Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » ガンダムAGE »ガンダムAGE感想 番外12:「REALのリアル」解答編

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ガンダムAGE感想 番外12:「REALのリアル」解答編  

先の記事で書いた「この画像のリアルはなーに?」の解答編です。


【問題】
「この画像の"リアル"とは何か?」


REALのリアル2-001

※画像はクリックで拡大します。



ということで解答いきます。
元サイズご容赦。クリックで拡大します。

REALのリアル1

これ、先ほどの

REALのリアル2-001

の直前の画像です。



お気づきですか?






解答いきます。







REALのリアル詳細


「Lock」の文字が見えます。
紫のレティクル(照準)にこのフォント、とくれば・・・


そうです。

これはヴェイガン機のコクピットから見た光景なのです。
青空を疾駆するアビス隊の見せ場のように見えるシーンですが、実はこれは敵兵が見た映像。

では、その彼なり彼女はどんな機体に乗り、どういう状況で、どんな命運をたどったのか?
これも、REALの映像の中にすべて答えがあります。



まず、アビス隊が飛来します。舞台はロストロウランと思われます。

REALのリアル前章その1-001



パイロットはこの3人。セリック、シャナルア、デレク(?)です。

アビス隊-001




地上ではダナジンとウロッゾ?がアデルを蹴散らしたばかりのようです。
アビス隊に気づき、ダナジン2機が迎撃に出ます。両軍最新鋭の可変機同士の空中戦です。


REALのリアル前章その2-001



ここで、カメラがダナジンのパイロットに切り替わります。


攻めかかってくるアビス隊。

REALのリアル前章その3-001


先制攻撃!敵の一機が体勢を崩します。

REALのリアル0-001


体勢が崩れた敵を僚機が追う。

REALのリアル0.2-001

しかし・・・

REALのリアル0.3-001

後方からのビームで、僚機はあっさり落とされてしまいます。

REALのリアル0。5-001




ビームを撃ったヤツをロックオンしようとする。

REALのリアル1



REALのリアル1.5-001

相手も可変機だった。

REALのリアル1.5-001

凄まじい機動で迫ってきます。

REALのリアル1,8-001




ここで、表題のシーンになる。

REALのリアル2-001





直後に・・・
REALのリアル2.2-001


クランシェカスタムのサーベルが振り下ろされます。
REALのリアル2.5-001



再び、カメラが切り替わります。

爆発。
REALのリアル3-001


飛び出してきたのはアビス隊。
例のダナジンはやられてしまったようです。

REALのリアル3.2-001


何事もなかったかのように、再び天空を疾駆していく。
REALのリアル4-001


アビス隊がらみのシーンはここまでです。
アビス隊の活躍のシーンに見せ、アビス隊VSダナジン2機のドッグファイトが、一瞬ダナジン側に視点を切り替えて描写されていたわけです。この7秒の中のリアルは、一人のヴェイガン兵の死に様のリアル。



ダナジンといえば、A.G.164時代のヴェイガンを支えた名機です。
空の守りとして、地球圏の戦線で活躍し続けました。

また、ロストロウランで戦った機体なので、このダナジンはザナルド艦隊の所属だと思われます。
つまり、ラ・グラミスと共にビッグリングを奇襲してきた、ヴェイガン最精鋭の部隊です。

29侵攻軍-001



潜伏組じゃないから、本国から来た人、つまりは地球の青空に焦がれ続けてきた人たちの可能性が高い。
ロストロウランにしても、あんなに高い山も、緑に包まれた絶景も、滝も、セカンドムーンにはないものばかりです。
※そのつもりで見ると、オリバーノーツも、ヴェイガンにしてみれば「望んでも絶対に手に入らなそうなもの」に溢れている街です。

紫のレティクルに気づいたとき、ふと、このパイロットがどんな思いで戦ってたのかなーと想像が広がりました。
青空が当たり前じゃない世界から来た人たちには、この地球のみずみずしさはどう映ったのか。
「REAL」の片隅の、約7秒の地味な「リアル」でした。

アビス隊が全滅し、本記事の参加者は全員が鬼籍に入りました。
このダナジンと一緒に攻めてきた人たちも、ほとんどがもう死んでしまっているはずです。

今の僕らのワクワクも、みんなが触れ合ってきたこのAGEも、次にお会いするときにはもう「定まってしまった歴史」。


30分後にはいよいよ本編です。
余韻をかみ締めつつ、待機してみます。

関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 2

コメント

あー本当ですね。
今までは『何だか生々しい視点だな』と思ってたんですが、思ってただけで考えていませんでしたorz

よくよく考えればあのコックピットはヴェイガンのモノですよね。

最終回を観ましたが『死んだフリットの母親のマリナとフリットの孫のキオが似てる』
意味がわかった気がします。

宮藤椿 #- | URL
2012/09/23 21:58 | edit

確かにヴェイガン製モビルスーツのコックピットは宇宙世紀で言う全天型リニアシートだから、この描写で不自然はないね

名無しのグルメ #- | URL
2013/08/05 23:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/202-97103171
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。