Blinking Shadow ホーム » ガンダムAGE »ガンダムAGE感想 47' ゼハートは生き残れるのか?(2)

ガンダムAGE感想 47' ゼハートは生き残れるのか?(2)  

48話の放映が目前に迫りました。

アスノ3世代の男たちとゼハートの関係は、どういう決着を見るのか?
前の記事では
1:もう相手ガキしかいねーし、大人が介入すればよくね?みんなで地球って「家」に帰る話でしょ?
2:フリット何だかんだいっても人間守っちゃうよね?相手が人間なのはXラウンダー能力でわかるよね?

という点に触れました。

これは、フリットがコレを見たときにどう反応するか、という一点にかかります。

2


髪が解けているからリボンを結ぶのか?それとも、
髪が解けているから「同じ形」として判別できず、悲劇のすれ違いをもたらすのか?



ふらむ?ふらむ2

今回はザナルドと、彼の意味に触れてみます。
結論は
3:ザナルドは悪者じゃないよ。だから彼を殺すのは天誅ではなくヒトゴロシになるよ。
です。

残りで予定しているテーマはひとつ。
4:ここで「青いタイタス」が出てきたから、どうにか救われるんじゃね?


なお、「天誅」は、フラムが月司令にやったような行為、で大体OKです。




47話で、ザナルドはディーンのジルスペインを撃ち抜き、ぶちきれたキオにぼこぼこにされましたた。
この展開はゲームとアニメでほとんど同じですが、微細な違いがあります。
非常に微妙なセリフですが、とても面白い。

バレなので、画像はリンクにします。

ゲームでは、ザナルドは
「どうしてっ!どうしてディーンを殺した!!味方なんだろ!」というキオに対し、
「むしろヤツは貴様を倒すための捨て駒にまでなれたのだ。ゴミとしては本望だろう!」

と言っています。

一方、アニメでは
キオの「どうしてディーンを……?!味方なのに…!?」に対し、ザナルドは
「戦えぬモビルスーツなどゴミも同然…!それを排除しただけだ。
 むしろ貴様を倒す役にたったのだから、ゴミとしては本望だろう」

と言っています。

ゲームのザナルドは、生きている兵士をわかっていて積極的に捨て駒にする将。いっぽう、アニメではゴミであるものは人間ではなくモビルスーツです。
地味ですが重要な改変です。


気になって見てみたら、この前のシーン、腕を飛ばされたディーンが棒立ちのまま動いていない。

ザナルドには、ディーンのジルスペインが本当にゴミに見えていたのではないでしょうか?
つまり、撃破されたMSの残骸の前で何故かガンダムが立ち止まってる状況。

ザナルドは、キオの戦い方を見たことがありません。
撃破されている以上、ザナルドは「パイロットは死んでいる」と見なすはずです。
彼の知っている世界では、地球種とお話しする兵も、わざわざ武装解除して対話してくる地球種も「まず想像できない」存在でしょう。

だから、MSをデブリ同様に見なし、目隠しにして攻撃をしたのではないか?

この部分、ゲームとアニメでわざわざセリフが改変されています。
ディーンにしても、託して死んでいったようにも見えるし、生存しているようにも見えます。


コクピットは無事 (画像提供:uc様)


この「アニメもゲームと同様に見せるようにしているよ」という流れが、ミソのように思えてなりません。
今日の48話でも、ゼハートやフラムの生死について同じ「ヒキ」がされる可能性あるかなと思ってます。


ザナルドについて、この違いは重要です。
ゲームと同じことをやると、彼の積極的な味方殺しはアニメAGEでの大きなタブーに触れてしまいます。
アニメでは、味方殺しは殺されて当然のヤツに成り下がります。
でも、アニメではあえて改変して、そうしていない。

この改変が、何を意味するのか?



また、今回振り返ってみると、ザナルドの造反、思ったよりも根拠がありました。
ザナルド艦隊、どうも地球侵攻時より大幅に減っているっぽい(10前後→5)。

減った分はどうしたのか?
46話のダミー艦で供出したぶんに、何隻かあったのではないでしょうか?

今回の47話のセリックの死を振り返ると、ザナルド艦隊の強さが見えてきます。
セリックの件は「事故ww」でもあるのですが、これどうも、相手がザナルド艦隊「だから」おきた事故のようにも思える。

今回、グルドリンはディーヴァの近くで戦っていたキオに迫っていました。
キオが離脱し、セリックがグルドリンを引き付けます。
決着がついた段階では、グルドリンの位置に艦隊が追いついています。セリックが敵側の方向に逃げていたとしても、ザナルド艦隊の攻め足は相当速いです。

未見のフォトンブラスターに対しても、相当早い兆候の段階で気配を感じて回避を開始しています。
もうちょっと頑張ればディーヴァを殺れてた位置までは迫っているので、フォトンブラスターの詳細な性能や配備状況についての情報がなかったものと思われます(知っていればディーヴァ落としを優先するはず)。

グルドリンの開けた破口も無駄にはしておらず、MSがいないし艦砲の射界内でもないから、殺せるMSを今使える体当たりという手段で弾き飛ばしています。

今回のセリックの事故を見て、『銀河英雄伝説』15話アムリッツァ会戦のケンプ艦隊の艦の運用を思い出しました。
艦載機と艦が連携して敵の戦闘機を落すという戦術です。
ザナルド艦隊も、グルドリンを「見て」、彼らなりの連携をしていたのではないか?
セリックが間抜けだったのではなく、彼に当てたあの艦がGJだったのではないか?

