Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » まどかマギカ »まどかマギカ感想 11:最後に残った道しるべ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

まどかマギカ感想 11:最後に残った道しるべ  

魔法少女まどか☆マギカ(まどまぎ)の再放送もいよいよ11話になりました。
関東は怒涛のほむら編(まどか編)で盛り上がっていることと思います。

来週書けそうもなく、今週も忙しいのですが・・・
せっかく再放送やってるし・・・10話11話は一番好きな部分です。
私の考察も、この編に集中しています。
まだ書いてないこと、書きたいことがいくつもあります。さわりを兼ねて、書いてみます。


というのが、この11話を見て、私はまどかが大好きになりました。
大好きになったら、まどマギ全体を「ハッピーエンドになる喜劇」としか位置づけられなくなりました。
そのくらいパンチがあります。コラムに分けるとあと5個くらいできますが、まずは、さらっと。



私は12話までの展開を知っています。ネタばれになるのでご注意ください。
また、私は本編を笑い飛ばしています。まどマギで泣いちゃう方は不快になるかも。これまたご注意です。


まどマギ全体を通じ、私はまどかとキュゥべえの力関係をテーマとして見ています。
私にとってのまどマギは、キュゥべえがまどかをだまくらかそうとしていい感じに押し込むけど、まどか(とその忠実な走狗のほむら)にカウンターをかけられる話。
最初はキュゥべえが圧倒的に有利なのですが、ほんのわずかなチャンスを拾ってまどかが逆転していく。
そのカタルシスはゲームや映画での悪の帝国VSレジスタンスの物語に通じるものがあります。

その、まどかとキュゥべえとほむらの力関係が一気に前面に出てきて、劇的に攻守交代するのが今回です。
一言で言うと「まどかスゲー」になります。

何が凄いか?


コネクトをほむらの歌だ、としたとき。「この声が届くのなら」のフレーズを聞いたとき。
ほむらのデレ(あのシーン大好きです)の、「ワケワカンナイよね、キモチワルイよね」を聞いたとき。
それぞれ、違和感が残りました。
12話を見て、違和感の正体がわかりました。

その違和感が、凄いものの中身です。

まどかは、ほむらにハグされたあのわずかな時間で、ほむらが背負っていたものをほぼ正確に理解し、適切な答えを導き出しているのです。

つまり・・・

ほむらの声は、ちゃんとまどかに届いているのです!



ほむらは「気持ちがずれた」とか、「時間がずれた」とか、「言葉が通じない」とか言っていますが、
そんなことはありません。
まどかには届いています。転校生としてではなく、時間を飛んできた者としてのほむらの声が。
ちゃんと受け止めていて、だから適切な答えを導き出しています。


4月20日の記事以降の私の視点は、全部「ほむらの声はちゃんとまどかに届いているんだ!」という発見をしたところから来ています。
言い換えると、まどかには受け止めるだけのキャパシティがある、ということでもある。
そういうキャパがある人だから、私にはまどかが「どこにでもいる」「普通の中学生」だなどとは思えないのです。



これは何度見てもぞわぞわぞわって震えが来ます。
だって、これ、凄まじいことですよ?

ほむらのセリフは普通にわけがわからないものが多いです。ほむら自体が思い込みが激しいし。
私たちは10話でほむらの背景を理解して、繰り返して見ることができるから、ほむらに感情移入ができます。
でも、本編のまどかにとっては本編内の情報だけなんです。繰り返して見ることもできないし、さやかやキュゥべえなどによりバイアスもかかっている状況です。

そのたった一回のチャンスで、ほむらを気持ち悪いとか思わず、素直に受け止めた上で、その背負っているものを本人以上に理解しています。それがまどかです。
彼女の「知」の使い方は、私が最もカッコイイと思う「知」の使い方です。

このあとの展開も神がかっています。キュゥべえは確かに口を滑らせてシステムの全体像を話してしまってるし、ほむらの立ち位置のヒントになることも言ってしまっている。でも、それって細い細い糸です。
その糸が、稲妻が走るようにつながっていく。まどかだからつながるんです。

まどかがほむらの元に間に合ったのも、偶然なんかじゃありません。
私がまどかの大返しと名づけているものです。
これも、おかしいと思いませんか?

さやかのときには、時間停止を使えるほむらと素早さがウリの杏子が、どちらもさやかを見つけるのに3時間以上かかっています(どちらも日が高いときに動き始めているのに、さやかを捕捉したのが夕方)。
でも、今回のまどかは、ほむらが戦っている間のごくごく短い時間でほむらの元に駆けつけています。
あの大嵐の中で。しかも戦域広くなっててガレキも多いのに。

何で間に合うの?普通の中学生が、だよ?なんで間に合っちゃってるの?


これも、明確な理由があります。
まどかは間に合うべくして間に合っています。

どうして?


