Blinking Shadow ホーム » ガンダムAGE »ガンダムAGE感想 43':再び、レイナの立ち位置

ガンダムAGE感想 43':再び、レイナの立ち位置  

月編を通して見てくると、裏テーマとしてヴェイガン(ゼハート隊)の生き様が活写されます。
ひとつの哲学の元、キオの言う「みんな仲良く」が実現されている世界です。


じゃあゼハートがヴェイガン継いでみんなで話し合えば、うまくいきそうじゃね?アセム居るし。

レイナの残したものを振り返りつつ、本当にそうなのかなー?と言うことをなんとなく考えていました。

うん、強いられてるんだよ。
※強いられてる、はAGEの物語的にもとても重要なキーワードです。ああいう形であれ、流行ってスタッフはニヤリだったんじゃないかな。


前の記事の続きです。引用元や叩き台はこちら



レイナを理解する点では、ゼハートとフリットのスタートラインはほぼ同じです。
連邦(フリット)は彼女を否定しました。彼(ら)の行動は、キオの「話し合えば分かり合える」をモロに否定します。
話して事情を知っても、容れられないものは容れられない。

では、ゼハートはどうだったのでしょうか?



月編を振り返ると、絶えず彼はレイナを気遣っています。
「なんで彼女を最初から出して対艦攻撃をさせなかったのか?」がずっと疑問でしたが、今回の43話で明言されます。
答えは、彼女の暴走を懸念していたから。

キオとゼハートはともにレイナに「やめろ!」というシーンがありますが、その後で両者の差がくっきり出ます。
キオの「やめろ」は、暴れないで、仲良くなれるはずだから、という、キオの都合を押し付けた「やめろ」。
ゼハートの「やめろ」は、このままだとレイナが壊れるから、という、レイナの都合を鑑みた「やめろ」。


だから暴走してもしなくてもレイナをかばうし、必要とあらば腹心を差し向けるくらいに目も配る。
彼女が暴走したときも、自分から近づいて、「引き込まれる」中に入っていきます。
これはフリットのキオへの「離れろ!飲み込まれるぞ!」と対になっています。

そして、レイナ自身が否定した結末を「戦い抜いた(=最後までやりきった)」と評し、「戦士として認めている」と言います。


「戦士」という言葉の重さは、アセム編で示されています。
利己的なだけではない何かのために、自身を捨石として積極的に献身できる者です。簡単になれるものではありません。
月編で、レイナが掲げた「ジラード・スプリガン」の旗を、ゼハート(正確にはゼハート一派)は肯定したことになります。
だから彼女は救済され、自分の生きた意味に満足して死んでいく。


昨日TV版のZのラストを見たのですが、見方が変わっていてびっくりでした。
カミーユの崩壊のときはやるせなさが残ります。私はあのラスト大好きです。
でも、AGEを見た後だと、どうしても足りないんです。いてほしいやつが。
いてほしいやつ=戦った人の生きた意味(戦った理由)を知ってて、現世側で肯定するやつ、です。

この「意味」も、重要なポイントだと思います。
AGEではごく一部の例外を除き、死んでいく人間が一貫してかっこよく描かれます。
命を燃やす何かを持っていて、そこにひた走る。そして、散るときに残った者に何かを託していく。だからかっこいい。
かっこいい死=かっこいい生、でもある。

しかし今回、「ごく一部の例外」が登場します。
なりふり構わず生きようとするシモンズ司令です。悪役にお決まりのパターンで、溜飲が下がる形で死にます。
この人を見ていると、レイナは「意味を持たない生」と「意味のある死」を天秤にかけたのかな?とも思います。

「レイナ・フォーネル」または、「レイナ・スプリガン」としてなら、月なり地球なりで普通の女として誰かと恋をして家を持って生きられたはずです。
でも、彼女は「ジラード・スプリガン」の旗を掲げて家と戦いました。その意味を認める友軍とともに。

その意味では生霊みたいなものです。意味に殉じちゃった生霊。そりゃゼハートも認めるわ。
いっぽう、キオの掲げる旗は「人間が生きる家としての地球」です。極論するとわだかまりなんて捨てちまえ、同じ人間なんだからという思想(私の極論交じりの解釈です)。
今回で、その家は全員を受け入れるわけではなく、帰れないやつが居ることが明示されました。

