銃の上で「もう何も怖くない」というマミは、より凛々しい立ち姿に変更。

どうでもいいけど、まどかと一緒にいて「私は一人じゃない」と思ってしまうことは実は死亡フラグ。

シャルロッテ戦のBGMはより荘厳なものに変更(これも新規?)
46:20ごろ マミってマミ退場。ソウルジェムが砕ける描写。マミられたすぐ後に死んだことが示される。
(シャルの体内でしばらく生きてましたよ説が完全に消える)

ほむら対シャルロッテも新BGM。

結界がとけ、「マミさんに返せよ・・・」となって終わり。

(ここまで10月7日8時40分に追記)


劇中時間4日目
※朝食時にまどかが涙を流すシーンがカット。OPで鹿目家の描写が盛り込まれた分、まどかと家族とのシーンは相当削られている。その分、死に行く魔法少女たちの命の輝きにスポットが当たった印象。

【見滝原中学校屋上・去っていくキュゥべえ】
花のシーン×3の後、朝の学校。
花の名前とか花言葉には意味があるかも。

あんな死に方をしたくないと泣くまどか。見つめるさやか(このシーンあったっけ?)。
さやかは見滝原の治安維持についても心配している。

「一緒にいて楽しかったよ」と言ってキュゥべえが去っていく。
ところで、彼は一緒にいて楽しいようなことは何かあったのだろうか?まどかの寝室に当たり前のように上がりこんでいた以外に記憶がない。
というか、キュゥべえは契約よりも女子中学生と一緒にいることを楽しんでいるようにも思える。


【マミのアパート】
特記事項なし。基本はTV版と同じ。
ただし、マミの部屋の物理的な位置が高くなっており、窓からの景色も見滝原のビル街に変化。
劇場版では外を楽しそうに通過する親子の描写がカットされてたかも。


【夕暮れの道・まどかとほむら】
スクリーンサイズに対応したのか、劇場版では全体に町のスケールが大きくなっている。
まどかとほむらが歩く道も、工場街と住宅街の境にある高速道路並みの高度を行く道に変化。

※近未来的で小奇麗な住宅街と、どこか禍々しくて無骨な工場街はTV版でも対比されていた。
基本、戦場はこの二つの世界の境か工場側。逆に言えば、マミは本土防衛戦で死んだことになる。


これに伴い、ほむらが去っていく方向が「階段を下りる」ではなく、「道の先に消える」に変わっている。
(階段を下りる場合、ちょっとした耐久レースになるw)

ここのBGMは新規。背景が大幅に強化。TV版では空が淡い紫だったものが、赤と黒がより強調された鮮やかな夕焼けになる。浮かび上がる無骨な機械群もボリュームアップ。

セリフの際は、赤と黒が混じる空の境界に人物が来る配置になる。
「私は覚えている」のシーンは新規作画か?


【病院・奇跡も魔法もあるんだよ】
夕方のため、さやかだけぽっかり暗闇の中に浮かび上がり、スポットライトが当たるような構図に。
恭介のベッドが巨大化。このため、左手を叩きつける恭介にさやかが覆いかぶさるシーンは、さやかが全身をベッド上に投げ出す形になる。

58分 「奇跡も、魔法も、あるんだよ」。作画は新規。


【夜の街・第三の魔法少女の登場】
街中を彷徨する仁美のシーン、TV版では他の通行人がいたが、劇場版では仁美が一人でふらふら歩いている。
ハコの魔女の結界の描写も増強。BGMは新規。
魔女撃破後にほむら登場。背景は三日月。


このヒト、地味に肝心なときに出遅れること多いよね。

病院では、月明かりの下で恭介の手が動くようになる描写。


ここまで、10月9日20時00分更新。

関連記事
スポンサーサイト

category: まどかマギカ

thread: 魔法少女まどか★マギカ

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/211-1277fe8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。