まどかの横に、キュゥべえがいましたよね。


ほむらがハッとなり、まどかの横からキュゥべえがぬっと出てくるあのシーン、私もはっとなりました。


そうです。
だから、まどかは間に合ってるんです。キュゥべえの能力を利用してほむらの位置を掴んでいたから。



こうなると、ほむらの「声が届かない」って思い込みとか、もう笑うしかないですよね。
まどかの対応力が凄まじすぎます。安心感が半端じゃありません。


振り返るといくつも伏線があって、3話の魔法少女ノートにはほむらの絵がちゃんと描かれています。
あれだけ異常な登場の仕方をしたほむらなのに、まどかの心の中には最初から、ちゃんとほむらの居場所が用意されているのです。
※だから、まどかマギカ全体で11話のラストと3話のノートのシーンが私は一番好きです。

また、キュゥべえはまどかの前ではべらべら秘密をしゃべってしまっているし(再合成すれば全貌がばれる程度に)、さやか杏子編で一回失敗していることがほむら編での成功の布石になっています。

私の目にはまどかが曹操に見えてしょうがない、というのはこのためです。
どんなことがあっても、まどかなら確実にどうにかしてくれる、という絶対の安心感がある。この対応力があるから。
まどかのこのスペックを前提にすると、まどマギの全てはもう笑い話にしかならなくなります。

更に今回、とんでもない展開がありました。
今回のタイトルは「最後に残った道しるべ」です。ほむらのセリフです。彼女は前回も「たった一つの出口を求めて」とのたまっています。実際に5ヶ月(以上?)も時の迷路の中であがき回っているわけです。それこそ絶望に押しつぶされそうなほどに。

でも今回。
まどかは「でも・・・でも・・・でも!」と言っている間に対策を考え付いています。この間たった3秒

・・・もうこれ、ギャグなのでしょうか?
キュゥべえからの聞き込みを踏まえても、まどかが最適解を得るのに要した時間は全部でせいぜい一週間程度です。


確かに魔法少女としてもまどかは最強クラスだし、神にもなっています。
でも、私の中で一番輝いているのは人間・鹿目まどかです。この人はカッコイイ。
誰でも努力して気を配ればできることを、鮮やかにやってのけてるから。
でも、そのための泥臭い努力を惜しんでいないから。


私がまどか対キュゥべえの能力差が100:1(もちろんまどかが100)というのも、このためです。
キュゥべえは会社の力と自分の力を混同しているフシがあるし、なにより目の前のまどかの危険さに全く気づいていません。



この点、ほむらが絶妙の煙幕として機能しています。
一見無意味にキュゥべえを追い回し、謎めいた言動に謎の能力。
まどかをモノにして数字を取りたいキュゥべえにとって、ほむらが最大の障害に見えていたのではないでしょうか。

杏子もさやかも斃れ、街と自分の命を守るにはまどかが魔法少女になるしかなくなりました。
脅威であるほむらにも精神攻撃がサクサク決まっています。
この状況、野望の完成にいよいよ王手がかかった!とキュゥべえが錯覚してもおかしくありません。
いや、実際は崩壊の予兆があったキュゥべえ帝国が最後に馬鹿な遠征やって致命傷を負っただけなのですが。


9話と今回を見ると、キュゥべえの謎も明らかになります。
コイツは何なんでしょうか!?というのは私の再三の叫びです。

やっとわかりました。
まずコイツは下っ端です。利権とかまわしてもらえないし出世もできません。
会社の力と自分の力を混同している人間でもあります。

加えて、彼は少女をいたぶるのが趣味なのではないでしょうか?
数字優先の悪魔、っていうのはどうにも合点がいかないんです。
9話で2回、彼はチャンスを逃しています。また今回も、止めを刺す上で絶対に目線を切ってはいけないほむら&まどかから目線を切ってしまっています。それも二人が接触するという要の瞬間に。
そのくせ、無意味に追撃をかけてきて言わなくていい情報をまどかに提供してしまっている。


なんなのでしょうか?と言いかけて気づきます。
これらの行動は全部彼の趣味で、彼は「インキュベーターの歴史」やら「人類は家畜だ」論を得意げに語ったり、少女をいじめて優越感を得るのが好きなのではないでしょうか?
あれを彼の仕事だと思って見るから非合理さが目に付きますが、彼個人の趣味だとすると、すんなり納得ができます。そもそも、それ以外に彼のあの行動のメリットが全くありません。


そのつもりで振り返ると、今回、ほむらにしてもまどかにしてもなぜか太ももが映ってます。
コレ、QB目線だったのではないでしょうか。このエロめ。
アバンのほむらVSキュゥべえとか、何度見ても中学生陵辱AVの前フリかよ!wwって乗りですし。

冒頭でほむらを撃破した以外、今回の彼は「ちょwww何でお前今出て来るんだこのバカwwwww」としか言いようがありません。
最後にはまどかに見事に利用されてますし・・・

こうして見てくると、まどマギは「うだつのあがらない中年サラリーマンが憂さ晴らしに少女をいじめていたけど逆襲されて酷い目に遭った話」ともいえそうです。
キュゥべえのプレゼン、無力な少女たちくらいにしか聞いてもらえないのかもしれません。

なお、今回の目玉のワルプルギス戦については「暁美ほむらの戦場」シリーズで相当深く掘り下げました。
今回はリンク紹介に留めます。


暁美ほむらの戦場1:ほむらはなぜホマンドーしたのか
暁美ほむらの戦場2:ワルプルギスの夜の真実 (ピタほむスイッチ徹底解析)



新たに気になったのは、ほむらがなぜ火器に特化したのか、ということ。
「キュゥべえに言われるまでまどかの力が上がっていることに気づいていなかったため、火器よりも魔力で行くという発想にならなかった」が答なのですがさすがほむらです。

今回の戦闘で、対ワルプルギスには火器では著しく効率が悪いことが明らかになっています。
まどかなら一撃で倒せるのに、火器だと核レベルを撃ち込んでも勝てない。
じゃあどうすれば?というのは別にコラムを立ててみます。


また、この戦闘中にほむらは時間停止を使っていません。ていうか砂時計の残量もチェックしていなかった模様。
この辺も要検証です。本来なら絶対にあってはならない類のミスなのでさすがほむらです。


ラストのほむらのシーンは涙モノですが、これってよくよく考えると勝手にあきらめてるだけです。
いや、泣けるけど。
じゃあどうすればよかったの?も、別コラムでやってみようと思います。


さて、今回を改めて振り返ってみて、ほむらの一連の行動の中で一番の功績は、勇気を振り絞ってまどかに抱きついたことなのかな、と思えてきました。一見暴挙ですが、他の行動が思い込みだったり見当違いだったり、その割りにすぐ諦めたりと、輪をかけて暴挙なのがほむらです。さすがほむらです。

じゃあ、このハグの暴挙はどうして意味があったのか?
デレとかよりも「約束を果たそうとして頑張ったけど私には無理なの。つらいの。」という思いがフィードバックとしてまどかに伝わったのが一番なのかなと、私は思います。あの部分だけが唯一、ほむらの感情表現の中で「客観的に見ても真実に近いもの」であるわけですし。

じっさい、まどかが親征したら3秒で問題解決していますし。釈迦の掌の上のサル、ならぬ、まどかの掌の上のほむら&QBです。まどマギ自体がそういう意味で創世神話になってますよね。だからコレはギャグなんだってば。


なお、このハグのシーンにはちょっとしたポイントがあります。
ほむらの家のモチーフは時計です。いや、何でこの明らかにフツーじゃない家にまどかも杏子も突っ込みを入れないんだよ!というのはおきます。多分精神と時の部屋なんです。
時計だから、未来から来た人間であるほむらの感情が爆発するときに、反時計回り(=時間をさかのぼる方向)に走り寄っていきます。声優さんの演技、その報われた結末とあいまって毎回ジーンと来るシーンです。

他にも、どこかで指摘がありましたが、この走りよるシーンでほむらの髪が以前のように2股に分かれている、とか、お母さんと先生のシーンで赤と青の対比がなされてるとか、見所があります。
また、「援護は必要ないわ」というとき、ほむらはまどかと目を合わせていません。


いや、ほむらは一方的な思い込みで現実も何も見ないで勝手に暴走して自滅してるんですが・・・



殴り書きですが、とりあえず、私が一番好きな部分について書いてみました。
余裕が出来次第、色々おいおい書いてみます。

だからまどかが好き!だからキュゥべえはアホ!
だから、まどマギはまどかとほむらのドタバタ劇として安心して見ていられる!!!
全ての原点は、今回のこの11話にあると私は思っています。


何があっても、きっとまどかは助けに来てくれるから。

madoka_convert_20120418144418.jpg






【皆様へお願い】
最後までお読み下さってありがとうございました。
この記事を読まれて少しでも共感するところがあったら、お手数ですがイイネやランキングへの投票などのフィードバックをお願いします。
皆様のご支援が、次回以降にご提供できる記事の質の向上に直結します。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: まどかマギカ

thread: 魔法少女まどか★マギカ

janre: アニメ・コミック

tag: 暁美ほむら 
tb: 1   cm: 2

コメント

楽しく拝見させて頂きました

きゅー先生は、気に入ったターゲットの少女の入浴中にも平気で風呂場に入ってきたりします。(ドラマCDより)

感情がないと言い張る先生ですが、案外下っ端はそう信じ込まされているだけなのかもしれませんね。

そして、封印された奥底からにじみ出ているのはべー先生の隠しきれないペドっぽいS属性のパトス!

きゅー先生、貴方のエロは今、エントロピーを凌駕する……。

カレーライスは日本料理 #- | URL
2012/10/28 15:56 | edit

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。

株を学ぶ #- | URL
2012/11/19 18:53 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/135-45fd084c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【まどかマギカ感想 11:最後に残った道しるべ】

魔法少女まどか☆マギカ(まどまぎ)の再放送もいよいよ11話になりました。関東は怒涛のほむら編(まどか編)で盛り上がっていることと思います。来週書けそうもなく、今週も忙しい

まとめwoネタ速neo | 2012/06/19 13:09

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。