Blinking Shadow ホーム » ガンダムAGE »ガンダムAGE感想(速報) 49:長き旅の終わり

ガンダムAGE感想(速報) 49:長き旅の終わり  


全部は見れてないです。
PCastTV4が最後の最後でバグりやがりました。
AURORAが終わったところでPC画面が真っ白になり、途中で音声のみ。

てことで感想は後半に限定されます。




前半見れてないんで殆ど何もいえないことに気がつきます。


オクラムドが生き残っていた理由:
「そこそこ知らされていて」「そこそこ権限持ってて」、よーするにヴェイガン生存部隊の代表&窓口として地球側と話すためだったのネ


イゼルカントの先見の明:
ヴェイガンの共通言語を地球と通じる言葉のまま残しておいたこと。


フリットの改心:
Xラウンダー能力で共鳴、というのは納得。でもここで死者かよw


青い鳥:
ミンスリーでユリンの肩にとまっていた鳥。


アスノ三代:
海賊さんは無事に復帰できたのネ。こりゃヴェイガンも多分、あんまお咎めなしなんだろうね。



共闘:
プラズマダイバーをまず捨てて見せたのはえらいと思う。


赤から青:
青い星からの日の出:


P1510958-001.jpg
P1510959-001.jpg
P1510960-001.jpg

これをやりたかったわけネ

火星の怨念も青い輝きに浄化されましたよ、と。



ブルーシア:
この街ってキオ編のときどうなってたんだろう。



銅像フリット:
アスノ司令ではなくジジットの像が残っている以上、「対ヴェイガン戦の闘士」ではなく、「戦争を終結させたラ・グラミスの英雄」というのが彼の評価になるのだろうね。つまりA.G.201の時代はヴェイガンにとってもそれなりに住みやすい世の中なのではないか。

後は情報が少ないのでよくわかりません。
とりあえず何がなんだかよくわからないので、最初から見返したりあげーむやったりしてみます。


終われないことを強いられているようです。
関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 1   cm: 3

コメント

え~っと、しつっこくてゴメンなさい。終わっちゃいましたし、たぶん、もうこれで最後です。

銅像や博物館のガンダムっていうのは、たぶんフリット自身が望んでいなかった「救世主」の形かな思うんです。でも終戦の時点でフリットは軍のトップ(かなり世間の目にさらされる、というかそのための軍復帰だと私は思っている)ですから、フリット(というかアスノ一族)の意志とは関係なく、あれよあれよとそういうのができちゃったのかも…。たぶんラストのあの時点では、もう世間では単に「救世主フリット」「救世主ガンダム」という、実のない、言葉だけの輝かしい伝説みたいになっちゃってると思うんですよね。今の1stガンダムみたいな感じ(名作だと言われているから名作…的な)かな…。(1stだけがガンダム史をつくってきたわけではないのに)

ヴェイガンの人々は特に迫害はうけてないでしょうね。そういうのは、イゼルカント(結果的にゼハートも?)がぜんぶ引き受けてくれたんだと思います。

う~ん、しかしアセムとキオはなんだか嬉しそうだったし…どうなんでしょうね?私の予想はあたったんでしょうか?やっぱり隠れ50話説は有効なのか!?

・・・ま、まぁ予想通り駆け足でしたし、意味不明なところもあったんですが、いい最終回だったと思います。君の中の英雄が未来の君を目覚めさせてましたね!
今日でやっと祭りが終わったかなぁ…ありがとうございました。

ビニールシート #- | URL
2012/09/23 22:01 | edit

ゲーム版の最後を見た人には救世主がガンダムだと思うはずです
日野さんが発言していますが、フリットはあくまでも偉人です
キャッチコピーにもガンダムは救世主になれるのか?とあるように、救世主≠フリット 
救世主=ガンダム
だと思われます

デスマ #- | URL
2012/09/23 23:13 | edit

ゲームは画像数枚(博物館のガンダムとフリット像)みただけなんですが、そうですかぁ…「フリットは偉人」ですかぁ…日野さんそんなこと言ってたんですね。確かに、そのほうが自分の考えてる事と、よりマッチしてるかも知れない…!そこがゲームとのちがいなんですか。私は「そういう形で残されることをフリットは別に望んでない、フリットとガンダムの背負ってきたものまではAGE世界の人々には伝わらない」というのがゲームと違う、渋いところだと思ってたんですが、クッソ~!全然ダメだ自分は~!

「ヴェイガンの人々が迫害をうけてない」なんて、そんなことわかるもんか!何を言ってるんだオレは?

またいまさらなんですが、「ユリン」と「エミリー」が何なのか、やっとわかった、というか、置き換えられるようになったというか…。やっぱり置き換えは楽しいですね。こうなったのも頷けるというか。これもさわKさんが普通に言ってたんだけどな…クソッ。デシルとアスノ一族に注目してたのに、なぜ気づかなかった!?

「死んだユリンが許してくれた」ではなくて、「ユリン(というか、みんな)が死んでしまったからこその『今』を、フリットが許した、認めた」ってことでいいのかしら・・・?

…何回もごめんなさい。もうホントにコレで控えます。仕事も手につかないし(汗)
おかしな発言してきたかもしれないんですが、いま、ちょっとずつ自分の頭の中で修正かけていってるんで、よっぽどAGEやさわKさんを貶めるようなことでないかぎり、華麗にスルーしてやってください(笑)これ正解を公式が発表することはないんでしょうね…。ありがとうございました。

ビニールシート #- | URL
2012/09/24 07:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/204-5ac6be81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

機動戦士ガンダムAGE 第49話「長き旅の終わり」

三世代100年(?)が売りだった作品ここに終了~。 1年間長かったですね!  4クール作品というのは見続けるうちに、なんだこれ?って登場人物が居ても、 しだいに馴れていって

空 と 夏 の 間 ... | 2012/09/23 20:02

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop