Blinking Shadow ホーム » ガンダムAGE »ガンダムAGE感想 つめあわせ(1)

ガンダムAGE感想 つめあわせ(1)  

お久しぶりです。おはようございます。
正直、何から見返そう。。。うわぁ量多いよ、とかで頭リセットしてました。
たくさんのコメントをありがとうございました。正鵠を射たご指摘が多く、自分の中での「思い込みのワナ」は本当に怖いなと改めて実感します。

こわいなーめんどくさいなーとか思いつつ見てたのですが、

さっさと見てればよかった


今から見るとホンット意味が変わります。やっぱり、このガンダムは今が旬なのだと思います。
ここ数日、AGEのPSPもやり込みまくってたのですが(戦っていたのは実質NPC)、データを見ていると「そんなことしない方が良かったwwww」とか気づいてorzだったりします。今のこの空気が時代そのものなのではないかと思います。
ツイッターとか、感想スレッドとかでどうなってるかな、ってわくわくした気分。
僕らがこの先に持っていける宝なのだと確信しています。未来の人はもう、このワクワクは味わえない。

ということで、お待たせして申し訳ありません。アニメの解説屋とか向いてないなと心底思いました。
今回は興味の赴くままに見返したポイントです。記事になりきらなかったもの、気づいたもの、など、など。
ちょっと多すぎるので、テーマとか分量で絞るのが難しいです。


とりあえず結論はひとつ。
「どこを見返しても多分面白い。順番とか要らない」です。

コマ送りと一時停止だけ、できるようにしておくと良いかも。



文章ごちゃごちゃ書いてたんですが、私の文章をお読みいただく時間で現物見た方が多分面白いです。

とりあえず気づいたポイントだけ。
・フリット編のアバンに、百年戦争をどこから数えるかの答えがある。
・アセム編、キオ編のアバンは共通して「赤→青」の構図が埋め込まれている。
・27話ダウネスでアセムが「ずっとお前に追いつきたかった」と言っている。
 これは48話のゼハートにとっては恐らく、せいぜいほんの2~3年前の記憶だと思われる。
 高校のときに「追いつきたかった」と言ってたヤツと社会人1年目の同窓会で再会した、とかそんなイメージ。
・ゲーム感覚でAGE-3を動かしていたキオだが、セカンドムーン空域では一発も発砲していない。
・イゼルカントのエデン論、39話の対キオと44話の対ゼハート、内容が殆ど同じ(再掲)
 キオとゼハートの答えが何で違うのか、何でイゼルカントが丸投げしちゃったか、などもポイント。
 また、両者への問いで、「キオには言っているけどゼハートには言っていない」ことがある。
・同じく44話冒頭、「ゼハートに全権を託した」とイゼルカントが言ったときにイゼルカント妻が目を伏せている。
 後継者問題かと思っていたが、今見返すと意味が変わる。



なお、コレをお読みいただいている時点でバンダイチャンネルで48話が解禁になっているはずです。
レイルとフラムがどのように討たれていったのか?も注目。

ゲームの攻略法とかも書こうと思ったんですが無粋でした。鍛えちゃってから痛感したのは、AGEのゲームはやりこまない方が面白いということ。レベル上げほとんどやらないで、とにかくストーリーを押し進めるのがベストっぽいです。細かい数値とか能力の調整が実に面白い。鍛えちゃって後悔してます。


ここで腕パーツのデータ表を見ていたのですが、色々見えてきます。
これも、じっくり言い出すと記事が一本立ちます。本編の展開を追いかけながらだと「ニヤリ」できるはず。
たとえば、グルーデックはどうやって勝つつもりだったのか?とか、工房はなぜあんなに同時代の評価が高かったのか。フリットじいちゃんはなんで30話で「ディーヴァがくればどうにかなる」と思っていたのか。など、など。


まーもうシャクティ調に「見てください」がベストです。僕日野さんの手先ですウェヒヒヒ
ナマを感じておくことは、今しかできない得がたい経験だと思うのです。
明日で国に帰っちゃう留学生みたいなものかな。
再会はできるけど、あったときにはもうお互い、違う人間になってます。




なお、私が見ているときのポイントがいくつかあって

1:相手の立場で考える
 (多分これが一番重要。ヴェイガン兵の気持ちを念頭に置くとAGEは一気に面白くなります)
2:この企画はどこで「金を突っ込むに値する」と見られたのか?で考える。
3:結果を前提にして見る(ゼハートはなんで死なねばならなかったのか?)
4:「なんでこうなるの?」という疑問を持つ
 (揶揄されたシーンがらみが多いです。なぜ「強いられた」は集中線なのか?なぜジラードが出てきたのか?)
5:もし「・・・・だったら」と、別の仮定をおく
 (例:タイタス登場時にフリットがドッズライフルをもっていたら?)

あたりです。
ざっと書き出すとこんな感じです。意識してる、ってより、身についちゃってる模様。

ただし、予想に走りすぎると前回みたいなことになります。
自分の予想の的中率を知るのも大事かなと。コメントでもご指摘をいただきました。
対策としては、自分を疑うこととか、自分が当たったかどうかの検証をしっかりやることなのかなと思います。

とくにAGEは一瞬目を離すと意味が変わるので、非常に面白いです。



コメントは個別に返していきます。ホント素敵なご意見が多いです。
長くなりますがご容赦ください。(いつもありがとうございます)




最後にひとつクイズを出しておきます。
キオ編OPの「REAL」より。

REALのリアル2-001


この一枚絵に地味なドラマと「リアル」が埋め込まれています。
さて、どんなリアルでしょうか?


解答をすぐにご覧になりたい方はTwitterを参照。


詰め合わせ失礼いたしました。お付き合いありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 4

コメント

新記事アップお疲れ様です。
さわkさんの考察や皆さんのコメントを拝見していると、同じ作品であってもいろんな見方、考え方があるのだなと感心してしまいます。
先日、某雑誌にて安彦良和さんがガンダムの縦軸はシャアの復讐でガンダムの物語の本質だと仰っていました。ご本人もジ・オリジンを書くまで、シャアの復讐は物語の綾に過ぎないと思っていたそうです。考えてみると、成る程宇宙世紀のガンダムは逆襲のシャアに至るまで物語の中心にはシャアがいたように思います。
そこでふと思ったのですが、ガンダムAGEは日野さん流のシャアが主人公のガンダムなのではないでしょうか。優所正しい家柄の出身であったり、家族と死別していたり、最愛の女性を失っていたり。シャアとフリットの類似点は枚挙にいとまがないほど。復讐に傾倒していく展開もそっくり。
既出でしたらすみません。わたしもAGEをもう一度見返してみようと思います。

確かににアバンタイトルで百年戦争の数え方を明示していましたね。わたしはコールドスリープを繰り返したイゼルントの生涯が百年だとおもっていました(汗)

せゆこ #ZLwMBPH6 | URL
2012/09/22 15:07 | edit

>>せゆこさま
前回今回コメントありがとうございました。
アダルトチルドレン、なるほどと思いつつ拝見していました。
この話は親として見る、子として見る、青年として見る、色々味が変わるように思います。

シャアかもしれないし、アレンジしたシャアかもしれないし、シャア+別の誰かかもしれないし、日野オリジナルの可能性もある。物語のテーマについては、あと30分あるので私もちょっとうかつなことは申し上げられません。

百年の件は私も見返しておおー!でした。イゼルカントの方と混同しやすいですよね。天使の落日、フリットの生まれた日からが正解です。

コメントありがとうございました。

さわK #- | URL
2012/09/22 16:35 | edit

お邪魔しま~す。最終回までに、どうせ既出であろうことを、またまた空気を読まずに吐き出していきます。恥を晒します。

●この作品が最も言いたかったこと
ラストがどう転んでも、たぶん「存在の肯定」だと思います。大正解じゃないかもしれませんが、的外れではないハズ。日野さんの「残酷さよりも命の大切さ云々」のつぶやきも、これならうなずける。デシル兄さんとアスノ一族を見ててずっと思ってたんですけど、最近、より補強された感じ。

●残りの年数
1stガンダムが今の地位(あんまり知らない人からもチヤホヤされる)に来るのにかかったのと、だいたい同じくらい?

●今のED
本編よりいろいろ語りまくってる気がする。見えないけど、いるのか?ガンダムよりも、まわりの光や小惑星に注目すべきなのか?それとも、最終回だけ登場するんだろうか?

●「1話=隠れ50話」を推した理由
49話終了というのが、なんか気に入らないです(笑)。「最終回まで観ただけじゃ、まだ終わらないぜぇ?」「あと1話で50話だよ?」と言っているようだ…。これが48話とかだったらなにも思わないんですが。

この作品は「一見、真反対のものがぶつかったり、くっついたりして、道が開けてくる」というのに特に気を使っていますから、
1~49話(蓄積MAX) + 1話(蓄積ゼロ)=50話
と考えるのは、アリだと思うんです。…ちょっと強引?
あと、「長き旅の終わり」の次に「救世主ガンダム」が来ても、そんなに不自然じゃない気がする。
・・・と語っておいてなんなんですが、先週アセムとゼハートがほぼぶっちゃけてしまったので、「やっぱ、どうでもいいかな…」と、また思いはじめてます。しかも、私ならともかく、さわKさんや、潜んでいるAGE鉄人たちには、全然意味ないですからね…。
まぁ、あの肖像画も、「フリットが」ガンダムAGE-1を画に似せてつくったのも、ここで一番活きる気がしないでもないんですが…ウ~ム。

●先週の作画
見返したら、オブライトのターン!のあたりから普通によかったですね。なんで「もっといい作画で見たかった」なんて言ってしまったんだろう(^_^;)

●・・・なんというか・・・
チラホラみかけるAGE擁護派の、その話限りの意味不明な掘り下げより(それも自由な楽しみ方なんですが)、批判派、イジリ派の「今週AGE休みか、無けりゃ無いで寂しいな」のほうが、ずっと価値がある気がする…。…いえ、別にさわKさんへのイヤミとかそんなんじゃないです…。

・・・もうこの作品は、世に出てしまいましたから、私も「存在を肯定する」ことを強いられますし、好きですし、ちょくちょく見返して楽しんでいこかな~と思うんですが…できたらこういう作品は、もう2度と世に出てきてほしくない、観たくないなぁとも思ってます。なんか、次こそは次こそはと期待して、結局裏切られて批判にまわった人もいっぱいいると思うんで…。かわいそうじゃないっすか…。日野さんの作品はいつもこんな感じなんでしょうか?

ビニールシート #- | URL
2012/09/23 11:19 | edit

いや~…なんかすいません。今更かよ!!と突っ込まれそうなんですが…
本当に突然フッと頭に沸いてくるんですよね。

そうかそうか、だから「新世界の扉」なんですね?だから「別れゆく道」なんですね?

イゼルカント、シド、エデン、EXA-DB、ジラード・スプリガンがなんなのか、やっとわかってきた!・・・気がします。こんなんでよく偉そうなこといえたな…(ーー;)

連投失礼しました。あと3時間ですね!


ビニールシート #- | URL
2012/09/23 13:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/199-f3c51679
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop