Blinking Shadow ホーム » 未来日記 »未来日記 26:初期化 【アニメ未来日記感想】

未来日記 26:初期化 【アニメ未来日記感想】  

温かいコメントや多くの拍手ありがとうございました。
すぐに返信できなかったことをまずお詫びします。

最終回見てきました。
仕事が多忙になりそうなこともあり、また未来日記熱も少し冷めています。
なんでなのかなーというところを踏まえながら書いてみます。

私の視点は原作寄りなので、アニメ全押しの方は不快な思いをされるかもしれません。
ご了承下さい。






未来日記のアニメ版、ラストに近づくほど私のテンションが下がりました。
25話の感想も書けませんでした。
このブログはほめることがメインで、けなし倒すのは趣旨ではありません。

なんで面白いと感じなかったのか?考えると、理由が二つあります。

1:私の未来日記への感動は原作に対するもので、原作をどう膨らませてくるかがアニメへの興味の中心だったこと。
2:原作とアニメ版とで、強調したいものが異なっていること。


2が主因です。

まず、前提の確認。
主人公が巻き込まれた異世界で不気味な珍現象が襲来し、その世界の案内人も敵か味方かわからない。
ホラーハウスとかジェットコースターみたいな刺激が『未来日記』のウリです。
ここまでが前提。

では、原作とアニメ版の違いは何か?これは由乃の描き方です。
案内人・お助けキャラといった色々な要素を内包した、世界の秘密と裏腹の関係にある存在が由乃です。
ミステリアスでおどろおどろしいヒロインであると同時に、状況を解決してくれるスーパーキャラでもある。
ここまでは、アニメも原作も共通しています。

もう一点、原作が一貫して強調している点があります。
原作の由乃は、心に抱えた軋みが描かれ続けていること。
些細な表情や独白で、由乃の内面の弱さが折々に挿入されています。
雪輝を救ったり困らせたりするのと同時に、由乃が救われるべき存在であることが、チラチラと示され続けます。

この由乃の「弱さ」の描写は、ほんの些細な違いです。
でも、この些細な違いがアニメ版と原作の決定的な差になっています。

具体的には、以下の2つの表情の差です。(雪輝と結ばれたあとに切りかかるときの表情)

yunozannnen_convert_20120326011818.jpg SCAN0004_convert_20120319052921.jpg


何かな?ともう少し考えると、構造が見えてきます。凄く長い問題なので一言で片付けます。
原作は由乃の救済の話です。もう少し言うと家族の救済の話です。一方、アニメは変態ショーの側面が強い話です。

ただし、話の大筋は同じです。だからOPの最後で由乃の手を雪輝がしっかり握り返しています。


アニメと原作の違いはラスト3話、所有者が雪輝と由乃だけになり、二人が結ばれたところから顕著になります。
原作はここで、謎解きから由乃の救済に物語がシフトします。
物語のトーンも殆ど別モノになってしまっていますが、勢いで押し切っています。
ただ、そうできるだけの伏線を一番最初から張っています。
具体的には監禁シーンのあとで由乃の独白があったり、雪輝をユッキーと呼ぶ由乃を髪型で描き分けたり、要所での由乃の表情や、それに対する雪輝のリアクションで締めたりしています。

アニメはこうした部分を(恐らくは意図的に)削っています。
結果、由乃の独白は最終話まで出てくることがなく、最後の最後まで息もつかせぬホラー要素で押し切ってきています(25話は異常者としての由乃のトーンが落ちるので、ムルムルがカバーしています)。
つまり、原作とアニメの差は、由乃の弱さの描写をどこで解放するかというタイミングの差でもあります。