更にポイントが出てきます。書いてて気づきました。
レイナが還る場所は、死者のところではありませんでした。生者が送るのみです。
ユリンのときもそうでしたが、AGEの視点はあくまで、今生きている生者です。死んでしまった者は何もしない。

救済、で行くと、地味に重要なのがアセムが刺しに来るところ。
「手も足も出ないまま横死しなければならない」レイナの状況は、事故のときも今回も変わりません。
でも今回は、ゼハートが実際に体を張って庇っています。それをレイナも「見て」います。
彼女は知覚していないかもしれないけど、「連邦は何もしなかった。ヴェイガンは身を挺して庇ってくれた」ことは事実です。
あの瞬間だけでも、救いはあったのではないでしょうか?
逆に言えば、あの瞬間がマジシャンズ8の死を重ねてきた意味でもある。


ところで、ゼハートはなんで直接レイナに暴走のことを言わなかったのか?
「戦士と認めていたから」だと、私は思います。

Xラウンダー交信の描写はされていませんでしたが、高レベルXラウンダー、それも錯乱した状態のレイナに死ぬ間際に伝えているので、ウソは無理なはずです。
つまり、慰めではなく、ゼハートは本気でレイナが戦い抜いたと思っている。それが悲しい戦いだとしても。
覚悟して臨んでいる戦士に暴走のことを言うのは、水を差すようなものなのではないか?

前述のように、彼はレイナの過去を知っているフシがあります。
私達がゼハートの立場なら、レイナに言えるか?
私は言ってしまいそうなのですが、言うべきでない尊厳の領域のことだと思ってます。
だから、レイナの死に際にジラードではなくゼハートが現れ、戦士としての彼女を評価する。

42話で戦わせてももらえずに散ったジラードと、彼の名をレイナが継いだ事実を考えれば、レイナが戦って残したかったものはジラードの生きた意味です。そのバトンは、確かにゼハートに託されました。




ゼハートはXラウンダー能力まで使い、体を張って行動しました。だからレイナを救いました。
ただし、この二つはどちらもキオもやっています。「体を張る」はアスノのお家芸でもあります。

敵は敵同士でわかりあうし、味方も味方同士で分かり合う。
敵味方が分かり合う場合もあるし、逆に同じサイド同士でも分かり合わない場合もある。
通して見えてくるのは、人間としてはあまり変わらないな、ということ。
立場と利害が違うだけで、本質は同じように見えます。
だから悲劇、というわけでもない。人が生きている事実があるだけです。


・今後の課題

月編の4話で、キオのできることと、その限界が示されました。
また、「Xラウンダー能力」と「人は分かり合えるのか?」と言う問題も今後関わってくるはずです。
SEEDのフリーダムと違い、キオの拠って立つ「絶対的な強さ」の弱点も示されました。
最終決戦では、37話で言及があった「1機で数百機をコントロールできる敵」が出てくるはずです。
その伏線も今回で示されました。
トリプルガンダムは確かに壮絶に強かったけど、敵側にも更に強い者たちが控えています。


また、月の4話を通じ、裏テーマとしてゼハート隊のありようが描かれています。
実際に地球連邦とヴェイガンが調和し共存する、キオの理想を体現したような敵でした。
レイナの心をゼハートが救い、仇をフラムがとる構図は美しさすら感じさせます。
玉砕後の艦隊撤収もZのラストと比較してみて、別の感慨が残ります。

でも、この敵にも明確な欠点があります。調和していることです。
シモンズ司令を司令のまま優遇し、尋問したり疑ったりしなかったから、レイナや死ななくていい兵が死にました。
「体を張る人間」を信じてしまうお人よしだから、セリックのハッタリに引っかかりました。
レイナを駒として扱わなかったから、彼女を攻めの札として使えませんでした(攻めていれば連邦軍を撃退できた可能性があります)。

ゼハートの将としてのありようはフラムを変えレイナを救っています。アセムにしても大きな影響を受けています。
でも、ゼハートは兵を不幸にする将でもある。
余裕かましているうちに、いつの間にか寄せられていつの間にか負けちゃってます。毛利元就兜のあの彼が頑張っていなかったら、脱出すらできたかどうか。

逆に、兵を救った将はフリットでした。
彼は乱暴な命令を出すけど、部下を信じ肝心なところで裁量の余地を残しています。
キオにしても、フリットに救われています。



このように、43話はなんだかとても多くの要素が詰まった話でした。
自分でも文章量が多いと感じます。でもしょうがない。あるものはあるんだから。
埋もれた感動に触れるのは、人生の喜びだと思っています。
そういう感動を散りばめたものを残すこと、見つける楽しさを伝えることが、何かを勉強する大きな価値のひとつだとも思います。
このブログは「すげぇ!おもしれぇ!」の発掘が仕事です。なるべく見やすくしていくので、これからもご指摘いただければ幸いです。


AGEは、今後どこへ行くのでしょうか?
ここまで情報が出てくると、多くのヒントが過去の話に埋まっています。お盆の間にいろいろ見返してみようと思います。

長文にお付き合い、ありがとうございました。









【皆様へお願い】
最後までお読み下さってありがとうございました。
この記事を読まれて少しでも共感するところがあったら、お手数ですがイイネやランキングへの投票などのフィードバックをお願いします。
皆様のご支援が、次回以降にご提供できる記事の質の向上に直結します。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 2

コメント

感想とか

考察乙です。
1と2の感想を同時に書かせていただきます

ゼハートは兵を不幸にじゃ無くて誰かが幸せになる代わりに、
誰かが不幸になる将なのではないでしょうか?
その誰かがルナベースの奴らだったり、ドール・フロストだったり。
でも、フリットは兵を救う代わりに、誰も幸福にはしてないと思います。
(あのレイナの心からの笑顔は印象的でした。)
将としては、フリット、人間としてはゼハートみたいなw
(アセムに、お前は優しすぎる、見たいな事言ってた気がしますが、お互い様かも知れません。)

ただ、誰も幸せにしてない人がもう一人・・・(キオですが)
レイナの笑顔はキオが一番見たかった・作りたかったものですが
作ったのはゼハートです。
二人の違いは、さわkさんも言ってる通り、自己中心か、他人中心か、です
キオはどう変わるのか?変わらないのか?
さわkさんはどう思いますか?
(いや~どっかのFREEDOMな人みたいな考えじゃいけませんね~)
まあ、例のあの人好きなんですが・・・

ツイッターのリツイート、リフォローありがとうございました
これからも日曜日の5時30分ごろからテンション高めでほざいてるので
良かったら、最後までお付き合いください。

余談ですが
最近、フリットが好きになりまして、
グランサがかっこいいからでしょうか(殴
この前深夜3時に一人で考察してまして・・・
(早く寝ろwww)
でも、結構長くて、ツイッターに書ける量じゃないんですが
(自分のブログも無いし)
どこに書くべきでしょうか?意見ください。

uc4869 #- | URL
2012/08/10 10:28 | edit

Re: 感想とか

返信遅くなり申し訳ありません。140字病に取り憑かれています。
こうして頭が退化していく・・・・w

幸・不幸は難しい問題だと思います。
戦争状況で、双方に華を持たせないといけない設定だから。
この議論ができること自体がAGEの良さなのかなーと思います。どちらかの陣営が際立っておかしい、ということがない。あの世界、どの場所にいても「そこそこの」幸せは保証されてるはずです(除ディーンとルウ)。
フリットなんて、あの戦争のおかげで逆に生き場を得たんじゃないかなぁ・・・
普通に生きてたらどうだったんだろう。戦争っていうクッションがない分、家庭が不幸になっててもおかしくない。

ご質問の、キオはどう変わるのか?ですが・・・
とりあえず我侭を通す力を持っているので、「わかりあえる」実績をどれだけ積めるか、かな。
彼が3代目なので、何らかの後味の良い結末になると思ってます。ウェンディいるし。
キオが変わるとしたらアプローチの部分とか、人の気持ちを理解するキャパシティの幅の部分。より老練になるはず。
変わらない部分は、40話で不安になるウェンディにそっと手を重ねたような、基本のやさしさ。
つまり、戦争という環境は人間のアプローチを変えるけど、「家」とか「人間性」という根本は変わらない(=戦争で誰かの心が完全に壊れることはない)よ、というのがAGEの約束事のように思います。

ブログの件ですが、手間がかからず効率が良いのはTogetterかTwilogです。ツイッターをそのまままとめるだけなので。問題は140字制限、段組みに多少の難があること、検索の取り回しが悪いこと。
保存要領の問題とか安定性は、使い始めて日が浅いのでまだわかりません。

何メインでいくかにもよると思います。画像なのか文章なのかスピードなのか。
Twitterの方でも話しかけさせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

さわK #- | URL
2012/08/21 01:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/163-4b3e982b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop