Blinking Shadow ホーム » ガンダムAGE »ガンダムAGE感想 43:壮絶 トリプルガンダム

ガンダムAGE感想 43:壮絶 トリプルガンダム  

コメント、拍手ありがとうございました。
また、知恵袋で紹介してくださった方、ありがとうございます。
※紹介はとてもありがたいです。内容の剽窃(=アイデアを盗むこと)だけ、しないようにお願いします。
出典と引用元の明記してくださればオーケーです。


Twitter、Togetterをやるようになり、多くの方と意見を交換できるようになった反面、自分自身でも思うところがありました。
まさに強いられて絶賛思考の迷宮中です。

作り手は、レイナを何で殺したのか?
ここが引っかかってました。

答えの候補はいくつかあります。多分全部が正解。でも得心が行かない。
わからないんで保留にしておきます、考えた材料はこの辺
このブログをいつも読みに来てくださるような方であれば、お楽しみいただけると思います。



月攻略編の4話目になる今回、「やっと」決着がつきます。
エースパイロット6人が入り乱れての激戦は、ジラードことレイナのXラウンダー能力の暴走で意外な決着を見ました。
同じ頃、連邦軍の陸戦隊がルナベースを攻略、ゼハート以下ヴェイガン駐留軍は敗走を余儀なくされます。
その勝利も束の間。地球圏にはセカンドムーンが迫っていました。


※なお、子供から見て面白いかは私にはわかりません。小中学生に聞いてみるとよいかもです。
  私は一回見て、もう一回見よう!と体が動いてしまいます。土曜日になるとソワソワします。
  まどまぎでも「めんどくせー」とかなって、通しでは長らく1回しか見てませんでした。
  私にとっては、思わずもう一回見させるだけのワクワクが埋まっていることは確かです。


今回の直感的な感想。

ちょwwwwジラード死んだのかよwwwww
原因はお前かオッサンwww
で、どこがどうトリプルガンダム!?

・・・てかヴェイガンってやっぱ随分いい敵だよね。


このあたりは見ていれば大なり小なり皆様感じておられると思うので、続きいきます。



今回で月編が終わり、月がらみの私の予想は結構外れました。
答え合わせをしておきます。



・フリットとファルシア
見事に何にもリアクションしてませんでした。OP詐欺www

事実だけ残しておくと、42話で「ヴェイガンは殲滅する」と言って出てきて撃ちかけて、43話では直撃弾も当てています。また、「若いな・・・気合に腕が追いついていない」と評している。
ここから見て取れるのは、対・人間として意識していること。病的に否定しているわけではありません。
ただし、ファルシアだからと言って特別な何かを感じているわけでもありません。

現段階ではここまでです。
フリットがジラードを何で殺したのか?も、明言がない。
ユリンと自分がダブった、も、ありだし、ヴェイガンだから、かもだし、楽にするため、かもだし、単純に孫を救うため、かも知れない。全部当てはまるかもしれない。

確実なのは、あそこで撃っていなかったらキオが撃たれていた可能性が高い、という事実だけです。
(キオは反応できていませんでした)。


・月共栄圏構想
ゼハートとアセムと組んで月を占領してしまえば、一気にキオの地盤ができる!という予想。
完全に外れました。セカンドムーンが直々に来てしまってるから無理なんですけど。

なお、セカンドムーン編を見返すと、虫干し()されていた艦隊が、少なく見積もっても地球侵攻軍と同程度います。
あの軍は中の人がいなかったっぽいので、この2ヶ月あまりの間に訓練が完了した模様。ディーンもあの中にいるはずです。

多くの方が指摘されていますが、結局キオの思想はしょっぱなから暗礁に乗り上げました。
誰がキオの味方をするのか?は恐らく次週で明らかになると思います。


ここまで「家」とか「子供の挑戦」を肯定してきたのがAGEなので、ウェンディ、ユノア、ウッドピットがディーヴァに乗ったままなのが効いてくるのかもしれません。



・連邦からヴェイガンについた連中の処遇
アルグレアスが予想の形で言っていて、断定をしていませんでした。
だから、連邦でヴェイガンに裏切った人たちが、ルナベースの中に結構いると思っていました。
名前つきの2人以外、予想通りにみんな殺されていたようです。レイナと司令の2人以外。

別解として、ユニフォームを変えただけだろ!と言うのはアリ。
根拠は、司令室にいた連中がシモンズを変わらず司令として当たり前に遇していたことと、ゼハート隊のあの様子だとマトモに戦うやつは「誰でも」普通に受け入れられそうな風土。

ただし、月編を通じ、降った人は元の軍の制服を着用して描かれています。
また、司令も手土産の内容にはレイナしか言及していません。なので、あくまで別解で、物語としては「月の連邦側の兵は全員殺された」で良いのだと思います。
これ、地味に重要なポイントです。

というのが、今回の月編4話、不殺空回りのキオよりも敵のゼハートたちの方が光って見えたから。



「話し合えば分かり合える。戦うことはない」がキオの主張でした。
でも、本当にそうなのか?


ここで、最後の答え合わせが出てきます。

・ジラード(レイナ)が生存

・・・死んじゃいました。
新OPの、セカンドムーンを背負った「意味を背負った敵たち」の図が好きだった私には衝撃でした。
レイナは死んだ?なぜだ!?これはいまだにわかりません。
というのが、彼女の死の意味については情報出し切ったのがヴェイガンサイドだけで、受け手のアスノの男たちの反応が今後語られるはずだからです。

わかる部分とわからない部分がある。

直感的には、彼女だけがキオに正面切ってNOを言えた人間だから。
これは、彼女が「レイナ・フォーネル」ではなく「ジラード・スプリガン」を名乗ったことと関係します。
今まで4回冗長に月編をやってきた意味でもある。
月編を追いかけていくと、「ジラード・スプリガン」という旗についてフリットとゼハートが対になっています。

起こった事実としては、
彼女が理性を保って放った最後の言葉が「分かり合いたくない人間もいるのよ!」です。このあと彼女は暴走する。
また、理性を一瞬戻したときに言った言葉が「彼を返して」。

今まで描かれてきた回想からは、彼女がキオの理屈と乗機と背負うものを理解した上で完全に敵対する理由が示されています。
より正確には、「ジラード・スプリガン」の旗を掲げた者はガンダムを否定すべき理由があります。
一方、連邦もまた、この旗を受け入れる気がないことが示されました。





・ジラード・スプリガン
ゼハートは事故のことを言及しているから、レイナの過去を「視聴者が42話で見た程度には」知っているはずです。
でも、シモンズ司令のことは知らないはず。知っていたら対処をしているはずです。
また、ゼハートから見てもレイナは裏切り者です。胸先三寸でどうとでも扱える。

また、レイナの過去の経歴のシーンではフリットはまだブリッジにいます。レイナ・スプリガンの過去を一瞥しています。ただし一瞥。でも彼女のことをレイナの名で呼んでいるから、その程度には読んでいたはずです。
そして、フリットは「動けないで散っていった大事な人(Xラウンダー)の無念」を知っている人間です。

つまり、レイナを理解する点では、ゼハートとフリットのスタートラインはほぼ同じでもおかしくないのです。

また、レイナに対してフリットは「レイナはもうどこにもいない」と断じ、撃ちかけ、実際に殺しています。
Xラウンダー能力が暴走したとき、キオにも「離れろ。引き込まれる」と言っています。

連邦軍にしても、レイナの背景を説明されても何も条件の提示も説得も行わず、ただ否定だけをしています。


だから、キオの「話し合えば分かり合える」が実現したかどうかは、とても疑わしい。多分無理。



では、ゼハートはどうだったのか。
長くなるので一度切ります(続きはこちら)。





・・・しかし極限状況になると人間の本性出ますね。
あそこで丸腰のまま抱きつきにいったキオは大したものだと思う。追いかけるファンネルのシーンも美しかったです。

もうひとつ、Gエグゼス系は紙装甲で、鬼機動性をパイロットの腕で制御している、という指摘がありました。
また、Fファルシアのフラムとレイナの腕の差の描き分けもされています。
レイナの機体がティエルヴァではなくヴェイガンの機体だったら助かってたのかな?腕で防御できるから。





【皆様へお願い】
最後までお読み下さってありがとうございました。
この記事を読まれて少しでも共感するところがあったら、お手数ですがイイネやランキングへの投票などのフィードバックをお願いします。
皆様のご支援が、次回以降にご提供できる記事の質の向上に直結します。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 2

コメント

考察乙です。
今回のフリットとファルシアで確信したんですが、
やはりフリットは『ユリンはもういない』と割り切ってるんだと思います。
だから何も思わずに(フォーンファルシアに)攻撃していたのでしょう。
(もっとも、Xラウンダーの衝撃波で『ユリンに似ているフラム』を見れば違ったかもしれませんが・・・フラムはヴェイガンの人間なので結局フリットの気持ちは変わらないかもしれませんね(汗))

それとガンダムAGEのプラモ総合スレで
『ガンダムAGE-1グランサでティエルヴァを打ち抜いたシーンを再現するためHG化希望!!』
と書いた所、
『あのシーンはデシルがユリンに対してしたことを
フリットがジラードにやった感じがする 』
と返事が来ました。
このブログで考えると対比がずれてるように感じましたが、
個人的には『主人公の前で人が殺された』事には変わりない気もします。

宮藤椿 #- | URL
2012/08/09 20:31 | edit

Re: タイトルなし

返信遅くなり申し訳ありません。
今回の44話で意味がかなり変わってしまったコメントのように思います。
フリットが割り切れてるのは半分なのではないでしょうか。
「ユリンはいない」まで。「じゃあこれからどうする」が、実は明確ではない。
彼の答えは「ヴェイガン殲滅すべし!!!!!」なんですが、ヴェイガン=人間じゃない、じゃしないと成立しません。

フリットが人間に仕返しができるようなヤツだったらデシルを殺せてます。
彼の弱さとか純粋さは今後もキーになってくると思います。情報が出きってないので、現状では「複雑なものだから、表情とか実際の行動に注視してね」までしか言えません。

逆に言えば、ここの機微がAGEの醍醐味なのだとも思います。
いつもコメントありがとうございます。

さわK #- | URL
2012/08/21 02:08 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/162-c1cd43e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop