Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » ガンダムAGE »ガンダムAGE感想 46:宇宙要塞ラ・グラミス(これで終わり)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ガンダムAGE感想 46:宇宙要塞ラ・グラミス(これで終わり)  

気がついたら46話について7回も感想を書いてしまっていました。
ここまでお付き合い下さり、本当にありがとうございました。

最後の今回は、46話を振り返りつつ、残った「前回気になったポイント」をご紹介していきます。
今回の47話を見る上での私の前提でもあります。47話視聴のお供に、46話のおさらいとしてどうぞ。

なお、いただいたコメントは記事に絡められるものからできるだけ反映していきます。
返信遅くなり申し訳ありません。


バンダイチャンネル(2012年9月15日の午前11:59まで46話を配信中)

46話関連記事
46話感想(1) ゼハートとフラムについて
46話感想'    ナトーラとセリックの関係の変遷を追う
46話感想(2) キオとウェンディと、AGEでの空気について
46話感想(3) キオの出撃と不殺について
46話感想(4) キオとゼハートの対決について。AGEはなぜ今が「旬」なのか?
46話感想(5) ザナルドの造反とゼハート、イゼルカントについて




字を読む方も強いられそうなので紙芝居にします。
前回の46話、私が理解している範囲ではこんな感じです。



まず、両者のいる場所はどんなところなのでしょうか?
ビッグリングのあった場所の近くのはずです。フリットもゼハートも、マップをこんな感じに認識しているはずです。

AGE決戦初期条件本番用


では、ここでフリットたちは何をしたらいいのでしょうか?

46連邦の盤面



ポイントは、連邦軍にはラ・グラミスの攻撃範囲に関する正確な情報がないことです。
ビッグリングが一撃でやられてしまったこと、地球への直接攻撃がなかったことしかわかっていません。
なお、直前までの動きから見て、「撃ってくる兆候があったら艦隊機動でかわそう」が可能なようです。


対するゼハートの勝利条件はこんな感じです。


46ヴェイガンの盤面


目の前には連邦艦隊13隻とアセムのバロノークがいます。
連邦の13隻はほぼ全軍です。かき集められる数を全部集めたといってよい(※)。
いっぽう、ヴェイガンは地球侵攻艦隊(中型艦10隻+)にセカンドムーンに駐留していた艦隊(37話で出てきた部隊)を合わせているので、艦隊規模では地球連邦よりもかなり勝ります。

しかし、セカンドムーンからの部隊は最近(39話)徴用された部隊なので、練度が低いのがネックです。
また、精鋭部隊はずっとザナルドの指揮下にありました。
ゼハートがどこまで念頭に置いているかは不明ですが、ヴェイガンの部隊は数ほどの力を発揮できないことがポイントです。


※このため、グルーデック反逆のときの戦艦5隻という数は、実は連邦の国体を揺るがしかねない規模のものだったことがわかります。鎮圧に来たグアバラン艦隊も決して少なかったわけではなく、当時の連邦が出せる最精鋭だった可能性は高いです。また、グアバランがグルーデックとの本格交戦を避け見逃した理由も、この会戦で連邦の主力が壊滅することを危惧したからかもしれません。



さて、こうした条件を踏まえると、双方の配置はこうなりました。


連邦艦隊


連邦艦隊配置その2


ヴェイガン艦隊
46ヴェイガン艦隊


図にすると、こうなります。

46初期配置



なぜ連邦艦隊が奇襲をかけなかったのか?
彼らの最善手はセカンドムーン側からの奇襲ですが、現状ではセカンドムーンにどれだけ予備兵力ガいるのか、何が出てくるかもわかりません、まずはラ・グラミスを抜かないと始まりません。
地味に無理ゲーな気がしますがフォトンブラスターとかFXとか、やりようはあります、きっと。


ポイントは、今回は前のルナベース戦に比べ、キオへの依存度が低そうなこと。
前の戦いではキオは先陣を任され、艦隊の防衛も任されていました。
今回はそうした形跡がありません。行動の制限はしないけど権限も与えない。
地味に、キオは警戒されていたのではないでしょうか?信用が下がっているように思います(そりゃそうだ)。

一方、ヴェイガン艦隊もなぜか「集結中の連邦軍を先に撃つ」ことをしていません。
本編中でアルグレアスが自信を持って「第二射までの突撃」を命じたり、ゼハートが「敵を射線上に集める」ことに執着しているのを見ると、どうも連射にかなり制約があるようです。


なお、用語がわかりにくくなるかもなのでちょっと解説しておきます。

46ようご

いまはヴェイガンの立場でものを見ているので、ザナルドが左翼、ゼハートは中央やや右寄りにいることになります。
逆に、連邦はこっちに向かってきています。ディーヴァやバロノークは、ヴェイガンから(私の今後の図で)見ると右側にいますが、連邦軍にとっては左翼になります。右と左が逆になるので注意。



さて、実際の戦闘はどう推移したのでしょうか?

