Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » ガンダムAGE »ガンダムAGE感想 48:絶望の煌めき’

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ガンダムAGE感想 48:絶望の煌めき’  

バンダイTVで見返しての48話の雑感です。
自分の予想に縛られて凝り固まってましたが、勿体無いことをしました。

今回はゼハートの側近、フラムとレイルについて。
勿論、スーパーパイロットのあの人にも触れます。

画像入りでバトル解説してみましたが、またしても長いです。

ゼハート隊





まず、
お気づきの方も多いと思いますが、アセムの台詞「味方を撃つな」は後のゼハートの行動への前フリになっています。

ゼハート呆気なさ過ぎじゃない?と感じられた方も多いかと思います。
「有為の才をもちながら、孤立したまま命を散らしていく若者」がテーマなのかなと改めて感じました。

レギルスが本来の性能を出せていれば・・・
ゼハートはこんな死に方をして良い人間じゃなかった・・・
仲間同士で連携ができていれば・・・
この戦い、こんなはずじゃなかったのに・・・(では、どんなはずだったのか?)


このへん全部、推測が可能な材料がちりばめられています。
魅力的な敵が死んで悲しいというのはあるけど、喪失感はうまく出せていると思う。


喪失感とか、子供が孤立したまま死ぬ哀れさは、側近の二人の戦いにも良く出ています。
今回死んだフラムは、艦の指揮からMS戦まで、ゼハートの必要なことをすべてサポートできる逸材でした。
同じく、レイルにしても諜報から小隊指揮までこなせます。
また、ストライダー形態のダークハウンドにシャアキックを当てているので腕は確かです。
ゼハートはゼハートで、劇中人物のなかでただ一人「ほかの全員の代わりをこなせる」人材です。


ゼハートはともかく、フラムとレイルは死兵としての覚悟を決め、心をひとつにして連携して戦っていました。

A2ZOxPDCYAA3Azq.jpg

だから、彼らは自分たちと同世代以下のキオとジョナサンを圧倒します。
それでも、彼らは無残に散っていきました。
レイル好きだったんで見返しまくったんですが、敗因が興味深い。


まず、フラムがキオを押し込みます。動きを止めたところでレイルを呼ぶ。
ビットを使え!という話ですが、この時点でフラムのビットは全滅していた模様。
このシーンを含め、このあと最後まで一切の描写がありません。
また、フラムの左手は既にアセムに飛ばされています。文字通り刀折れ矢尽きているのがフラムです。

フリーだったレイルがすかさず撃ちかけようとしたところに、ジョナサンとオブライトが二人がかりで体当たりをします。


レイルの死まで1


そこで、フラムは思わずレイルに気を取られ、一瞬隙ができます。
その刹那、キオとフラムの間にフリットの射撃が撃ち込まれ、キオが脱出。

レイルの死まで2


一方、体当たりを食らったレイルは体勢を崩したまま、右手の切り上げでオブライトのランチャーを飛ばします。

レイルの死まで3
レイルの死まで4


そこで二人の距離が開くのですが、対応に明暗が分かれる。
弾かれるのを見越していたオブライトはすかさず体勢を立て直し、左手でサーベルを「抜かず」に右手に「トス」します。
このときの彼、恐らく手元を見ていません。これは場数を踏んでいないとできない。

レイルの死まで6


右手に渡ったサーベルで、レイルの左側から腹を貫く。オブライトは一切流れが止まりません。


レイルの死まで7
レイル

一方のフラム、ここでまた気を取られてしまう。
それでも気を取り直そうとすると、死角からジョナサンの体当たりが決まります。


こどものげんかい0
こどものげんかい0。5
こどものげんかい_convert_20120922111936
こどものげんかい2


この表情は最高です。
頑張っても、子供は子供。彼女の年相応の表情は初めて見たように思います。
また、この体当たりの衝撃でフラムの髪が解けます。


ジョナサンの死

体当たりの体勢のまま、ゼロ距離でライフルを打ち込もうとするジョナサン。
でも、エネルギーをためている5秒弱の時間であっさり両断され、無念の業火に沈みます。


ジョナサン両断
ジョナサン



そのフラムにオブライトが襲い掛かります。
まずリボンを左手で受け、左手を切り飛ばさせます。これでリボンがオブライトの後方に流れます。

フラムの死まで1
フラムの死まで2


そのまま懐に入り、右手のサーベルでフラムの魔法ステッキ()を薙ぎ落とします。


フラムの死まで3

右からフラムの左足の蹴りがきますが、これを返す刀で薙ぎ払う。
ツバメ返しでしたっけ?なんか一刀流の技でありましたよね。

なお、この時点でフラムに残された武器は右手と右足だけです。

フラムの死まで4



さすがにフラムも精鋭なので、ここで反撃が入ります。
右手のビームをサーベル状にして、オブライトに致命傷を当てます。

フラムの死まで4.8
オブ1。2
オブ2


ここで、フラムの詰めの甘さが出る。
止めを押し込んでオブライトを焼き殺さず、勝利を確信して「雑魚が今更あがいたところで!」と言い放ってしまう。

フラムの死まで6
フラムの死まで6。2

ロスが、3秒。
この3秒で、オブライトの右手の動きに気づくのが遅れます。その遅れが致命傷。

オブ2。7
オブ3


くるくる回ったオブライトの手首から放たれたサーベルが、フラムのコクピットを焼きます。

フラムの死まで7


脱出不能になると同時に、ファルシアもフラムも機能停止を強いられます。

フラムの死まで8


うん、長いですね。コマ送りがないのは不便です。
オブライトはスーパーパイロット、というコメントをいただいたので注目していたのですが、ポイントが二つあります。

まず、単純にオブライトは老練です。いやローレインだし。
レイルもフラムも決して弱くないのですが、体勢を崩された後の反応とか、手を返す速度とか、レイルフラムの1挙動の間にオブライトは2挙動しています。コレは無理だよ。
そもそもヴェイガン側は分断された上にそれぞれ1:2を強いられていました。

また、地味にとても重要なのが、オブライトは注意が切れていません。
レイルの動きが止まったとき、レイルが死んだとき、フラムはそれぞれ注意がレイル方向にそれ、目線を切ってし
まっています。ジョナサンと戦ったときも、オブライトと戦ったときも、彼女は「広く敵を見ていなかった」ために攻撃を当てられています。

そのジョナサンにしても、フラムにくっついてからライフルのエネルギー充填を5秒待っていたから、その隙でカウンターを食らっています。

では、オブライトは何をしたか?ポイントがこの画像です。

オブライト









解答編。

オブライト2

彼はサーベルの電源を切っていないのです。すぐに殺せる態勢のまま戦っています。



フラムレイルと同年代のときのオブライトがどういう人間だったかは、私たちはアセム編で知っています。

若オブライト


さえないキノコでした。
能力も資質も、フラムとレイルというヴェイガンのトップエリート二人とは大きく差があったように思います。


でも、今のオブライトはフラムとレイルの二人を討ち取ります。格が違う。
ここがAGEなのかなーと思います。
人がAGE(加齢)して成長することの成果でもあるし、AGE(世代)の中で人と育んで人間関係を作っていった結果でもある。
才能と覚悟と連携があっても、若者は加齢の厚みの前に敗れ去ります。

おぶらいと




振り返ってみると、この「世代間のタテのつながり」の断絶と、それに伴う希薄なヨコのつながり、という構造はAGEの物語全体に効いています。これは、ここを読まれている多くの方が感じておられることだとも思います。

ヴェイガンの名前つきの人たちをリストアップしてみます(何人思い出せるかな?)。
イゼルカント、ゼハート、ザナルド、フラム、レイル、ギーラ、ダレスト、マジシャンズ8、ダズ、メデル、ファントム3、ディーン・・・おおっとデシル忘れてました。それにレイナ。
この人たち、みんな個々の能力もMSの戦闘力も傑出していて、主人公側の準レギュラーたちとは文字通りに段違いでした。
彼らの間で心はそれなりに通じていたし、わざわざ足の引っ張り合いもそれほどしていない。
※ダレストはシャナルアを篭絡し、のちに32話でシャナルアに討たれちゃった人です。


こうやってリストにしてみると、浮き彫りになると思います。
なんか「惜しい」「勿体無い」のが多い。


彼らには何が足りなくて、どこで「手からこぼれた」のか。




エデン

いやお前戦闘中にエデン見てるなよ、敵を見ろよ、って話ですが。
アセムにがたがた言われても「私は光だ!人ではない!」で済む話ですが。

そういえば、Twitter上で「エデンは死後の世界だ」というトリトンさんの発言がありましたが、確かにメデルは死の間際にエデンを見ています(28話)。

そもそも、エデン自体がイゼルカントの詐欺かもしれない。エデンには誰がいるの?誰がいけるの?という話です。
今いる子供世代を磨り潰しながら目指しているのがイゼルカントのエデンです。
「選ばれなかった人はどうなるの!」というキオの意見が本質を突いている。
いるとしたら、該当しそうなのはロミだけです。


ゲームでは、ゼハートが死の間際に「俺とお前がいた場所がエデンだ」という旨のことを言っています。
でも、アニメでは違う。彼の手からは零れ落ちたものもあるけど、彼の手は別のものを掴んでいます。
手には二つ以上のものを持てないのが、AGEという物語の世界。


握手の代わりに握ったもの-001


これも、アセム編を振り返ると面白い。
公人の「ゼハート様」のために死んでいった人間も沢山いますが、ドールはどうも、違うともとれるのです。
彼は死ぬ間際までゼハートを「お前」呼ばわりしていて、アセムを助けるという司令官らしからぬ愚挙をやったゼハートを助けています。
「弟のように見ていたのではないか」という意見がTwitter上にありましたが、フロスト兄妹は「私人ゼハート」のわがままに付き合って死んでいった人間だとも言えます。

だから、フラムとドールの手によって「戦士」ゼハートが「人間」にさせられちゃったのね!ともいえます。
いやお前狂気を理解した光で押し通せよ、って話ですが。

でも、その光に希望を見出した人間もいました。

フラムの煌めき

彼女はわざわざ「優しい心を取り戻すため」戦っちゃってました。
「光のゼハート」にしてみれば大きなお世話です。


フラムがゼハートの勝利を確信して死んでいっているのは、ゲームとの大きな違いです。
ゼハートにしても、本当にエデンにたどり着いたのかもしれません。

してみると、子供は子供なりに、閉じたキレイな世界で安らぎを見出した、ともいえる。
でも、それは答えにはなりません。
彼らは勝てなかったし、他者とも共存ができなかったから、迷惑な自殺に過ぎない。


閉じていた世界には、何が足りなかったのか?何で勝てなかったのか?AGEのAGEであるが故の答えは何だろう?
明日の最終話まで見ないと完全な答えは出ません。


ただ、ヴェイガンに決定的に欠けていたモノはこれじゃね?というものを、44話の「別れ行く道」で見つけました。

ヴェイガンに決定的に欠けてたもの2

シド討伐のために一時離脱する際、不安がるキオに、「心配するな、すぐに追いつく」とアセムが微笑んで見せます。
この笑顔が、キオを守る力になりました。


もうひとつ、48話に象徴的なシーンがあります。
冒頭で、前回47話でのセリックの死に、アビス隊もナトーラも泣いていました。

その涙、宇宙には落ちず

でも、涙はもう宇宙には落ちない。涙滴は後方に水平に流れていっています。


後進を見守る大人がいるから。

ヴェイガンに決定的に欠けてたもの

この老フリットのまなざしにはぐっときました。

そういえば、子供が安心して走り回れる環境は大人がいつも見守っていたよねーと、振り返って思います。

ディーヴァ・わが家

AGEでの明暗は、やはり「家」とか「家族」によって分かれたのかな?と感じます。




【おまけ】
裸で生まれ裸で死んだゼハート。
この風呂はギャグだと思ったけど、背景の「富士」「雪」「緑」「桜」「雲」「青空」。
全部、ヴェイガンにはない贅沢品ばかり。そもそも、風呂に入れること自体が貴重なのかもしれない。


16風呂

物語世界に生れ落ちたときから、彼は夢の国の王子だったのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 1

コメント

加齢していく物語、AGEですか。面白い解釈ですね、感嘆です。フリットやアセムが代表的ですが、オブライトも二部からの登場でその辺を魅せてくれるキャラだったのか。

私もレイルは地味ながら好きでした。MOEでは短い時間にけっこう出てきて、相変わらず影は薄いけど出番が増えていて。ダズさんにも同じことが言えますね。

朽磨呂 #- | URL
2015/02/04 22:41 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/201-c62b3560
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。