Blinking Shadow ホーム » ガンダムAGE »ガンダムAGE感想 10:激戦の日(加筆修正)

ガンダムAGE感想 10:激戦の日(加筆修正)  

前重かったんですっ飛ばしてたんですが
めちゃめちゃ面白いですねこの回。

デシル=シャアでユリン=ララアとか強化人間とかその辺ってかんじかな?
・・・とかはどうでもいいんですが


テクニカルなところで見所がありました。
グルーデックがとにかく、とても優秀ですね。
敵の間合いとか呼吸とか、戦場の潮目とかが読める類の帥将なのでしょうか。
ドンピシャのタイミングで霍乱幕を合わせてます。

んで初見のUE艦チームを相手に「金床とハンマー」を使って、しっかり決めてる。
金床とハンマー=防御力の高い部隊(金床:重装備の歩兵とか陣地)で敵の攻撃を受けて動きを止め、弱い部分を機動力&攻撃力の高い部隊(ハンマー:騎兵とか戦車)の攻撃で潰していく、という古代からの定番の戦法

やってること自体は定石だし、あの世界でも士官クラス以上の軍人なら絶対知ってるはずの概念ではあるんですが
それを寄せ集めの連合軍で、一度も勝ったことのない敵、しかも未曾有の大軍相手に決めるって言うのは、なかなかできないことです。
ディーバクルーがグルーデックに従ってるって言うのも、腕に心服したって言うのもあってもおかしくない。

作劇としても、ディーバ隊のピンクのビームだけがUEを倒していて、丁寧に作ってあるなという印象。
対するデシルの連合軍の崩し方もうまい。
離間策は有効だし、あえて嬲るようないやな手を使ってくるあたり、性格と能力の演出がうまいなと感じました。
戦闘もいいかんじで盛り上がったし。

欲をいうなら全軍にドッズもたせろよ、とか、あんなに後がない位置で戦ってたのネ、とか、オッサン死ぬ間際にライバルに全軍任せたって全員に通達しろよ、とか、細かいところはあるわけですが・・・・

オッサンとフリットの最後のやり取りが無音だったのはとてもいい演出でした。
言わなくても伝わるだろう、っていう共有感覚の方が大事だろうし。


あとUEの正体は今更感がありますが、デシルの顔がよぎったときに明らかに別人(成人後の姿?)としても一瞬イメージが出てきているので、「ヒトと似て非なるもの」というオチなのかもしれません。
だとすると、もしかすると3世代共通の敵としてデシルとかユリンが立ちはだかるのかな?
ただ二人ともサクサク味方を殺してたよね・・・

徹底して敵側の顔出さない&毎回必ず戦闘という基本を押さえているのもポイント高し。
敵側の描写もやっちゃうので緊迫感が薄れてしまう、というのはガンダムの通弊なので・・・

ソレでいくと前回のデシル登場はどーなんだろうな、って話ですが
作劇上はあそこで出しておかないといけない、っていうのはあります。


劇中でフリットの発言力が強い件について。
あの船の中で一番強いカード切れるのは彼なんだから、当然じゃない・・・・?


そういえば「あんな惨いことをするなんてUEが人間であるわけがない!」って劇中セリフに批判が結構あったけど
てか俺も「いやいや人間の方がひでーから」と思ったんですが、
グルーデックにしてもフリットにしても平和な世界の住人だから、アレが正しいリアクションなのかもね。
関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/19-c9cd759e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop