Blinking Shadow ホーム »2012年07月
2012年07月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ガンダムAGE感想 42:ジラード・スプリガン  

アセム編を一気に見返してきてみると、また見えてくるものがありました。
ヴェイガンもアスノも共に未来を目指していますが、ゼハートやイゼルカントは同胞の未来のために捨て石になる気満々です。
では、「同胞」はどこまでを含むのか?そこにXラウンダーはどう絡むのか?

また、(地球) 対 (地球)という対立の構図に、過去(からの歴史) 対 未来(への進化)という構図も踏まえて見てみると、AGEは面白みが増します。

もうひとつ、背負った意味や背景を理解した上で見返すと、AGEの各キャラの人間としての顔、結構きっちり描かれています。


ということで、42話。
今回の主役は、地球人でありながら自由意志でヴェイガンへの道を選んだ"裏切り者"ジラード・スプリガンです。
新OPで描かれていた黄緑の機体のパイロットでもあります。

OPの敵の殿堂(笑)にいるMSはみんな意味を背負っています。乗り手のジラードの負う意味も、きっと描かれるはず。
このため、今回はあらすじバレが来た段階から期待していました。
非常に長いので2回に分けます。



Togetterでの感想
今回のセリフ(速い!) → MAZ@Blog
今回の画像・まとめなど → オタコム
42話感想その2
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 2

今だから見返すアセム編  

色々たまってますが、とりあえず今だとバンダイチャンネルでアセム編をただで見られます(月曜日の正午まで)


今見返して気がついたことをTogetterに投下してみました。
今半分くらいです。また気がついたら随時更新していきます。
全部見ると死にます冗長だし)。
でも、火星編踏まえた今見返すと意味が変わるので、より楽しみたい方はどうぞ。

コメント、まだ返してなくてごめんなさい。

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

ガンダムAGE感想 41:華麗なフラム  

まどかマギカの記事が注目されたらしく、アクセス数がえらいことになりました。
漠然と「どこにでも出せるものを作る!」と自負していましたが、いざ大勢の方の目に晒されてみると、じゃあ自分は作品を真摯に好きといえるのか、色々改善すべき点が見えてきます。

同時に、このブログを支えてくださった方、引き立てて下さった方とのつながりが、自分にプラスアルファの力を授けてくれてるとも感じます。いや私寂しがりやの弱虫なので。
でも、「自分が弱いから」とも言っていられないなと思い始めました。
心を奮い立たせる勇気をくれたり、人をつなぐ感動をくれるのが名作なのだと思います。

ガンダムAGEは今日(月曜日)まで、バンダイチャンネルで無料で視聴できます。
新OPEDにも色々な意味があったり、今が旬なように思います。
見返して意味が違う話も多いと改めて感じました。今日の感想で少し紹介してみます。

ということで41話。
ルナベース攻防戦・第二ラウンド。舞台は月面上に移ります。
降り立ったキオたちに、ゼハートとフラムが襲い掛かります。

なお、本日の感想のTogetter版はこちらになります。Togetterの方が早いですが、精度が落ちます。
-- 続きを読む --

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 8

ガンダムAGE感想 40:キオの決意 ガンダムと共に  

今回から最終クール「3世代編」が始まり、OPEDが変わりました。
キオがヴェイガンに拉致されてから4ヶ月後、アルグレアス以下の連邦軍は月のルナベース攻めに取り掛かっていました。
キオは決意を秘め、彼自身のための「いのちをまもる」戦いを始めます。ただ一人、新たなガンダム、AGE-FXと共に。

長いです。
【】の形でテーマをいくつか区切ったので、そこで止めると良いかも。
記事分けようか迷いました。今回はコレで行きます。


感想、コメントありがとうございました。
思うところが逆に多すぎて、返信がまだ言葉になっておりません。
でも、とてもありがたく受け取っています。


-- 続きを読む --

category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 5

ガンダムAGE感想 40 暫定版  

七夕終わったと思ったらもう7月も半ば。気がつくと夏休みも終わってそうでびっくりです。
Togetterやっていたらあっという間でした。あちらばかりで欲張りすぎてコメントも返さず申し訳ありません。

ここで投下しようと思っていたネタをネタのまま投下したところ、アクセス数があれよあれよという間に伸びました。
AGE肯定派としてのプレゼンスがそれなりに固まったように思います。

この成果は、ひとえにここの皆様に支えていただいたおかげです。
まず、この場で御礼申し上げます。今までありがとうございました。今後も頑張ります。


さて、Togetterでは以下の記事を書いています。
いずれ完全版をこちらで書くつもりですが、今回の記事の無意識の前提になっているので、良かったらご参照ください。

今だから見返すガンダムAGE第1話
50年目に見たユリン・ルシェル

振り返ると、1話が火星編の対比になっていることと、ユリン喪失の意味が見えてきます。
今回から始まった第4クールの深みが増すので、AGEをもっと楽しみたいと思う方にはお勧めです。


今回から最終クール「3世代編」が始まり、OPEDが変わりました。
キオがヴェイガンに拉致されてから4ヶ月後、アルグレアス以下の連邦軍は月のルナベース攻めに取り掛かっていました。
キオは決意を秘め、彼自身のための「いのちをまもる」戦いを始めます。ただ一人、新たなガンダム、AGE-FXと共に。


内容が多く、長くなりそうです。このため、
試験的に、今回の記事の元にするツイートをTogetterにUPしてみました。

※リンクで飛べます。

本編を見てから今まで、こんなことを考えてきています。
加筆したい要素、書いていない要素があるので、読みやすい形にまとめ、このブログの記事にしていこうと思います。
更新は今夜24時ごろの予定です。【追記】の部分に書いていきます。かなり長くなりそうなのでご注意。
あまり長くなりそうな場合、分けて出すかもです。

40話感想投下しました。長いので別記事にしました。



今後、放映中(直後)の感想はTwitter、放映日の深夜にTogetter、翌日くらいに整理してこのブログ、という形で試験的に情報発信してみます。
鮮度ならTwitter、精度とか後で見返したり検索するときのためにブログ、という感じです。
ご意見ご要望等はTwitterで@chiqfudokiにいただくのが一番早く対応できます。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。



category: ガンダムAGE

thread: 機動戦士ガンダムAGE

janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

アクセスカウンター

オススメ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。