Blinking Shadow ホーム » ガンダムAGE »ガンダムAGE感想 番外6:A.G.142 "勇気の日" 慰霊式典での首相演説(全文)

ガンダムAGE感想 番外6:A.G.142 "勇気の日" 慰霊式典での首相演説(全文)  

ガンダムAGE感想の第28話が欠番のままになっています。
ターニングポイントになる重要な話なのに、記事が7割書いたところで消えるというふざけた事態になったためです。
でも、もうひとつ理由があります。
第28話について書く上で、この話で行われたフロイ・オルフェノア地球連邦首相(当時)の演説がどうしても避けて通れないのです。

彼はどういう内容の演説をしていたのか?
演説の全文と、その時私の胸に去来したものを紹介してみます。



まず、演説の全文を紹介します。


勇気とは何か?それは、困難に打ち克とうとする信念のことである。
勇気とは何か?それは、恐怖の実体を見極める目を持つことである。
勇気とは何か?それは、未知を克服して未来に踏み出す人の生命力のことである。

我々は、あの日を忘れてはならない。
スペースコロニー"エンジェル"が落とされた、あの天使の落日を。
苦難の日々はあの時より始まった。
我々は迫る脅威に対抗する術を持たず、地球圏は敵の思うがままに踏みにじられていった。

だが我々は、勇気を忘れることはなかった。
誇りを持って戦い、幾度となく理不尽な侵略を退けた。
勇気あってこそ、ヴェイガンに勝利することが出来たのだ。
地球圏の諸君!心を強くし、苦難を乗り越え、ともに戦おう!
母なるこの地球を守るため、我々は今一度、勇気を示し、一丸となって戦わねばならないのだ。



聞いているときから妙に引っかかっていたのですが、こうして文章にしてみるとはっきりします。
AGEのテーマ「人間が知恵と勇気で進化し、困難を克服していく」を、演説の長さに仕上げてあるのです。
これはより深い意味を持ちますが、まずこれを言った人間が誰なのかを振り返ります。



orufenoa.jpg


フロイ・オルフェノアです。地球連邦の首相です。
火星移住計画の失敗をもたらしたのオルフェノア一族の一員でもあります。

首相として、彼はどう事態を収拾したのか?
隠蔽工作を図り、ヴェイガンにも浸透するままに任せました。
その結果、A.G.141にはついに地球にまでヴェイガンの手が及んでしまいます。
フリットは彼を「地球を売った」と評していますが、売ったどころかそもそもコイツが元凶といっても差し支えありません。
なお、彼は19話のアセムの入隊式にも登場し、しれーーーっと歓迎スピーチをしています。

ほとんど登場しなかったこのフロイ・オルフェノアという人物ですが、私には彼のキャラクターが強烈に焼きつきました。
彼がこういう属性の人間であることと、彼の演説内容の対照が強力なパンチになっているのです。

もう一度演説文を振り返ってみて下さい。
いま記事を読んでいるくらいにAGEが好きなあなたなら、もうお分かりなのではないでしょうか?
オルフェノア首相の演説内容からは、明確に浮かんでくるイメージがあります。


そうです。

演説の文面は、ここまでの27話を使って描かれてきたアスノ一派(グルーデック一派)にこそ相応しい内容なのです。
「信念を持った」のも「恐怖の実体を見極めた」のも「未知を克服して未来に踏み出した」のも「対抗する術を生み出した」のも、「勇気を忘れなかった」のも、実際に行っていたのはフリットたちです。
AGEを好きでご覧になってきた方なら、この演説の文章の隅々まで、浮かんでくる光景があるはずです。


こういう内容を、よりにもよってフロイ・オルフェノアに言わせる。フリットはさぞかし片腹痛かったことでしょう。

一番言ってはならない人間が、フリットたちの戦いを自分の手柄のように総括する。
この皮肉な構図により、視聴している私たちも連邦の腐敗を直感的に感じ取ることができ、それに対するフリットの怒りに共感がしやすくなります。
いろいろすっ飛ばしたり描写が足りないことのあるAGEですが、こういう工夫で埋めてくることは面白く感じました。

たかがアニメの演説文?いやいや、この文面は符合しすぎでしょ。
逆に言うと、今回オルフェノアに総括させるために今までの27回があったといっても過言ではありません。

そういう連邦だから、粛清してリセットをかける。
第28話は、フリットが連邦の膿を一掃する話です。
彼の粛清劇で、ようやくヴェイガンと連邦が対等のスタートラインに立ちます。
背負わされたハンデが消え、連邦軍が本来の機能をし始めるのです。
その意味で、ガンダムAGEはキオ編からが本編!というのは確かに正しいのです。

曝け出された欺瞞と、それに対する"望まれた"力の行使。
これが、ガンダムAGEの「本編」、後半戦のキオ編のために切って落とされた幕です。

改めて、「本来あるべき背景」と一緒に、オルフェノア演説を流してみます。
技術あったら動画にするんだけどなぁ・・・このために勉強しようか(爆)



勇気とは何か?
それは、困難に打ち克とうとする信念のことである。

勇者たち32


勇気とは何か?
それは、恐怖の実体を見極める目を持つことである。

01フリット出撃-002


勇気とは何か?
それは、未知を克服して未来に踏み出す人の生命力のことである。

11反逆者たち-001 tumblr_m1tu1rCVTX1qc118yo1_500.jpg
勇者たち3 01出撃を見送る嫁-001



我々は、あの日を忘れてはならない。
スペースコロニー"エンジェル"が落とされた、あの天使の落日を。

勇者たち33 アバンエンジェル崩壊-001



苦難の日々はあの時より始まった。
我々は迫る脅威に対抗する術を持たず、地球圏は敵の思うがままに踏みにじられていった。

01母との決別-001 03ノーラ崩壊-001 
勇者たち28 侵攻者 


だが我々は勇気を忘れることはなかった。

10ヤクザB死亡-00103ブル死-001 10ヤクザA死亡-00110ボヤージ死-001



誇りを持って戦い、幾度となく理不尽な侵略を退けた。

勝利1_convert_20120511230155 勝利2_convert_20120511230212


勇気あってこそ、ヴェイガンに勝利することが出来たのだ。

06戦艦売買-001 01苦学フリット-001
age13-23.jpg 勇者たち11
勇者たち24 勇者たち23


地球圏の諸君!心を強くし、苦難を乗り越え、ともに戦おう!

勇者たち39勇者たち5
勇者たち41勇者たち7


母なるこの地球を守るため、我々は今一度、勇気を示し、一丸となって戦わねばならないのだ。


AGEOP_convert_20120512000043.jpg



AGEOP2_convert_20120511234023.jpg







【皆様へお願い】
最後までお読み下さってありがとうございました。
この記事を読まれて少しでも共感するところがあったら、お手数ですがイイネやランキングへの投票などのフィードバックをお願いします。
皆様のご支援が、次回以降にご提供できる記事の質の向上に直結します。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tag: オルフェノア  A.G.142  勇気の日 
tb: 1   cm: 2

コメント

やつの演説を聞いたときは
「お前がそれを言うか?」
と思ってしまいましたが、やはりそう思っている人はいたようで

現実でも、具体的に誰にとは言わないが(まぁ、どの時代どの国にも必ずいる)
「お前がそれを言うか?」
と思うことがあったりもするけれど

これは風刺なのだろうか、それとも偶然そういうシナリオになったのだろうか

この辺は考えてみても仕方がないか

旭山のカピパラ #gq4xqIwg | URL
2012/05/12 00:08 | edit

>>旭山のカピパラさま
AGEの場合、話に現実世界の政治色を絡ませることは(ここまでは)一切廃して来ているように感じます。お色気がないこととあわせ、子供向けに相当配慮してあるという印象。子供があれで喜ぶかはともかく。


さわK #- | URL
2012/05/12 11:28 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/125-94d11e77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ガンダムAGE感想 番外6:A.G.142 

ガンダムAGE感想の第28話が欠番のままになっています。ターニングポイントになる重要な話なのに、記事が7割書いたところで消えるというふざけた事態になったためです。でも、もうひと...

まとめwoネタ速neo | 2012/05/12 03:34

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop