Blinking Shadow ホーム » スポンサー広告 » まどかマギカ »まどかマギカ感想 3:もう何も恐くない

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

まどかマギカ感想 3:もう何も恐くない  

関東では今再放送をやっているようですね。
まどマギ記事を書くとアクセス数が稼げるのでつぶやきが「マミった」「マミった」と賑やかだったので、思わず見てしまいました。

ここしばらく「まどかが主人公たるゆえん」がずっと引っかかっていました。
関係して本日10話を見たのですが、今日の3話と見比べると意外なつながりが見えてきます。


マミさん死んじゃったよぅ・・・・・・
違う!!!!
全てのマミファンに告ぐ!!!!!
「マミの魂はほむらの中で生きているんだ!!!!!」
と、最初に叫んでおきます。

なんでなの?というのが、今回のメインテーマです。
まどマギ第3話感想、アタマが新鮮なうちに一気にいきます。


最終話まで踏まえたネタバレ前提です。ご注意下さい。




今回の3話は「魔法少女まどか☆マギカ」のスタートラインになっている話です。
(ただし、1話後半と2話をまだ見返していないので若干説が変わる可能性があります)

物語の時間軸で一番最初(※)に登場した魔法少女まどか」の原型がここで出揃っているからです。
※10話で最初の、ほむらがまだメガネでおどおどしていた時点。

魔法少女まどかの原型=志+イメージ としておきます。

志とは、魔法少女としての意識とか仕事姿勢です。
まどかの場合、「生き方としての魔法少女」という概念になります。今回まどかが父親と話して得たものです。
これは従来の「目的をかなえる手段としての魔法少女」という概念と対になっています。
イメージは、まどかがどういう外面で振舞うか、つまりまどかの抱く具体的なヒーロー像としての魔法少女です。これは「みんなを護って戦うかっこいいマミさん」であることが今回明示されています。

これが、ほむらの妨害が入らなかった「本来の」魔法少女まどかの構成要素だと思われます。
10話でメガネっ子のほむらを助けに来て「クラスのみんなには内緒だよっ!」と言ったまどかが、これにあたります。

つまり、
まどかはマミにあこがれ、マミみたいになりたいと思って魔法少女になった。
でも、中の志はマミとはかなり違うものだった。

といったところです。

まどかとマミの違いは、今回の3話と10話を比較すると明確になります。
3話と10話で、二人ともよく似たシチュエーションに接しているからです。

ここで、メガネをかけたおどおどほむらに登場してもらいます。

彼女は10話で
むりだよ・・・わたしなんにもできない。
ひとにめいわくばっかりかけて、はじかれて。
どうしてなの?
わたし、これからもずっとこのままなの?

と言っています。

一方、まどかは今回
私って、昔から得意な学科とか、人に自慢できる才能とか何もなくて
きっとこの先ずっと、誰の役にも立てないまま、迷惑ばかりかけていくのかなって
ソレがいやでしょうがなかったんです

と言っています。

このように、魔法少女になる前のまどかとほむらは良く似ています。
このそれぞれを見たとき、マミとまどかはどう反応したのか?
ここがマミとまどかの違いであり、物語の分岐にもつながります。

※ただし、「はじかれた」かどうか?という部分はまどかとほむらの決定的な違いになっています。孤独でなかったことがまどかの強さの根源です。



まどかにマミがどうアドバイスしたのかは、2話を見返さないと明確な答えが出せません。
今は時間がないので、いったん保留にして2話を見るときの宿題とします。

一方、まどかは「ほむらちゃんかっこよくなっちゃえばいいんだよ!」と言い切っています。
「も」と言っているのがポイントです。まどか自身が進行形で変わっていることを自覚しているからです。


アドバイスとは別に、もうひとつのポイントがあります。
魔法少女が手段なのか生き方なのか、という志の違いです。
これも、3話のマミと10話のまどかが対になっています。

具体的には、「ひとりぼっち」に対する両者の行動が対照的なのです。

今回の3話で、マミはまどかの決意を聞いて「もうひとりぼっちじゃないんだ」と思わず泣き出してしまう。
しおらしくて人間的魅力にあふれるのですが、ここがマミの限界です。

mami_convert_20120420121746.jpg


まどかはどうだったのか?
10話の対ワルプルギス戦で描写がなされます。
マミが死に、自分が残された最後の魔法少女になる。
まだ残っている「大事な友達」のほむらが「一緒に逃げよう」という。
この、まさに逃げてもいい局面で

「だからだよ。」と言って戦う道を選びます。魔法少女まどかの真骨頂です。


10まどか笑顔差替-001



無理してカッコつけてるマミと、本当にここぞのシーンでカッコつけて見せたまどかの、決定的な差です。
マミに憧れた後輩まどかは、マミの「カッコつけた」部分を昇華させ、本当の意味で「ヒーローとしての魔法少女」を体現していたのです。

ならば、なぜまどかはマミを超えられたのか?
今回で答えが示されています。まどかが「生き方自体が答えでもいい」という家庭の中で育った人間だからです。

さて、ほむらは、「本当の魔法少女」まどかの戦いを見届けた人間です。
まどかがそういう、献身的に戦ってしまう人間だということを感覚でわかっているはずです。
生き返らせても、まどかがまた特攻するのは明白でしょう。ここで死ななかったとしても、いつか誰かを助けるために必ずまどかは斃れます。
だから、ほむらはまどかを生き返らせず、出会いをやり直してまどかの代わりに戦うことを選びます。

つまり、ほむらは単に友達としての鹿目まどかではなく、魔法少女まどかの生き様を知って強く影響を受けた人間だと言えます。
その結果、ほむらは「まどかの代わりに魔法少女として戦う」という道を選びます。

ほむらに強く影響を与えたまどかの構成要素=マミ+家庭、なので、ほむらはマミの孫弟子にあたる、ともいえます。

だから「マミの魂はほむらの中で生きている!」のです。まどかを通じて。
※実際はニセモノのヒーローのマミからホンモノのヒーローのまどかが生まれ、そのまどかに影響を受けたほむらが頑張る、という構図です。


3話はマミったで有名で、「まど☆マギ」という物語の方向性が決定付けられた回だとよく言われています。
上記のように、もう一つの意味でも今回がまどマギのスタートラインだったのだなと、私は感じます。


マミったといえば、今回ほむらが「あの魔女はあなたでは勝てない」旨の発言をしています。
彼女の対シャルロットの倒し方を見ると、

・ほむらはマミの能力とシャルロッテの相性が悪いことを知っている
・ほむらはシャルロッテとの戦い方を知っている

ことになります。
このことから、ほむらは2週目(か恐らくは3週目)で「マミと一緒に」シャルロッテと戦ったことがあるものと思われます。


それにしても・・・さやかはあんまりですね。今回だって上条守るために病院で水際戦闘してるのに・・・
今回の冒頭を見ていると、「頑張りすぎる猟犬はウサギがいなくなると惨めなのだなぁ」と痛感します。




10話の流れをおさらいしたくなった方はこちら


お読み下さってありがとうございました。次回の感想は、おそらく5月の第3週ごろになります。


【皆様へお願い】
最後までお読み下さってありがとうございました。
この記事を読まれて少しでも共感するところがあったら、お手数ですがイイネやランキングへの投票などのフィードバックをお願いします。
皆様のご支援が、次回以降にご提供できる記事の質の向上に直結します。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: まどかマギカ

thread: 魔法少女まどか★マギカ

janre: アニメ・コミック

tag: マミった  魔法少女まどか  まどかの生き様  まどマギ第3話 
tb: 0   cm: 2

コメント

再度のトラックバックとコメント、アリガトウございました!
記事を読んでいて、結構、グっと来ましたよ! 考察が深いですね。
と、流れをおさらいしたくなった方はこちら。のリンクへ飛んだら..!!!
なんだか、とても恥ずかしかったです.... でも、アリガトウございます!
次回記事、楽しみにしていますよ!

ぽち #- | URL
2012/04/23 21:58 | edit

再度の承認ありがとうございました。
御礼遅くなり申し訳ありません。
いいな!と思ったときにすぐ関連するリンクに飛べるのはネット社会の大きなメリットだと思います。また、私のようにテキストだと日本語が読める環境限定ですが、画像が時系列で表示されていれば「見たことがある人なら」感動をいつでも新鮮に思い出すことができます。
大量の画像管理にいつも四苦八苦するだけに、豊富な画像とセリフを残して下さったぽち様のサイトの存在はとてもありがたいです。

今後も感動を掘り出していきたいと思います。よろしくお願いいたします。


さわK #- | URL
2012/05/01 01:29 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/113-ae3c76d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。