この違いは、作り手の姿勢の差にあります。
えすのサカエの作品に一貫して共通するものは、過去における家族の欠損です。『花子と寓話のテラー』しかり、『ビッグオーダー』しかり、『未来日記』の登場人物しかり。みんながみんな過去に家族の欠損を抱えていて、それを取り戻すために世界のルールを捻じ曲げようとしています。その意味では由乃は純粋なヒロインではなく、雪輝には母の愛とも取れる愛情を向けているし、救済される側でもあるし、同時に雪輝の欠損を救済するヒーローでもある。
我妻由乃は恐らくは、えすのサカエ個人の過去の何かの救済を仮託された存在でもあります。

一方のアニメ版にはそういうしがらみがないので、テイストが異なっています。
作者の歪みが排除された「本来の」未来日記がこういう姿なのかもしれません。

私は歪んだ世界で足掻く人間としての由乃が好きで、由乃の

くるってるのは

という生々しい叫びに共感してしまう人間です。
このシーンには作者の強い思いがこもっているとも思っています。

なので、アニメ版のラスト3話には「うーん・・・」な立場です。
弱さと脆さをしっかり描かないと、由乃がただ異常なだけの人になってしまいます。


もうひとつは、せっかくラスト3話の尺を取ったのに
何で俺の大好きな由乃両親を描かないんだよ!!!!
という問題です。

これは私にとってだけの大問題なので、別にどうでもいい問題・・・・


ではないです。
由乃の歪みは家族の欠損からきています。
だから、「こうあってほしかった家族」をしっかり描かないとバランスがおかしくなります。

このため、今回の原作との相違点
・3週目由乃が2週目由乃に言う「あなたにも好きな人がいるのね」という断定が、
 アニメでは「あなたにも好きな人がいるの・・?」という疑問形になっていること。
・3週目の我妻西果が飛び込んできて「殺すなら私を殺して頂戴!」と由乃をかばうシーンがなくなっていること。

が、決定的な違いだと、私は捉えています。

前者は、3周目由乃が自分に好きな人がいることを確信しているかどうかの差です。
確信しているからこそ、原作では2週目由乃の感情が自分と同じものだと理解できる。
それと呼応するように母も父も3週目の由乃をかばう。

なんで省いちゃったのかなー、とは思うのですが、由乃の描き方の方向性自体が違う以上仕方ないかなとも思います。
私は原作の方が(歪んでいるとしても)由乃に深みがあると思うので、原作支持派です。
ただ、アニメは原作の魅力を相当程度膨らましていたと思います。最後の最後で5%くらいずれちゃったな程度。


膨らませていた、といえば、11thと8thのラストをああするなら、11thが8thにコートをかけたシーンも入れても良かったな、と思います。
もうひとつ、今回の椿(6th)の「御目方教は弱きを救う教団!」のシーンがなぁ・・・
2巻の椿の一喝(3話)はアニメ版の方が頑張っていたので、ここもきっちりド迫力にしてくれても良かったなと思います。


なお、両親が雪輝にとって都合のいい合唱をしているのは原作も同じです。
これもちょっと違和感があったのですが、雪輝の夢の中の両親である以上、雪輝が欲しい「背中を押す言葉」を唱和してくれるのはある意味当然かなと。



・・・・っと。
肝心の本編自体の感想を忘れていました。

その1。由乃の父親について。
原作ではムルムルが乱暴に投げ落としていますが、アニメ版ではそっと下ろしています。
父親が早期に復帰して由乃をかばうための伏線として機能しています。

その2。11th(市長)が提案する未来日記ゲームの中止について。
市長がちゃんと納得できる中止の理由を説明しています。これはうまい補完です。

その3。西果といい礼亜といい、この話の嫁さんは遠目で夫が見つけるのが上手です。
穿って見る必要もないですが、強いて言うと、よく描写されている場合のえすのワールドの母親は目が利くのです。

その4。「聞いて。我妻由乃。」で始まる、2週目由乃の3周目由乃への語りかけ。
見落としてました。非常に重要な改変です。
原作だと「聞きなさい。我妻由乃」です。
このシーン、昨夜アニメで見て、由乃はずっと胸にしまっていた思いを誰かに聞いて欲しかったんだな、と感じました。
原作を読んだときには感じませんでした。
微妙な違いを生み出したのがこの台詞改変です。

どちらも「いわずにはいられなかった気持ち」を表現していますが、
「聞いて」だと聞いて欲しかった気持ちとして聞こえます。
「聞きなさい」だと吐き出さずにいられなかった気持ちとして聞こえます。
微妙ですがとても重要なニュアンスの違いです。

これも恐らく、最終話にまとめて由乃の内面描写をぶち込んだテコ入れだと思われます。


その5。やっぱ由乃はガンダムだよ!このヒトがパイロットなんだよ!!!

Murugan_convert_20120416124829.jpg


その6。原作で一番シビレた見開きシーン。

SCAN0009_convert_20120416124901.jpg 


どうやって再現してくるかなと思ったら、やっぱり気合入ってました。


murumuru_convert_20120416125000.jpg


これは溜飲下がります。これでムルムルのキャラも立つ。



さいごに。
私は、最終話のエンドカードには家族に囲まれて笑っている由乃の絵が相応しいと思っていました。
それが原作のテーマだと思ったからです。

これは、『未来日記』の主人公が何で雪輝ではなく由乃なのか?という問題に密接に関わります。
※えすのサカエが未来日記フラグメンツで「由乃は未来日記の主人公ともいえる」という旨の発言をしています。

由乃にとってのみ、未来日記という単語が「未来を予知してくれる日記」の他にもう一つ意味を持つからです。

アニメ18話「混線」(原作だと8巻のDiary34)で、由乃が「天野君は私の未来」という旨の発言をしています。
家族を殺してしまった由乃にとっての唯一の未来が、雪輝という新たな家族と一緒に作る未来。
雪輝≒未来だから、「愛の雪輝日記」は由乃にとって「未来日記」そのものになります。
ただし、ほっておいても勝手にやってくる受動的な「未来」ではなく、由乃自身が能動的に動いて作る「未来」です。
その意味で、最終話で3週目由乃が持っていた「家族日記」が「愛の雪輝日記」と対になります。
3週目は家族が由乃を満たしてくれるから、家族日記は家族との行動を記録するだけの日記です。

言い換えると、原作は我妻由乃が戦って家族を勝ち取るまでの話、ということになります。
「未来を作る日記」と言う意味で能動的に動いているのは由乃だけなので、由乃が主人公です。
その由乃の弱さを、雪輝が強くなっていって補う、という関係。


変に萌えとかホラーに走った分、アニメはそのテーマが薄れたという印象です。
ただし、私も2月中旬にはまってアニメを18話分一気に見る→原作を一気読みという入り方をしているので、アニメラスト5話には過度に期待していた部分があったように思います。

なので・・・
アニメがいいなと思った方でここを読まれた原作未読の方は、ぜひ原作も読んでみて下さい。
より深い由乃の魅力に巡り合えると思います。




ということで、長々とお付き合いありがとうございました。
家族の欠損を抱えた我妻由乃は身近に感じる存在でした。
また、由乃の戦に望む姿勢は私の戦争観のお手本ともいうべきものでした。
親として教育する場合、あるいは子飼いの親衛隊を育てる場合、どこが成功してどこが失敗だったのか、という考察対象として由乃は非常に優れた存在だと思っています。
※由乃のモデルに当たる(=平沼カナエのモデルでもある)存在がえすのサカエの近くにいた(いる)と、私は思っています。


今後も細々と、思いついたときに書いていくかもしれません。そのときにはよろしくお願いいたします。




【皆様へお願い】
最後までお読み下さってありがとうございました。
この記事を読まれて少しでも共感するところがあったら、お手数ですがイイネやランキングへの投票などのフィードバックをお願いします。
皆様のご支援が、次回以降にご提供できる記事の質の向上に直結します。


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

category: 未来日記

thread: 未来日記

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://chiqfudoki.blog.fc2.com/tb.php/107-9f891f10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop