Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » ガンダムAGE »ガンダムAGEはガンダムファンへの挑戦だ!(おまけ)

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ガンダムAGEはガンダムファンへの挑戦だ!(おまけ)  

前回の記事で、ガンダムAGEはガンダムファンへの挑戦だ!と書いてみました。
あくまで私見だし、ハードルもかなり高いです。

でも、ここを読んで下さっているあなたには、私は伝えたい。AGEの残りがもう一ヶ月だから。

どんな人間がどんな背景でこう考えるに至り、今何を考えているのか?書いてみます。
自分語りを読むことを強いられるのでお覚悟ください。




ご報告が遅くなりましたが、この2ヶ月で私への注目度が大きく変わりました。
Togetterが契機で、AGEとまどかマギカの解説屋としていきなり注目され、3日でアクセスが1万いってびびりまくったりしていました。7月の23日あたりです。
自分が魂をこめた場所が大きく評価され、とても嬉しく、同時に情報を発信する責任を改めて感じました。

ご存知かもですが、私はプロフでAGEとかZZの魅力については「世界一語れる」を目標に掲げています。
いまのネット社会では、世界と直で戦えるチャンスは突然、自分が無防備だろうと容赦なく訪れます。

多くの方に見ていただいている、よりよいものを出そうとは考えていました。
でも、実際に注目されると、やはり怖くもある。迂闊なことが書けません。


最近の感想が長くなったのもそういうことです。
今のAGEはまとめの時期で、情報量が多くなっています。それを撃ち漏らさないために量が要ります。

大きな評価を得たとしても、その原点はここでの皆様とのつながりです。
ここで皆様に見せたかったもの、ご評価をいただいたものが、外で評価されて今に至ります。


このブログを通じ、人とつながりあって発信者としての自分が作られていく感覚を実感します。



同じ作品を好きで、長い文章を読んでまで作品をかみ締めたい方に、私の感覚で見たものや感動を伝える。
伝えた結果人がつながりあって、より良いものが生み出される。
それが、このブログの意義だと思っています。
でも読みやすくなるように頑張ります。苦情等どんどんおっしゃってください。


同時に、自分の不勉強を痛感するようになりました。
私は結構ガンダムを見ている部類の人間だと思います。一応、映像化されているものは全部のシリーズわかります。

今の見方でちゃんと見たガンダムが、種死、OO、Zの一部、ZZ、IGLOO、ターンエーの前半くらいです。
昔全話通して見たのがVとZとX、逆シャア、F91、OO。これは一時期タイトルを全部空でいえました。あと0083とUC。
部分的に見たのが初代、W、0080、種。

最近AGE絡みで見たのがGとVとファーストの最初。
あと、漫画は半分くらいおさえてます。

Zに引き寄せられて実際に戦争をする場所に行ったりしてました。その余波で小説書いたりしてます。
いまは自分が空爆された場所の経済・社会を研究しています。

今みたいに感想を書くようになったのは種の後半からで、種死からサイトにしています。
OOはMixiで書いていました。
この二つに関しては、ここまで頑張って解析したから許してね、といったところ。


だから、そこそこのことは書けると思ってます。
でも、考察を書いていくと、自分の不勉強を痛感します。もっと勉強したい、とも思います。

私よりガンダムを良くわかっている方はごまんといます。その中で私以上にAGEの意味をわかる方も何人もいます。
私をこの作品とつなげたのも、そういう方たちの一人です。

書き続けることで、私の意識や能力も前よりはマシになってきています。
でも、歴史のこと、戦争のこと、ガンダムのこと、などなど、基礎の学力の大事さを痛感します。
これは、Twitterで他のAGEファンの方と交流するようになってから更に強く感じています。


私はターンエーを全部見ていません。Wもちょっとしか見ていない。それ以外は大体見ていますが・・・
「知っていればわかったかもしれないのに」という思いを何度も感じました。
今回Vを見返したり、1stの第一話を見返したり、Gを見返してみると、見えてくるものがあります。
どんな風に見えたのか、Vガンダムの感想のまとめを紹介しておきます。こちら


見えてきた分だけ、自分の中でのガンダムが豊かになりました。知っていると感動が増える。これは実感します。
ガンダムだけでなく、他の事にも通じる基本だと思います。仕事とか、家族との交流とか。
勉強の楽しみがそもそも、こういう、「知ることによって疑問が解決し、世界をより深く理解できるようになる」ことの繰り返しだとも思います。

その勉強の成果は、他人と交わることで相乗効果をもたらします。
これはTwitterでよく感じています。


疑問を知り、物を知り、深めていくことの感動は、ここでのあなたとのつながりで改めて実感しました。
今の私の大事な部分を形作っています。

ガンダムが放映されてから30年以上が経過しています。
Twitterでも、色々な世代の方がいると実感します。

AGEには「世代」のほかに、「年を重ねる」という意味があります。
AGEしてきてこういう長い文章も読み書きできる我々は、AGEからガンダムに入ったAGEに何を伝えられるのか。

伝えられる感動は確かに存在すると、私は思っています。



・・・ということで、AGEを2分でプレゼン、は先延ばしになりました。
次回こそ説明してみます。
ヒントの画像はこれです。

OPタイトル_convert_20120827033108



最後に、前編で忘れていた答えあわせ。私なりの答えです。

AGEはなんで子供向けなのか?

ひとつは、仲間や家族を裏切るやつがいないから。例外は3人。デシルとオルフェノア首相と月司令。
もうひとつは、人間の挑戦が基本的には肯定されるから。これは、富野さんのガンダムとの大きな違いだと思います。





ということで。

このブログを見つけて、最初から追いかけてきて下さったあなたに
ツイッターで紹介して下さったあなたに
そっと拍手を下さるあなたに
いつも見守って下さるあなたに
どこかでこのブログに触れて、いつも長い文章に付き合って下さるあなたに
たまたまこの文章をここまで読んできたあなたに

すべてのあなたに

ありがとう。

おかげでここまでこれました。
これからも、自分の納得を追及していきます。




【皆様へお願い】
最後までお読み下さってありがとうございました。
この記事を読まれて少しでも共感するところがあったら、お手数ですがイイネやランキングへの投票などのフィードバックをお願いします。
皆様のご支援が、次回以降にご提供できる記事の質の向上に直結します。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 3

コメント

はじめまして。
最近色々あって録り溜めしていたAGEをぶっ通しでみて追いついたのですが、このブログの感想や考察を見て目からウロコが落ちました。
「ああ、そういう部分に気づくと、一気に面白く見えるんだなあ」と。
なんというか、「読解力」が必要なアニメなんだなあ、と再確認。
2chやまとめサイトほどではないにしろ、感情的になって叩いていた自分が恥ずかしくなりました。
自分が比較的宇宙世紀派であるがために「従来のガンダムっぽくない」ところへ知らず知らずのうちに拒否感が出ていたのかもしれませんが、感想や考察を読んで、また1から見返したくなって来ました。

クルセ #- | URL
2012/09/12 08:05 | edit

Re: タイトルなし

>>クルセさま
はじめまして。
私も今見返していて同じことを感じています。
断定的に書いちゃったけど、まだまだ見所がある。
たとえばシャナルア。一見出てこないんだけど、彼女のバックグラウンドってディーンとモロかぶりなんです。
たとえばゼハート。彼がイゼルカントから受けた説明は、キオとほぼ同じ。どこで違いが生じたか。
本編が完結していない今が、見返して一番楽しい時期なのかなと思います。


コメントありがとうございました。

さわK #- | URL
2012/09/12 08:49 | edit

もっと早い時期に、このサイトを発見できていれば
まとめブログなどで「なぜこんなに誰もがAGEを否定するのだ」と
擁護する自分の孤独さを感じずにいられたかもしれません。


じっくり、過去の記事を拝見させていただきます。

アルキデス #- | URL
2012/09/17 03:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/175-c45f0b04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。