46戦局1


連邦軍が右翼(図中だと左上側)に厚いのは、劇中でバロノーク側にダナジンの残骸があったこと、ヴェイガンの両翼艦隊が何をやっていたの?という疑問からの推測です。
でなければ、砲の前に突撃だけとか、アホすぎます。

なお、レイルたち第一予備隊はこの時点で出撃していたものと思われます。
この時点での彼らの役割は、ディグマゼノン砲発射までに不測の事態があったときに対処することです。


ここまでは、ゼハートの計画通りでした。
デレクが死んでしまいましたが、彼は大きな仕事をしていきました。彼が前に出ていなければ、より多くの損害が出ていたはずです。
彼の連絡が後方に伝わり、フリットが気づいて命令を出すまでが約15秒。命令から実際の退避までが、更に約15秒。
デレクは大きな仕事をして、逝きました。

ディグマゼノン照射


なお、このときの戦艦の配置は当初の配置と違っています。厳密に考証してもしょうがない部分。


犠牲を受け、アスノの男二人の反応は印象的です。
激昂するフリット。「何に怒るか」でキャラクターを掘り下げるのは、AGEの魅力の一つだと思います。
ザナルドも、セカンドムーンを人質にとられたことで激昂していました。
連邦艦隊が殲滅を謳いつつセカンドムーン攻撃を企図しなかったのも、フリットの無意識の抑制が働いていたからなのかもしれません。


もう一つ重要なのは、みなが茫然自失している中でいち早く立ち直ったのがフリットであること。
44話感想の際、フリット再抜擢の理由が「ヴェイガンに対して攻めの画を描けること」という旨のことを書きました。
この「折れない心」こそ、フリットの真骨頂なのだと思います。彼の檄で、連邦軍が息を吹き返します。


もうひとつ、キオの反応。
「どうして・・・こんな簡単に!!」
コレを言わせたのは良い。すごくよい。
ひどい!と怒らずに、簡単に失われることに怒る。

かつて太平洋戦争に参加していた祖父が「人間は簡単に死ぬ」といっていたのが、とても印象に残っています。
「簡単に」人を殺していたのはキオが言うから凄みがある。


かくして、連邦軍が一斉突撃を開始します。
このとき、ディーヴァ→周辺の敵を駆逐したアビス隊→我に返るのが遅かったキオ、の順でスタートを切っています。



46戦局2



スタート順の違いから、アビス隊が真っ先に接敵することになりました。
ここでレイル達が迎え撃っています。この事実から逆算して、レイルの役割がどうも予備隊だったのではないかと推測しました。
レイル達とアビス隊が激突した直後にキオが接敵し、アビス隊を追い抜いていきます。そして、ゼハートたちと接触します。


では、ゼハートはこの後何をしたかったのでしょうか?
ディグマゼノン第二射までの、攻撃範囲の中への連邦軍の拘束だと思われます。
※拘束:おさえこむこと。


ダミー艦隊が消え、戦場に空白ができました。
そこにディーヴァやガンダムに割り込まれると、一気に要塞正面が危なくなります。
実際に、連邦軍はそれを目指しました。
逆に言えば、この部隊を足止めしておいて、第二射でなぎ払えば、それでもう終わりです。

だから、攻めて来るディーヴァ以下連邦の最精鋭を一定時間止められれば良い。
そのために、ゼハートはカードを三枚用意していました。

一枚目が、第一攻撃隊。レイル指揮下の精鋭部隊です。
手足のような、ゼハートが信頼している部下達の部隊です。逃げ足も速いから、足止めにはうってつけです。
レイルはこの隊長だと思われます、確かに、EXA-DB捜索を通じ、レイルは一回り大きな男になりました。

でも、レイル達だけではガンダム相手は荷が重いです。そこで二枚目のカード、ゼハート自身とフラムが加わります。
これで、今動員しうる最強の布陣になります。

三枚目は、ディーンやゴドムたちの第二攻撃隊です。
これは、戦局を決めに行くときの、ダメ押しの部隊だったと思われます。
本来なら出撃はもう少しあとのはずでしたが、ザナルドの造反で前倒しになってしまいました。


本当なら圧勝のはずが、ザナルド造反でゼハートの手元からは予備のカードがなくなりました。
こうして考えると、月でレイナ以下多くの兵を失ったことが今更ながらに悔やまれます。

なお、ザナルドが造反できた理由として、連邦軍が右翼の兵の一部をキオ達の援護に当てた可能性が考えられます。
敵の圧力が弱まった一瞬の隙を突いて、ゼハートの暗殺に踏み切ったのではないでしょうか?


では、連邦にはカードは残っているのでしょうか?
あります。キオのFXバーストモードです。

FXバーストモードの説明を劇中で耳にしたとき、「コレあればキオは一瞬で戦場を制圧できるじゃんww」と思いました。
100機くらいの首を刈ってしまえば勝負決まります。あらすじバレだと今回と次回でゼハートが追い込まれる、とのこと。
ここに、FXバーストが絡むのでしょうか?

ただし、FXバーストモードには使い時の問題があります。
37話でEXA-DBに言及があった際、「一気で数百機を操れる」ことが述べられました。この力をシドが持って乱入してきた場合、どう制するのか。あるいは、強敵ザナルド相手に使うのかもしれません。

これは、キオの不殺に絡みます。
46話の前半でセリックにやり方を咎められた時、キオのまなざしは揺るぎませんでした。
他のシリーズだと息を呑んだり、一瞬目を見開いたり、何かしらのリアクションがあったはずです。
でもキオは揺るがない。だからいい、ではないです。この頑固なクソガキめwwww、って感じです。

今日の47話で、ザナルドと対したキオがいよいよ追い込まれます。
そりゃ当然です。ザナルドはヴェイガンでもトップクラスの猛将ですから。



関連して、火星の少年ディーン。彼はどういう動きをするのでしょうか。
私は、キオが火星で真に勝ち取ったのはディーンの笑顔だと思っています。ルウは最初の出会いでキオに惚れていたフシがあります。一方、ディーンはキオのことを最初はよそ者と見ていました。ルウのことにしても、「お前が連れ出したせいでルウが死んだんだぞ!人殺し!」となじってもいい。
でも、彼はその代わりにキオに感謝の意を述べました。

そのディーンは、セカンドムーンのフリットとも言うべき存在です。戦争がらみで女の身内を失い、Xラウンダーとしての優れた資質を開花させ、強力な戦士として戦場に臨む。そのつもりで見ると、セカンドムーン編は第一話とかぶる部分が多くあります。

今回出撃してきたディーンがキオの名を呼ぶとき、そこに憎しみの色はありませんでした。


46ディーン

彼とキオの再会は、何をもたらすのでしょうか?


ゲーム版では、そこでキオが一つの選択をします。
では、アニメ版では・・・?


そして、宇宙要塞という単語がここに来てもう一度使われたことには、何か理由があるのか?
それとも「またAGEやらかしちゃったよww」なのか?





さいごに、ゲームやあらすじを踏まえた上での私の予想を書いておきます。興味がある方はどうぞ。



・フラムもゼハートも助かる。トリプルガンダムが共同作業をして助ける。
・物語がゲームと大きくずれるのは48話。今日の47話から微妙にずれてくる。
・注目はディーンの動向、ザナルドの最期。
・AGE-1グランサは「フルアーマーであること」を使ってフラムを助ける。
・その際、胸の(AGEシステムがあった部分)に装甲があったことが何らかのキーになる。


ゲームとは異なり、アニメの方は見てきてよかったと思えるすっきりしたエンドになる。
展開が異なってくるのは恐らく次回の47話から。大きく異なるのは48話(ラス前)。
で、最終回は怒涛の話になる。みんなで地球(家)に戻りましたよエンド。
今回死亡フラグを立てたゼハートとフラム、二人とも生きて帰ってくると思ってます。


私があんまり当たらない予想屋ですが・・・って言うか今まで相当はずしてる気がしますが
ここはアニメ版を信じて全推ししときます。あらすじの文章を見る限り、私なら48話で動かします。





・・・ところで、地球の人たちはボロボロにされて後がないのに、何であんなに盛り上がらないテンションだったのでしょうね。(途中で目が覚めたようですが)

もしかして、戦争をしたがっているのは一部の強硬派だけで、他はもう最初から話がついていたりするのでしょうか?
確かに、物語の最初から戦争は一部の希望者だけが逸りまくって遂行していた感がありますが・・・




宣伝:ガンダムAGEを2分でプレゼンする方法


【皆様へお願い】
最後までお読み下さってありがとうございました。
この記事を読まれて少しでも共感するところがあったら、お手数ですがイイネやランキングへの投票などのフィードバックをお願いします。
皆様のご支援が、次回以降にご提供できる記事の質の向上に直結します。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 5

コメント

今27話みました・・・・

ひとこと・・・・・

無意味にキャラ殺しすぎる・・・・・

うら #- | URL
2012/09/09 17:26 | edit

Re: タイトルなし

>>うら様
難しいところですね。無意味じゃないキャラ整理をしたガンダムじたいがそもそもどれだけあるのかな、とは思います。
ぱっと思いつくのが1st、0080、0083、逆シャア、F91、ターンエー、Gあたり。
ZとZZは大好きですが、まぁ無駄に減らしているように思います。
Vはどうだろう・・・OOと種はダメじゃね?という感じです。UCも微妙。

今回死んだ人たちの背景もいろいろ面白かったので、また書いていきます。

ただ・・・どうしても肌に合わなかったら無理して見ない方がいいのかな、と思います。
関わっても気分が良くないものに時間を割いてしまうというのは、本当に馬鹿馬鹿しいです。

さわK #- | URL
2012/09/10 04:38 | edit

連邦側・ヴェイガン側ともに予備兵力はほとんどないというのがネックですね。それゆえに本体だけでは敵の制圧がほぼ不可能、ヴェイガンは巨大砲が最後の頼みで連邦はそれさえもない。大量破壊兵器がない以上はガンダムだけが有効なカードと言えますね。

連邦の上層部にやる気がないのはいまさらですが、地球に降りていったヴェイガンも既に統制から外れてしまっているのかもしれません、単に宇宙に上がる方法がないからかもしれないですが。

ドクトルK #- | URL
2012/09/10 15:36 | edit

Re: タイトルなし

>>ドクトルKさま
フィクションなだけに、終わるまでは後出しオッケー!というのが地味に大問題です。
47話と46話だと展開している数も違うし。。。

見ていて、連邦はずいぶん冒険しているなーと感じます。
ヴェイガンにとっては連邦の装備は既知で、ネックなのは兵力負けしていること。
一方の連邦はセカンドムーンがブラックボックスみたいなもののはずなので、よく飛び込んでいってるなーと思います。その割にセカンドムーンへの直接攻撃も行っていない。
まあフィクションなので大丈夫なのですがw

なお、見てきた限りだと、双方とりあえず、いままで劇中で展開していた戦力を全てかき集めた感はあります。
問題は、「連邦軍」自体が視聴者の知ってる宇宙世紀やOOの連邦軍に比べて数%程度の規模しかない可能性が高いこと。全く同じ単語なのに意味が違うように感じます。

いつも、コメントありがとうございます。

さわK #- | URL
2012/09/12 07:45 | edit

3年後の未来より、今更感漂うコメントをw 独りよがりな自説の開陳なうえ、行き違いになってるかもしれませんが・・・

・この戦闘は大方で考えられているように連邦艦隊がラ・グラミスを落としに行ったんではなく、むしろヴェイガン側が26話の時みたいに要塞を押し立ててノートラムに攻め寄せてきたのではないか、
・連邦側の兵力について、30隻程度はいたんじゃないか、

・・・かな~と、個人的には思うのです。 根拠としてゲームの方の台詞(開戦時のゼハート、2射目で2割損耗)を充て込んじゃっていますが、ノベライズやスペエディよりかは信頼できると思ってます、私としては(笑)
とくに前者の説が適用できれば、腑に落ちない点を減らす一助となるかも・・・と

予備兵力についても、雑誌展開(前2作の例を見るに、公式としていいと思います)を含めると、

・連邦側はそもそもあの場にいる戦力-低軌道の防衛部隊か、ラ・グラミス攻略のために用意された部隊のみで対処することを強いられたため、他地域の部隊を呼び寄せるという選択があり、現に実行している(HJ13年2月分から)
・ヴェイガン側は要塞正面の直衛を任務とする部隊のほか後方に2度目の地球降下を任務とする部隊があり、これを投入する選択肢があった(同上)ただし、ゼハートとしてはその選択はあり得ないだろう

などと考えているのですが、如何でありませうか。

居合わせの #- | URL
2015/04/29 20:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/186-e72c13d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。