「あの金色の死を無駄にするな!戦艦の体当たりで弾き飛ばせ!!!・・・艦とはこう使うものだ!」
というような光景を夢想しました。


これらはもちろん仮説で、劇中では明言はされていません。
32話や35話でザナルドが見せた戦争勘から類推しただけです。

キオ編をざっと振り返ると、MSと連携した艦隊運用に長けた帥将の像が見えてきます。
奇策を嫌いヘタレを嫌う、いわゆる体育会系やコテコテの軍人系にも近いイメージ。
能力的には疾風ザナルド、とか、蒼き狼ザナルド、といった二つ名がついていてもおかしくない人物です。

つまり、戦艦1隻といっても、ザナルドとゼハートでは重さが違う可能性があります。
乱暴に言うと、ゼハートにとって1隻でしかないものが、ザナルドに持たせると2隻分の働きをする、というイメージ。

ところで、47話での連邦軍は前回よりも数が増えています。
合計すると20隻弱。モニター上だと連邦艦隊の方が数が多いです。


ここから、二つの事実が見えてきます。
ひとつが、ザナルドとゼハートの認識の中で戦艦1隻の重さは、この決戦で更に開いたのではないか?
ゼハートが気前よく捨て駒にした空船は、ザナルドが運用していればもっとぜんぜん強い戦力になった可能性がある。
ダミー作戦での損害比は少なく見積もって5:5、最大で3:5程度だと思われます。
ゼハートの「作戦ごっこ」では削りきれず、15隻の敵艦がセカンドムーンに肉薄しています。
数負けしており、大半の艦を持っているゼハートの指揮能力は当てになりません。
持ち駒が5隻しかないザナルドは、横合いから一気に大将首を狙ったのではないでしょうか。


このことと合わせて見えてくる、もう一つのポイント。
ザナルドは「無能な上官を後ろから撃とうとした」以外、そこまで兵を見殺しにする将ではないのではないか?
ゲームでの「ディーンを捨石にした男」とは、別の描かれ方をしているように思えます。

となると、ゼハートもザナルドを「仲間を平気で殺す男だから処断」とはいかなくなります。
「同情の余地があり、ヴェイガンの未来も考えてはいるけど、思想が決定的に違う人間」を殺すかどうか、と言う問題になります。もちろん、処断していい理由も前回で述べました。

二つまとめた結論。
「ゼハートにとってのザナルド殺しは、フリットのレイナ殺し並に重い物になるのではないか?」
フリットはレイナを殺してヒトゴロシになりました。ゼハートもその一線を越えてしまうのではないか?

アセム編当時の「あのころのゼハート」ではなく、今のヴェイガンの大人になっちゃったゼハートにどう接するか、という問題です。


17潜入ゼハ  47ゼハートリコロール2


だからこそ、アセムが大人として出てきたのではないか?

人間は時間経過により、加齢し変わっていきます。
その進化なりAGEを、どう受け止めるのか?



17握手  アセゼハ握手-001


アセムとゼハートは、17話で一度握手をしています。
27話では握手できないまま、ゼハートがアセムの危機を体を張って庇いました(27話20:55前後)。

27アセム庇うゼハート



その結果、フラムの兄のドールが命を落としています。簡単に図にするとこんな感じです。

因縁


また、手は握手だけではなく、引っ張りあげて助ける、と言う使い方もあります。



あのとき触れられなかった手は、さて、つながるのか?



次回ディーンに触れてみます。15:00までにUPしたいところ。さて間に合うかな・・?






宣伝:ガンダムAGEを2分でプレゼンする方法


【皆様へお願い】
最後までお読み下さってありがとうございました。
この記事を読まれて少しでも共感するところがあったら、お手数ですがイイネやランキングへの投票などのフィードバックをお願いします。
皆様のご支援が、次回以降にご提供できる記事の質の向上に直結します。







にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 1

コメント

『ザナルドは悪者じゃないよ』
ですか!
えぇ、僕も最新の小説を読んで感じました。

TVでは最初に見た時、彼は暴君のような性格に見えたんですが、小説版ではヴェイガンの未来を『彼なりに』考えたり、兵を出来るだけ殺されずに済むように『彼なりに』努力していて、『暴力的とは言われるが野心的ではない』良くも悪くも軍人らしい性格でした。(僕の予想ですが。)
考察を見てみると小説版の彼は『小説ならではの改善でこうなった』と言うよりも『TVでは描写しなかった面(彼の本心)を書き足した』と言う感じに思います。

まぁ『蒼き狼ザナルド』というよりは『勇猛なる大猪ザナルド』という感じの二つ名だと思いますが、アレだけ強いと二つ名は付いていそうですね。

宮藤椿 #- | URL
2012/09/16 14:22 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/192-0d968fe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop