Blinking Shadow ホーム » ガンダムAGE »ガンダムAGE感想 45’:ゼハート・ガレット ―赤い王の目覚め―

ガンダムAGE感想 45’:ゼハート・ガレット ―赤い王の目覚め―  

今回の45話で「悪堕ち」しちゃったゼハート・ガレット。
何でああなっちゃったのか?
ああなる必然があり、兆候があり、意味があります。
公式サイトにも紹介が載ったことですし、ここでも追いかけてみようと思います。

追いかけると、ひとつの単語に集約されます。
その単語とは・・・?


45ゼハート


前回の記事の続きです。







今回の45話では、ゼハートについてもいくつかはっきりしたことがあります。
彼にとってのイゼルカントの重さ、それに伴うイゼルカント越えの重さ。
また、シドとガンダムを克服したことが彼にとって大きな自信になっていること。
その結果として、「光になる」「人類を救う」ことに彼が手応えを掴んでいること。

シドに止めを刺さなかったことが突っ込まれていますが、これは実はどうでもいい。
今のゼハートは「シドがまた出てきたところで絶対に勝てる」と思っているだろうから。

これらのポイントが、今回から見て取れました。



一方、確認したいなと思った点が二つあります。
では、ゼハートにとってのイゼルカントはどういう意味で重いのか?と、
ゼハートの中でのガンダムの重さ
前者はともかく、後者もかなり意識をしていたように思うのです。

というのが、「ガンダムの(本当の)力」という台詞に、ゼハートの力がこもっていたからです。
ゼハートもまた、ガンダムをただのMSとは思っていないようです。アスノの者たちに通じる、ある種の信仰がある。
彼のガンダム信仰を踏まえないと、彼のEXA-DBへの自信はしっくりこないと思います。
ただロボットを乗りこなしたというわけではなく、荒ぶる神のひとつを御した。御した証としてモンスターを打ち倒した。
だから、EXA-DBも使いこなしてみせる、と彼は豪語できる。

これ、ゼハートが自分の力をどう捉えていたか、にも関わってくる問題です。
彼が自分の使命をどう認識しているか、という問題でもある。
このあたりはアセム編を見返さないと、全部はわかりません。
逆に、全部終わってからアセム編を見返すといろいろ発見があると思います。


現在みかつき2さんがTwitter上でAGEの総括をされています。
その中で、「フリットは孤立していて、いじめられっ子のような状態だったのではないか?」という主張をされています。



この総括シリーズはかれこれ一月続いています。面白いです。


もちろん、ゼハートの孤独とフリットの孤独は意味が違います。フリットは異端ですが、ゼハートは突き抜けた杭です。
でも、「孤独な子供」としては立場が近かったのではないでしょうか?
そう考えて第一話を見返すと、ちょっとつながるのかなーとは思いました。


もうひとつ、お気づきの方多いと思います。レギルスもまた、アスノ家に伝わるガンダムに近い形をしています。

歴代ガンダム_convert_20120828163856
こうしてみると一目瞭然ですね。オリジナルに近いのはAGE-1とレギルスのみです。


また、今回のゼハートの気負い、救世主救世主いっていたフリットに似てると思いませんか?
これはロンギアさんという方が言及されていて、なるほどと思いました。





気になって第一話を見返してみました。
面白かったのが、ガフランが「UEの"モビルスーツ"」と形容されたときに、フリットが激しく反発していること。
フリットにとってモビルスーツはガンダムと同義なもので、人間のために戦う戦士、つまり肯定的な意味がある。
だから、ガフランは「モビルスーツ」であってはならないのです。
じゃあガフランは何か?というと、彼は「モンスター」と断じています。

ここで、今回のシドにつながります。
シドは「生物のように自力で進化する存在」として説明がされました、この特徴はAGEシステムと同じですね。

でも「過去の過ちの象徴」であり、「今までの歴史の蓄積」であり、「モンスター」と評される。
今回のシドとの対決は、モンスターとの対決です。
モンスターに、「人類の未来」と共にガンダムを託された若者が挑む。
そのガンダムも奇しくもトリコロール。EXA-DB由来だから、古い時代(物語開始前時点)からの直系でもあります。

つまり、今回のゼハートレギルスの戦いは、ガンダムとフリットによる救世主誕生劇の再現でもある。
同時に、今回はシドがAGEシステムの、つまりはアスノの背負ってきた者の対極にいる宿敵ですよ、との宣言にもなっています。


もうひとつ、ゼハートにはキオの対になる存在としての側面があります。
彼にも「親」とも言うべき前の世代がいて、その人も犠牲を厭わず、人類の将来を考えている。
そして、その「親」もゼハートに夢を押し付けられ、半分だますような形で思想に触れさせています。
その思想を踏まえ、自分の道をどう模索していくのか、何を見出したかも描かれました。
見出す過程で、どちらも共に敵方の世界で暮らして、ナマの暮らしに実際に接し、友情を育んでいます。

このように、キオとゼハートにも、かぶる部分があります。
その意味では、今回の45話は40話とも対になっているように思います。
これは、見返さないとわからない。


いっぽう、先に挙げたように、ゼハートの境遇はフリット編冒頭の、立志した頃のフリットにもダブる部分があります。
そして、ゼハートがアセムと宿縁があるのはいうまでもありません。アセム編で散々描かれました


今回で、「アスノのライバルが覚醒したら、昔のフリットそのもののような、志に燃える少年になった!!!!」という状況が出来上がりました。
過去との対決であり、アスノの原点との対決でもある。


こうして見てくると、今までゼハートがずっと描かれ、今回レギルスがここまでみっちり描かれてきた意味が明らかになります。

長々引っ張ってきました。

ゼハート・ガレットとは何か?

=アスノ(三世代)のライバルです。


アスノ三世代すべてのライバルであることを単一の個人で体現しているのが、ゼハートです。
最初からほとんどライバルだったわけですが、今回の一連の戦いで、正式にライバルになった、といったところ。
AGEという物語の中で再定義された、2010年代のシャアの姿でもある。


でも、フリットは死んだわけではありません。アセムもオッサンになったけど生きています。
このガンダムでは死んでしまったらおしまいです。何もできない。
だから、この「三人対一人」「原点であると同時に今の世代のライバルでもある」配置の妙が、AGEなのだと思います。


英語のAGEという単語には、年を取ること、ソレに合わせて成熟すること、人間の一生、時代、と言った、いろいろな意味があります。
中学高校で使う辞書に載っているので、見てみると面白いかもです。

生きている人間たちが一緒にいて、出会っていくことによって何が起きるのか?
この先をどう描くかで、AGEの価値がいよいよ決まってきます。




では、これがAGEの魅力紹介とか、面白く見るコツとどう関係してくるのか?
これも長くなります。この先は次回。


そうそう、いただいたコメント、要約してご紹介しても大丈夫ですか?(発言者の名前は伏せます)
私だけが見てしまうのは勿体無いと、コメント返しをしていてとみに感じています。
Twitterにはまっているのも、先に引用したように、多くの人とAGEのいろいろなものを発見できるからです。
折角いただいているので申し訳ないようにも思う一方、みんなで話す楽しみも広げたい、とも感じます。



ってかゼハート、前回の予想通り、おおいに余計なことしちゃいましたね。
シドの巣が壊れちゃったら野良シドになっちゃうよ・・・
庭に入り込んできたやつに意味不明なことを言われ、銃を撃ちかけられてボコられて家を壊されたのがシドです。
ゼハートの気負いのせいで本当の破壊者になることを強いられたというのが、なんとも・・・



最後に
ゼハートがレギルスに乗っちゃったので・・・

OP詐欺


OP詐欺が確定しましたorz










【皆様へお願い】
最後までお読み下さってありがとうございました。
この記事を読まれて少しでも共感するところがあったら、お手数ですがイイネやランキングへの投票などのフィードバックをお願いします。
皆様のご支援が、次回以降にご提供できる記事の質の向上に直結します。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 4

コメント

ガンダムageがの第一話で思ったのが今回の敵ってまさかの人間じゃない?と思う人もいると思います。それで1期後半で敵はやはり人間になりました。「やっぱり人間か。」そう思った人は多いと思います。しかし、追憶のシドというのか三世代編というのかで敵はやはり人間じゃない記事で言うモンスターになります・・・すみません。何が言いたいのか書いてて忘れました。というかフリットより昔のアスノ家の人間にも多分ガンダムはいたと思うんですよ(作中でマッドーナ工房がそんな感じの事言ってませんでしたっけ?)AGEシステムがシドにあったって事はEXA-DBの中にもAGEシステムはあったと思うんですよ。けど銀の灰条約?みたいのでEXA-DBに入ってるような事は公的には消えた事になってたはず。てことはフリットの母親はというかアスノ家はAGEシステムを隠してた事になりませんかね?という事からEXA-DBの中身で最も強いのはAGEシステムなのかなぁ?と思います。イゼルカントもアスノ家の血をひいてそうと思います。それならキオとロミ(イゼルカントの息子)が似てるのも納得いきますし。あと、ファントム3の生き残ってる1人とか使ってくれるんですかねぇww

あ #- | URL
2012/08/29 15:42 | edit

多くの記事乙です。
後の記事で種死の感想もあったと知り読んできました。
シンが入念なコミュニケーション…だと? う~ん…ここで語るのは×ですねwww

>レギルスとAGE-1がオリジナルに近い
おそらくパイロットが“救世主”を強く意識しているからではないでしょうか。
フリットは昔から「僕は救世主になる」ばっかですし、イゼルカントとゼハートは「人類を導く」と言っています。
アセムはそういった発言をしていません。
キオは初めの頃「救世主になるよ」と言っていた気がしますが、今ではそういう気持ちはなさそうです。少なくともヴェイガンと分かり合いたいのは“救世主”になりたいからではないはず。
「ガンダム=救い」としているのは現状ではフリ・ゼハ・イゼカンのみです。
が、AGE-1は時代を経るに従ってオリジナルから遠ざかっています。しかもそれは外付けパーツによって。
これはフリットの“救世主”像が歪んでしまったためであり、憎しみ(グランサのアーマー)をすてれば彼はもう一度“救世主”に近づけることを表しているのではと思っています。
(ラストバトルでパージ→少年姿がダブる→「僕は救世主になるんだー!」とかアツイ!)

>アセムは大事な局面にいる
確かにそうですね。そこから情報を持ちかえり、敵味方を問わず他へ提示する――というのは軍に所属していないからこそ可能な役割。
目的のためなら相手を問わず戦う・協力するというのはアウトローっぽくて好きです。

>ダークサイドなゼハート
仮面キャラは素顔になると良くも悪くも吹っ切れるのがガンダムです。
シャア&ゼクスは地球人粛清、ネオは愛のために戦う、グラハムは執着を捨てた。
ゼハートは“戦士”としての自分を捨て“人類の光(救世主)”として生きることを決めました。
顔つきが豹変していますが、与えられた使命と力に酔っているのは明らか。予告では元通りだったけど。
ゼハートは今回で覚醒しましたが、それはレギルスを使いこなす過程でのことです。さらに敵を倒すため。
イゼカンの期待に応えるためじゃ…と言われそうですが、少なくともその手段はシドを倒す、です。
フリットは「失敗体験」となっていますが、目的は近い。
逆にキオの力が飛躍的に成長したのは、敵であるヴェイガンを救いたいがため。AGE-FXも「キオに応えるためのガンダム」です。
これは、以前このブログで述べられていた「FXの『Follow』は重要な意味を持つ」の指摘通り、同じガンダムでも違う目的を持っていることが窺えます。

>OP詐欺
あれだよ! 51話ぐらいでラストの影と一緒に変わるんだよ! フラムのヒロイン度数も急上昇してるし!

長文失礼しました。 ダークハウンドノキョウカマダー?

あと、私のコメントは如何様に使っていただいてもおkです。こんなコメでも必要があれば…ですがw

往くのみ #- | URL
2012/08/29 18:08 | edit

すいません、追記です。

・ガンダムフェイスについて
乗り手が“救世主”足りうる者かどうかが関係していると考えています。
AGEシリーズは当たり前にガンダム顔ですが、レギルスは今回ガンダム顔になりました。
これは、イゼルカントには無い何かがゼハートにはあり、それは“救世主”に必要なモノ。
ゼハートはそれを持っていた、或いは手に入れたため、レギルスはフェイスオープン(?)したのではないか――と思います。
ガンダムは基本ラストで頭部が吹っ飛ぶのに、AGEでは一度もそれがない。決戦は都合2回あったにも関わらず。
そういう訳で「ガンダム顔に何か意味が?」と思うに至りました。

・アッシュ「じいさんの世話をよろしく頼む」
ジジットにもそういう態度で臨むとオサレ度アップなのに…… ノシ

往くのみ #- | URL
2012/08/29 20:38 | edit

>>あ様
お返事遅くなりました。

面白いご指摘です。
敵は何か?主人公に何を越えさせたいのか?は、とても面白い主題だと思います。
過去の歴史なのか、人の業なのか、それがガンダムの形をとるのか。
子供向けなので一見そこまで難しくは描きませんが、全部入ってます。
敵を外に作れば人間は団結ができる。でも、それを持って解決としてしまっていいのか?
今後の3話が見ものかなぁとおもいます。とくに「相互理解の可能性がある人間をどう扱うか」
具体的にはディーン、ゼハート、フラム、それからザナルド(ちょっと意味が異なりますが)
彼らの命運の細かい違いが面白いものになっていくと思います。

いつも、コメントありがとうございます。

>>往くのみ様
いつもありがとうございます。
あちらもお読みくださったようで・・・「シンとキラはどっちが強い」あたりでしょうか?
シンがコミュニケーションは本編ではしてないです。
あの作品も今見返すと意味が変わるかもですが・・・21世紀のガンダムはほとんど見返す気になりません涙


ガンダムの姿については、そもそも、レギルスが救世主を目指すと何であれになるのか?という問題があります。
まず間違いなく「同じオリジナルを見ている」からなのでしょうが・・・
フリットの装甲、それ面白そうですね。私も「AGEシステムのあった場所に何があるか」で見ていました。
アセムはドクロがあるわけで、フリットのあの装甲も・・・・!

仮面とガンダムフェイス、なるほど、なるほど。
ちょっとこのコメント見落としてました。申し訳ないです。

さわK #- | URL
2012/09/07 14:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/173-33c89031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop